無料POSレジ選定 複数比較でお店に最適なレジが見つかります! 詳しくはこちら

5大モバイル決済サービス徹底比較!【比較表付き】

今回はクレジットカードのモバイル決済サービス導入の総まとめとして、2020年の主要モバイル決済サービスの5社を表形式でまとめてみました。これを確認すれば、どのサービスを導入すべきか、自分の店舗に合った決済なども見えてくるかもしれません。

対応すべきカードブランドも合わせてご紹介しますので、主要なモバイル決済サービスがどのように対応しているか、確かめてみましょう。

ご相談実績は6000店舗以上!
POSレジ選びのお悩みなら
レジチョイスの無料相談へ!
Webフォームでのご相談はこちら
コンシェルジュに相談する(無料)
お電話でのご相談はこちら
050-5052-0036受付時間10:00~18:00(土日祝日除く)
時間外はこちらから音声のみで受付可能050-5050-0122
050-5050-0122

5大モバイル決済比較表【2020年】

今回レジチョイスが2020年の主要なモバイル決済サービスとして取り上げたのは、以下の5つです。

  • STORES決済(旧:Coiney)
  • Square
  • Uペイ
  • 楽天ペイ
  • Airペイ

まずは、これらの5大モバイル決済を利用する際に必要なデバイスや端末費用などについて比較してみましょう。以下の表に詳しくまとめましたのでご覧ください。

 

名称 STORES決済
(旧:Coiney)
Square Uペイ 楽天ペイ Airペイ
必要なデバイス ・iOS端末
・Android端末
・iOS端末
・Android端末
・iOS端末
・Android端末(USEN専用端末のみ)
・iOS端末
・Android端末
iOS端末
端末代金 19,800円
キャンペーン条件達成で実質0円
7,980円 0円/貸与 19,800円
キャンペーンにつき2021年1月6日まで実質0円
0円/貸与
おすすめポイント ・iPadレジとの連携実績が多数あり
・非対面決済にも対応
・すぐに始められ、入金も最短翌日、決済手数料無料という手軽感
・オシャレな決済端末
・Squareレジアプリが無料で使える
・初期費用、月額費用に加え、端末もすべて0円で利用できる
・交通系電子マネーに対応
クレカ以外にも電子マネーや楽天ペイ・auPAYなどのスマホ決済に対応
・楽天会員にとって「ポイントが貯まる店」になる
・Airレジ利用者向けのモバイル決済

5大モバイル決済 サービス別概要

次に、5大モバイル決済の特徴をそれぞれみていきましょう。

STORES決済(旧:Coiney)

Coineyからサービス名が変更になった「STORES決済」。iPadを利用したPOSレジとの連携が多い点が魅力です。
初期費用について、ICチップ対応の決済端末が通常19,800円のところ、キャンペーンにつき達成条件を満たした場合、実質0円で導入することが可能となります。またこちらの達成条件は、新型コロナウイルス感染症拡大に伴い、キャンペーン条件が一部緩和しています。そのため、オトクにモバイル決済端末を導入したいという方は、今がチャンスといえるでしょう。しかし、指定期間より先にターミナルを購入した方についてはキャンペーンの対象になりませんので注意が必要です。

「STORES決済」の導入を検討する場合は、以下に記載したャンペーン条件をしっかりチェックして申し込むようにしましょう。

≪キャンペーン条件≫
・新規で STORES 決済 をお申し込みの方
※2020年4月30日以前に STORES 決済 にお申し込みされた方は対象外
・加盟店審査を通過していること
・審査通過月を含む6ヶ月以内に、ひと月でも合計20万円以上の決済があること

Square(スクエア)

SquareはICチップ対応のカードリーダーが有料となりますが、登録が数分で完了し最短当日からキャッシュレス決済を導入できる点が特徴です。Square Readerはモバイル端末とBluetoothで接続できるため、複雑な設定はなく電子機器の操作に不慣れな方でもカンタンに使うことができます。

また入金も最短翌日と非常に早く、決済手数料も3.25%〜と個人事業主や中小企業、新規事業者でも導入しやすい価格設定となっている点もうれしいポイントです。気軽にモバイル決済サービスを導入したい方におススメといえるでしょう。

>>「Square POS(スクエアPOS)」は手軽でスマートな無料iPadレジ!

Airペイ(エアペイ)

つづいては、リクルートが提供する「Airペイ」。業種問わず最安水準の手数料で導入・運用費0円で決済サービスを始められる点が特徴です。
そんな「Airペイ」ですが、Airレジと一緒に利用できるのはもちろん、レジと連動させないのであれば、Airペイ単体で使うことも可能となります。店舗側で必要なデバイスについては、iOSに対応していますがAndroidには対応していないので、その点は注意しましょう。

現在Airペイでは「キャッシュレス導入0円キャンペーン」を開催中です。キャンペーン条件を満たした方に限り、レジで使用するiPadもカードリーダーも0円で揃えることが可能となります。新規開業される方やレジの入れ替えを考えている方におすすめのキャンペーンといえるでしょう。

≪キャンペーン条件≫
・iPadの無償貸与を申し込む場合、実店舗を有していること。
・キャッシュレス導入0円キャンペーン期間中にAirペイに新規加盟申込みをしていること。
・お申込み月の6ヵ月後の月末までに審査が通過していること。
・Airペイに新規のお申込みであること

上記すべての条件を満たした場合に限り、キャンペーン対象となります。

>>Airレジの機能を最大化!便利なAirレジ周辺サービスまとめ!

Uペイ

有線放送でおなじみのUSENが提供する「Uペイ」。カード決済はもちろん、交通系電子マネー決済などあらゆる決済がこれひとつで完結します。

「Uペイ」の決済端末費用については、0円でクレジットカード・交通系電子マネーの利用をはじめることが可能です。端末はレンタルなので、万が一故障してしまっても無料で交換することができ、面倒な初期設定や通信動作テストもUSENの担当者が対応してくれるので安心です。

またUペイは、1日続く持ちの良いバッテリーを使用しているので、店内はもちろんデリバリーなど店舗外での決済も可能となります。さらにスマホ・タブレットにカード情報が残らないので、どんな環境でも安心して利用できます。支払い方法については、分割払いはもちろん、リボ払いやボーナス払いにも対応しているため、どんなシチュエーションでも対応できる点は大きな魅力といえるでしょう。

>>キャッシュレス決済「Uペイ」って?端末代無料レンタルでUレジ連携も可能!

楽天ペイ

「楽天ペイ」の良い点は、クレジットカード、電子マネーに加えてスマホ決済の楽天ペイとauPAYも一緒に申し込めるというところでしょう。楽天カードはポイントを貯めやすいカードとして人気なので、楽天カードを持っている人に対して楽天ペイを進めることで「ポイントが貯まりやすいお店」として認識してもらうことも可能です。とくに楽天ユーザーの多い店舗には、高い集客効果を期待できるでしょう。

決済端末に関しては、「楽天ペイ」では現在、キャッシュレス導入0円キャンペーンを実施しています。新規でお申込みをした店舗で適用条件を満たした方に限り、2万円相当のカードリーダーが0円で導入できるキャンペーンとなります。ちなみにこちらのキャンペーンは、2020年11月30日までの期間限定キャンペーンでしたが、好評につき2021年1月6日まで延長となっています。「楽天ペイ」の導入を検討している方は、ぜひ早めに申し込むようにしましょう。

ご相談実績は6000店舗以上!
POSレジ選びのお悩みなら
レジチョイスの無料相談へ!
Webフォームでのご相談はこちら
コンシェルジュに相談する(無料)
お電話でのご相談はこちら
050-5052-0036受付時間10:00~18:00(土日祝日除く)
時間外はこちらから音声のみで受付可能050-5050-0122
050-5050-0122

5大モバイル決済 対応ブランド別比較

ここ数年にわたり、クレジットカードや電子マネーなどの決済手段が多様化するなか、もはや当たり前となりつつあるキャシュレス決済。店舗にとっても取り扱うキャッシュレス決済の対応ブランドは重要なポイントの一つとなります。
ここでは、5大モバイル決済に対応するカードブランドや電子マネーを表で分かりやすくご紹介します。

 

モバイル決済の名称 STORES決済
(旧:Coiney)
Square Uペイ 楽天ペイ Airペイ
対応カードブランド VISA
Mastercard
JCB
Discover
AMEX
DinersClub
セゾンカード × × × × ×
銀聯カード × × × ×
交通系電子マネー Kitaca(キタカ)
Suica(スイカ)
PASMO(パスモ)
TOICA(トイカ)
manaca(マナカ)
PiTaPa(ピタパ) × × × × ×
ICOCA(イコカ)
nimoca(ニモカ)
SUGOCA(スゴカ)
はやかけん
電子マネー ApplePay × ×
iD × ×
QUICPay × ×
WAON × × × ×
nanaco × × × ×
QRコード決済 au PAY × × ×
楽天ペイ × × × ×
WeChat Pay × ×

なお、STORES決済、Uペイ、AirペイでQRコード決済に対応する場合は、別途申し込みが必要です。ご注意ください。

まとめ

今回は、モバイル決済の中でも5大モバイル決済サービスについて徹底比較しました。キャッシュレス決済の導入が進んでいる現在、店舗にとって決済サービスの導入はもはや必須のサービスの一つといっても過言ではないでしょう。ぜひ今回の記事を参考に店舗にあったモバイル決済の導入を検討してみてはいかがでしょうか。

レジチョイスでは、レジの相談以外にも決済端末の導入相談も受付けております。お困りごとがあればお気軽にコンシェルジュまでご相談くださいね。

POSレジ選びなら専任コンシェルジュにお任せ!
POSレジ選びなら
専任コンシェルジュにお任せ!
POSレジの比較・見直しならご相談実績6000店舗以上のレジチョイスコンシェルジュへ!
セルフレジ・自動釣銭機のご相談も承ります。
気になる点があればお気軽にお問い合わせください!
POSレジの比較・見直しなら
ご相談実績6000店舗以上の
レジチョイスコンシェルジュへ!
セルフレジ・自動釣銭機のご相談も承ります。
気になる点があればお気軽に
お問い合わせください!
Webフォームでのご相談はこちら
業種
店舗数
相談をはじめる(無料)
お電話でのご相談はこちら
05050520036
受付時間10:00~18:00(土日祝日除く)
時間外はこちらから音声のみで受付可能
050-5050-0122
05050500122
  • はじめてのDX デジタルトランスフォーメーションを支援する はじめてのDX
  • Wiz colud デジタルトランスフォーメーションに最適なサービスをご提案
  • ピピッとチョイス QR・キャッシュレス決済の比較・導入ならピピッとチョイス