ローソンがスマホ決済サービスの実験を開始! ついに日本でも無人レジ実現か?

2018年4月11日、全国でコンビニエンスストアを展開する株式会社ローソンは、期間限定で東京都内3店舗のローソンにて店内ならどこでも決済が可能になるスマートフォン専用アプリを使用したセルフ決済サービス「ローソンスマホペイ」の実証実験を開始することを発表しました。
今回の実験では時間帯限定で「レジ無人化」も行うということなのですが、シアトルのAmazon社内で展開されている「Amazon Go」のような店舗は、果たして日本でも実現可能なのでしょうか。今回はキャッシュレス化・無人レジ化の新しいステップに踏み込んだ「ローソンスマホペイ」について迫りたいと思います。

ローソンが実験を行う「ローソンスマホペイ」とは?

2018年4月23日(月)~5月31日(木)までの期間限定で、東京都内3店舗のローソンにて、店内ならどこでも決済が可能になるスマートフォン専用アプリを使用したセルフ決済サービス「ローソンスマホペイ」の実証実験が開始されます。

「ローソンスマホペイ」とは、スマートフォンに事前にダウンロードしたローソン公式アプリを用いて支払いを行うサービスで、お客様はご自身のスマートフォンのカメラで商品バーコードを読み取ることで、店内のどこでも決済できるようになります。
また退店時には店頭に設置された専用読み取り機に、ご自身のスマートフォンに表示されたQRコードをかざすことで、決済が完了してあることを確認して電子レシートを受け取ることが可能です。

この実験は「ローソンスマホペイ」を導入することによって、レジ混雑時のお客様のストレス軽減と、店舗スタッフのレジ対応にかかる業務の軽減や、さらなる生産性の向上を目指すことを目的としています。
日中の時間帯は「ローソンスマホペイ」と従来の有人レジを併用することで、レジの混雑状況がどれほど緩和されるかを確認することを目的とした実証実験が行われます。
さらに、お客様の少ない深夜の時間帯である1時~4時に関しては、従業員のレジ作業を軽減することを目的とて、「レジ無人化の実証実験」が行われる予定です。

セルフ決済サービス「ローソンスマホペイ」の実証実験概要

期間
2018年4月23日(月)~5月31日(木)

対象店舗
・ローソン晴海トリトンスクエア店 (営業時間24時間)
東京都中央区晴海1-8-16 晴海トリトンスクエア2F

・ローソン大井店 (営業時間24時間)
東京都品川区大井4-17-16

・ローソンゲートシティ大崎店 (営業時間7:00~22:00)
東京都品川区大崎1-11-2 ゲートシティ大崎イースト1F

「ローソンスマホペイ」の実証実験を行う株式会社ローソンの取り組み

ローソンでは今年2018年を「デジタル元年」と位置付けているようです。
第4次産業革命と称される進化するテクノロジーを駆使することで、お客様の利便性の向上と、スタッフの店舗オペレーションの負荷軽減を推進しており、これまでにAIを活用した「セミオート発注システム」や、タブレットによる「ワークスケジュール管理」を導入、さらに完全自動セルフレジ機の「レジロボ®」の実証実験など、IT技術を活用した生産性向上行ってきました。さらに国内外の最新のIT技術を結集した「ローソンイノベーションラボ」を開設することで店舗での実用化に向けた実験も進めています。
まずは今回のセルフ決済サービス「ローソンスマホペイ」の実証実験を東京都内3店舗のローソンで検証を行い、2018年度下期以降にはお客様ニーズのある効果が見込める全国の店舗へ導入することを検討しているそうです。

「ローソンスマホペイ」を利用するにあたっての流れ

①アプリを起動して店舗を検出する

①

②店舗を確定する

②

③購入する商品のバーコードをスマートフォンで読み込む

③

④商品に誤りが無ければアプリ上で決済を行う

④

⑤決済完了後に表示されるバーコードを店内の専用端末にかざす

⑥決済が完了し電子レシートが発行される

⑥

まとめ

このたび株式会社ローソンが実験を開始した「ローソンスマホペイ」を用いた決済方法は、シアトルのAmazonでオープンした無人コンビニ「Amazon Go」に近く、日本の中でも最先端の試みと言えるのではないでしょうか。
以前にレジチョイスでも取材をさせていただいた「スーパーセンター トライアル アイランドシティ店」で導入されたスマートレジカートのシステムも素晴らしい仕組みでしたが、ローソンは完全無人の店舗で実験を行うということで、ますます期待が寄せられます。しかし一方で、年齢確認が必要な商品を正しく販売できるのか、どのように取り扱っていくのかといったポイントが気になるところでもあります。
今後、日本はキャッシュレス化・無人レジ化が実現していくのか、レジ業界がどのように進歩していくのか期待したいところですね。

レジチョイスへのお問い合わせはこちら