初期費用無料のアパレル店舗管理システム【monopos(モノポス)】

アパレル店舗管理システムmonopos

みなさんこんにちは、前回の記事では、アパレル系の店舗管理で必要となる4つの基本管理業務についてお伝えしましたが、今回は初期費用が無料でに導入ができ、かつPOSレジ機能も備えたアパレル向けパッケージ「Monopos」をご紹介します。
POSレジのシステムから顧客管理機能まで幅広くカバーされており、ECとの連携が簡単に出来ることに加えて、基本的な利用料が無料※で導入できるので、アパレル系の店舗で店舗管理システムを導入していない場合には検討しても損は無いと思われます。

Monopos(モノポス)とは

Monoposは株式会社IROYA(東京都渋谷区、社長:大野敬太)が提供するIROZAというセレクトショップを実店舗、ECサイトでそれぞれ運営しており小売業界で必須のオムニチャンネル化を支援すべく「モノの流れをラクにする。」をコンセプトに掲げています。
2016年7月から開始した始まったばかりのサービスですが、自社で店舗を運営しているからこそ提供できるシステムを展開しています。Monoposのシステムにはライトプランとアドバンスドプランがあります。「基本プラン」では実店舗とECの商品をリアルタイムに把握し管理できるシステム、受発注管理システム、システムを使ったECサイトの構築、iPhone、iPadアプリを利用したPOSレジの機能の提供されており、なんと基本的に無料で利用が出来ます。

・実店舗とECサイトのリアルタイムな在庫共有

monoposの在庫管理機能について

この在庫管理の機能がこのサービスの一番の売り、というより「IROYA」が一番売り込みたいであろう機能なのですが、これまでだと実店舗を持っている業者がECサイトを構築する時には、ECサイト用に在庫を分けて管理することが多かったのですが、Monoposではこれを連携させることができ、機会損失を防ぐことが可能になります。ECサイトとの在庫連携のためにAPIで連携させるPOSレジもあるにはあるのですが、ECサイト側でのカスタマイズが必要になることがほとんどで、システム構築に費用が掛かっていました。その点、monoposであれば同一パッケージで運用するので、ECサイト構築時に連携するシステムが組み込まれているので、自動で連携が出来るという寸法です。
ただし、連携できるのは自社で構築するECサイトだけなので楽天、Amazon、Yahoo!ショッピングなどのモールとの連携は別途「Robotシリーズ」などの他社ツールを利用する必要がありそうです。
参考サイトURL:ECサイトの在庫管理連携システム「Robotシリーズ」(外部サイト)

・POSレジとしての機能は最低限

レジチョイスとしては、この機能を確かめたかったのですが、HPにはそこまでの情報が記載されていないので、詳しくは分かりませんが機能としては、

  • バーコードリーダー/レシートプリンター連携機能
  • 商品データ自動参照/商品画像表示機能
  • 顧客情報識別(QRコード)機能
  • ポイント付加、ポイント利用機能
  • 各種クレジットカード払い対応

等の機能は備えていますので、必要最小限の構成にはなっているようです。ECでのポイントと実店舗でのポイントも共通で、会員登録さえしてもらえれば、ユーザーの購入行動も分析できるのは特筆すべきポイントです。

・その他の機能について

売上管理機能と顧客管理機能についても基本的な機能以外には
売上管理についてはPOSレジと同様にアプリ上で確認するタイプになりますので、CSVへの出力が出来るかどうかは疑問です。

monoposの豊富なオプション機能無料でも必要十分な機能を有しているmonoposですが、オプションサービスも充実しています。

・ ECサイト運営時の「ささげ」の代行
「Monopos」アイテムのささげ(撮影・採寸・原稿作成)などのフルフィルメント業務をオプションで提供しています。・顧客データ分析機能
・ECサイトカスタマイズ機能
・商品登録代行
・集客支援

・まとめ

今回ご紹介した「Monopos」は店舗管理のシステムの中でもオールインワンパッケージのタイプに分類されるものですが、「EC&リアルのアパレルサービス運営に必要なものがすべて揃っています。」銘打っている割にはECサイトとの連携機能以外の部分は凡庸でした。アプリケーションのアップデートで今後機能は充実していくものと考えられますが、もし発注業務の中で伝票出力が必要になったり、売上情報をカスタマイズしてエクスポートするなどの機能をPOSレジに求めるならば、レジアプリのカスタマイズが必要になりそうです。初期費用が無料という圧倒的なメリットがありますので、個人的には注目しているシステムです。大手のシステムパッケージを切り崩していけるか今後も期待しています。