決済手数料だけで比べると危険!? モバイル決済サービスの落とし穴

みなさんこんにちは。
前回の記事「モバイル決済の普及の4つの理由とは? 日本のモバイル決済を形づくったのはアメリカ発のSquare!」にて、タブレット型POSで利用できる「モバイル決済サービス」が普及した理由についてご紹介しましたが、今回はもう少し深堀りして考えてみましょう。

>>カード決済端末と連携しているPOSの見積りはこちら

機会損失を無くしたいならクレジットカード払いに対応しよう

店舗を経営するにあたって、飲食店や服飾店などある程度の客単価が想定される店舗においてはクレジットカードの導入を検討して損は無いでしょう。
というのも、モバイル決済サービス大手のSquare(スクエア)の統計発表によると、『クレジットカードが使えてないお店は21%の潜在顧客を失っている可能性がある』という統計発表を行っているのです。

Squareは、全国のクレジットカード保有者を対象に「クレジットカード非対応がもたらす機会損失に関する調査2014」を実施しました。この調査から、クレジットカード決済に対応していないお店は、ひと月に1回以上クレジットカードを使う潜在顧客の21%の来店機会を失っているということが分かりました。(中略) 特に、現金ではなくカードでの支払いを好むと50%以上が回答したレストラン、アパレル、旅館・ホテルの業種では、導入による大きな効果が期待できます。

参考URL:PR Times[Square調査、カード決済非対応が店舗経営の機会損失につながることを明らかに]

モバイル決済サービスを提供しているSquareが行った調査なので、こちらの数字を鵜呑みにする必要はありませんが、実際クレジットカードに対応していないということで機会の損失をしてしまっている可能性は大いにあります。なので検討材料のひとつとして頭の片隅に入れておいてください。

レジチョイス無料相談窓口
0120-740-336
(受付時間9:00~19:00)
 ※土日祝休み

導入にあたって一番気になる費用面での比較

Square、楽天スマートペイ、Coineyの各端末

店舗に新たにクレジットカード決済サービスを導入するにあたって一番気になるのは、決済ごとに常に付きまとってくる決済手数料についてではないでしょうか。決済サービス各社も決済手数料が低いことをホームページなどで謳っています。

例えば、ひと月のクレジットカード決済金額が300万円だとすると、手数料が1%違うだけで
3,000,000円×0.01=で30,000円
月に3万円違うと結構な金額になってくるので、最重要の要素であることは間違いないでしょうから、これを基準にクレジットカード決済サービスを決めるのも方法のひとつです。

ただし、クレジットカード決済を導入するにあたって、下記のような様々な要素が関わってきます。
契約時に発生するシステム設定費や審査事務手数料などの「初期費用」
決済金額に関わらず発生する決済サービスの月額利用料
決済1回ごとに掛かるカード会社とのデータ通信費(トランザクション料金)
手数料を除いた金額を入金してもらう際の振込み手数料

導入・運用費用の面から判断すると、「Square」、「Coiney(コイニー)」、「楽天ペイ」の3サービスが
初期費用無料(キャンペーン適用の場合に限る)
月額の利用料金も無料
決済手数料は3.24%~3.25%で横並び
となっており、数あるモバイル決済サービスの中から選ぶとすると、この3社に絞られます。

>>カード決済端末と連携しているPOSの見積りはこちら

落ち着いて考えると見えてくる落とし穴

決済手数料だけでなく、初期費用や月額の利用料、ICチップ対応端末の導入費用まで考慮したので、もう十分かとお考えの方も多いかと思いますが、実はまだまだ考慮しなければならないことがあります。

それは、POSレジのシステムと決済サービスは常に連携運用ができるとは限らないというポイントです。

連携ができないタブレット型POSレジでレジアプリと決済アプリを利用する場合、一旦レジシステムのアプリから決済用のアプリに切り替えてから決済を行い、その支払い方法などの情報をレジのアプリで入力しなければならず、オペレーションが煩雑になりヒューマンエラーが発生しやすい状況に陥りやすくなります。

クレジットカードでの決済が問題なくできるとしても、領収書印刷用にプリンターを別途購入しなければならないため、結局費用が余計に掛かるレジカウンターにクレカの領収書用のプリンターとレシート用のプリンターで2台置くことになるなどの問題が発生してしまいます。

レジチョイス無料相談窓口
0120-740-336
(受付時間9:00~19:00)
 ※土日祝休み

まとめ

イヤホンジャックに挿すだけで利用できるモバイル決済サービスは、一見どのタブレットPOSでも利用できそうですが、連携しているサービス同士で導入しなければ最終的に無駄な労力を使う羽目になってしまいます。
画期的なサービスだからこそ、その機能を最大限に活かすためにも、しっかりと考えてから導入してください。
またモバイル決済に連携しているPOSレジを探している方は、お気軽にレジチョイスコンシェルジュまでお問い合わせください。

POSレジのコンシェルジュへ相談をご希望の方はコチラ