無料POSレジ選定 複数比較でお店に最適なレジが見つかります! 詳しくはこちら

コンビニから人がいなくなるかも・・・全コンビニ無人レジ化!?

朝昼晩いつでも開いているコンビニは、日用品から食事など様々なサービスに対応しており、いまや私達の生活の一部になっています。もしかすると、この便利なコンビニから人がいなくなる日が来るかもしれません。それは一体、どういうことでしょうか。

キーワードは「全コンビニ無人レジ化」

2017年4月18日、経済産業省は大手コンビニ5社が「RFID」という電子タグを利用したセルフレジシステムを全店舗に導入すると発表しました。背景として、近年の小売業における人手不足の解消や流通販売の効率化を目指すことにあります。機械で可能なところは機械で行い、人手が必要な業務を従業員に任せていくことになるでしょう。

「コンビニ電子タグ1000億枚宣言」

①2025年までに、セブン-イレブン、ファミリーマート、ローソン、ミニストップ、ニューデイズは、全ての取 扱商品(推計1,000億個/年)に電子タグを貼付け、商品の個品管理を実現する。

②その際、電子タグを用いて取得した情報の一部をサプライチェーンに提供することを検討する。

③2018年を目処に、セブン-イレブン、ファミリーマート、ローソン、ミニストップ、ニューデイズは、特定 の地域で、取扱商品に電子タグを貼付け、商品の個品管理を実現するための実験を開始する。

これまでのセルフレジとの違い

最近では、スーパーなどでもセルフレジを置いているところが増えています。夕方の混雑する時間帯などは、セルフレジがあるとパパッと自分で会計出来るので便利ですよね。今回発表された無人レジは、現状のセルフレジと比べてどう違うのでしょうか。

従来のセルフレジは、カゴの中の商品を利用者が1つ1つ手にとって、バーコードにかざすことで読み取りをしていました。全ての商品に電子タグを取り付ける今回のシステムでは、カゴの中に入れたまま機械に載せるだけで商品の読み取りが可能になります。商品がいくつあっても同時に読み取ってくれるので、わざわざカゴから取り出さずにお会計ができます。

電子タグが付くことで、どんなメリットがあるのだろうか

「コンビニ電子タグ1000億枚宣言」参考資料

①お会計までのスピードが大幅にアップ!

レジ機械にカゴを置いたらすぐ支払いが出来るの、でレジにかかる時間が圧倒的に短くなります。たくさん買い物をしてもカゴを置くだけなので、あっとゆうまですね。また、2025年にもなると、今よりもキャッシュレス化が進んでいるかと思うので、カゴを置いて電子マネーでサッと支払って店を出るということも増えそうです。

②人員削減が可能

そもそもこの宣言を行った背景が「人手不足と労務コストの上昇」によるところなので、電子タグ化されることで人員の削減は可能になります。お客さんがセルフレジで自らレジ業務を行ってくれれば、これまでレジ業務にあてていた人数が削減できます。

③棚卸、検品作業が効率化し、商品の後追いが可能に

コンビニのように沢山の商品を扱う小売店では、棚卸や検品作業に多くの時間と人数が必要にも関わらず、人員が足りていないのが現状です。電子タグになれば、商品を1つ1つ取り出して検品作業等を行う必要がなく、商品の入っているケースの外から読み取り用のリーダーをかざすだけで良いので、少ない人数でも効率良く作業が可能になります。また、電子タグには多くの情報を組み込むことが出来るため、配送情報の追跡や賞味期限情報などの登録により食品ロスの抑止も可能です。

④防犯対策も可能に

電子タグを全商品に取り付けることで、万引きなどの盗難防止が可能になります。CDショップにあるようなセキュリティゲートを設置して、電子タグを感知します。

RFIDタグってどのぐらい費用がかかるの?

宣言に合意した5社が出した留保条件にもあるように、現時点では電子タグ化に向けての費用面や取り付け運用面が課題となっています。

2025年の電子タグを用いた商品の個品管理実現に対する留保条件

①特殊な条件(レンジ温め、金属容器、冷凍・チルド、極細等)がない商品に貼付する「普及型 」の電子タグの単価(ICチップ+アンテナ+シール化等のタグの加工に関する費用)が1円以 下になっていること。

②ソースタギング(メーカーが商品に電子タグを付けること)が実現し、商品のほぼ全てをRFIDで 管理できる環境が整備されていること。

現状、電子タグ1枚の値段は約10円です。そもそも、コンビニで売られている商品の単価が10円ほどの物もあるなどして、今の値段であれば大幅なコストとなってしまいます。そのため、1000億個に電子タグをつけるためには、条件として電子タグの値段が1枚当たり1円以下になることとされています。もし1円になったとしても、1000億個に取り付けるとなれば年間1000億円の費用が発生します。さらに、実際に店舗に取り付けるレジや周辺機器なども必要になるため、一時的とはいえさらに数百億円規模で発生しそうです。

実現のためには、電子タグの価格を下げること、効率的に電子タグを取り付ける方法を整備するための技術開発が必要となってきます。

電子タグ化はどんどん進んでいます

昨年12月にアメリカ Amazonが「Amazon Go」という無人店舗の試験運用を始めたというニュースがあったように、世界でも無人レジ化を進める動きが相次いでいます。日本でも、ローソンがパナソニックと共同で「レジロボ」というセルフレジを一部店舗に設置して試運用を行っています。しかしながら、今回の1000億個もの商品に電子タグを取り付けてのセルフレジという試みは、世界でも例がないといいます。

関連記事:レジ待ちストレスを解消する“セルフレジ”はどこまで進化するのか?

まとめ

今回の発表を受けて、世の中では電子タグ化を心配する声も少なくありません。現状、人で対応しているサービスは今後どうなっていくのか、機械に慣れていない人がきちんと使えるのかなど不安は大きいでしょう。また、高齢者などは、コンビニでの店員さんとの会話が人との繋がりの場となっている人も多いです。

RFIDを導入することで、コミュニケーションやサービスの質の向上に注力できるようになると考えている企業も多いようです。これからは機械に任せられる部分と、人でないと出来ない部分を上手く共存させていくことで、よりきめ細やかなサービスが受けられるようになるのではないでしょうか。

<参考>経済産業省:「コンビニ電子タグ1000億枚宣言」を策定しました~サプライチェーンに内在する社会課題の解決に向けて~

<出典>経済産業省:コンビニ電子タグ1000億枚宣言

 

お店に本当に合ったPOSレジ選びをお手伝い
店舗に本当に合った
POSレジ選びをお手伝い
後悔しないPOSレジ選びを。比較・見直ししてみませんか?
軽減税率対策POSレジのご相談も承ります。
弊社がレジメーカーではない代わりに、無理な提案は一切ございません。
後悔しないPOSレジ選びを。比較・見直ししてみませんか?軽減税率対応POSレジも。弊社がレジメーカーではない代わりに、無理な提案は一切ございません。