無料POSレジ選定 複数比較でお店に最適なレジが見つかります! 詳しくはこちら

電子マネーがあなたのお店のポイントカードに!スゴ腕「ライブレジ」

こんにちは、レジチョイス編集部です。ポイントを使ったマーケティングは個人の属性が正確に把握できるので、顧客1人ひとりの動向に応じてレシートにクーポンを添付したり、優良顧客に限定した割引セールを企画したり、さまざまな方策が考えられます。

しかし自前でポイントカードを発行するとなると、コストや運営面に不安があって、なかなか踏み切れない方も多いのではないでしょうか?そこで今回は、優れたポイントカード機能を持つ「ライブレジ」をご紹介します。

さまざまな業種で活躍できる「ライブレジ」

教室や託児所、駐車場でも利用可能

「ライブレジ」は小売店だけでなく、飲食店、薬局、サロン、教室、時間貸しの託児所でも利用できるPOSレジシステムです。例えば重さに応じて金額を自動計算する「量り売りレジ機能」や、利用時間に応じて自動で料金計算する「タイムレジ機能」、さらには平成29年1月からスタートした「セルフメディケーション税制」に対応したレシートの発行など、これほど多業種で活躍できるPOSレジには、なかなかお目にかかれません。

多彩なポイントサービス

パソコンやタブレットなどを利用する「ライブレジ」は、基本的なPOS機能に加えて、独自のポイントサービス機能を搭載しています。バーコードラベルの発行機能があり、オリジナルのポイントカードを作ることができます。またWindows端末と非接触ICカードリーダー「PaSoRi」を使えば、お客様ご自身の電子マネーや交通系ICカードをお店のポイントカードとして利用できます。

ポイントカードを読み取ると、お客様情報が瞬時に画面に表示されます。「平均購入単価」や「来店頻度」によるお客様の評価情報なども確認できるので、担当者が代わっても常連さんが一目でわかり、サービスの質が保てます。

名前をタッチすれば、過去の「購買履歴」や「お気に入りの商品」の表示、また会員価格の設定も可能です。メモ欄には前回の会話や次回の注意点などが入力できるので、簡単なカルテとして活用することで、よりきめ細やかな接客でお客様満足度の向上が図れます。

レシートにはクーポンやホームページ情報の印刷も可能

レシートに追加できるクーポンには切取り線も入ってます

レシートの最下部には固定画像のほかに、指定した条件によって印刷される簡易クーポンを設定することができます。お店のホームページを埋め込んだ「二次元バーコード」や「セールのお知らせ」などで、お客様に再来店を促す仕組み作りをサポートします。

多種多様なポイント設定

来店ポイントやお誕生月ポイントに加え、毎週金曜日はポイント○倍デー、タイムサービス、ランク別ポイント倍率変更など、豊富なポイントサービスが可能です。お客様の情報から自動的にポイント計算をしてくれます。

顧客台帳もしっかり管理

「ライブレジ」ならポイント会員の申込用紙をオリジナルで作成して、出力することができます。重複チェック機能もあり、今まで整理しにくかったお客様台帳も簡単に管理できるので、お客様分析に注力することができるようになります。

タイムレジ機能で時間貸しも可能

利用時間から料金を自動計算する「タイムレジ機能」。平日と土日祝日、夜間と昼間といった、時間帯によって異なる料金を店舗の料金体系に合わせて自由に設定することができ、ボタンひとつで計算してくれます。一般の商品と同じように売上登録ができるので、ネットカフェやカラオケボックスといった時間課金が必要なお店でも利用できます。

量り売りレジ機能は重さや長さに応じて料金を計算

量り売りの画面もわかりやすいデザイン

「ライブレジ」は商品の重さや長さに合わせた量り売りにも対応。例えば手芸用品店なら、布やレースのように長さで料金が変わる商品の取り扱いも簡単です。また量りから出力される「計量NON-PLUバーコード」も読み取れるので、柔軟な「量り売りレジ」として活用できます。

1回の説明でだいたい使える簡単操作

「一回聞けばだいたい使える操作性」がコンセプトのライブレジ。シンプルかつ親しみやすい画面構成で、誰でも抵抗なく使えます。リアルタイムの「客単価」や「部門別/商品別の売上ランキング」などは、レジ画面のボタン1つで表示。また「昨日」「先週」「先月」と比較した表示や日々の売上グラフなど、分析初心者にもわかりやすい画面構成です。

さらに「バスケット分析」を使用すれば、「おむつを買ったお客様はビールも買う」といった、一緒に購入されやすい商品の組み合わせを見つけだし、購入する可能性が高いお客様にピンポイントで販促することもできます。

まとめ

導入に際しては、ランニングコストを抑えたい方向けの「パッケージ購入方式」と、初期費用を抑えたい方向けの「レンタル方式」が選べます。軽減税率対策補助金の対象製品になっているので、補助金の条件を満たす方なら「パッケージ購入方式」でも初期費用が抑えられます。

専用アプリを必要としないので、普段はパソコンをレジとして利用し、繁忙期にはタブレットを“応援レジ”として使用するなど、使い方の幅も広い「ライブレジ」。納得のいくレジがなかなか見つからないという方に、是非一度ご検討いただきたい一品です。

お店に本当に合ったPOSレジ選びをお手伝い
店舗に本当に合った
POSレジ選びをお手伝い
後悔しないPOSレジ選びを。比較・見直ししてみませんか?
軽減税率対策POSレジのご相談も承ります。
弊社がレジメーカーではない代わりに、無理な提案は一切ございません。
後悔しないPOSレジ選びを。比較・見直ししてみませんか?軽減税率対応POSレジも。弊社がレジメーカーではない代わりに、無理な提案は一切ございません。