無料POSレジ選定 複数比較でお店に最適なレジが見つかります! 詳しくはこちら

グローリーの券売機「券職人」が軽減税率対策補助金対象に!

よくフードコートや食堂で見かける券売機。業種や業態によっては、券売機を導入することで、人件費の削減や店舗の業務改善など、経営に大きなメリットをもたらしてくれます。しかし費用が高いという理由で、券売機の導入を見送っているオーナーさんも多いことでしょう。

そんなお悩みの方に朗報です!なんと一部の券売機メーカーが「軽減税率対策補助金対象」に加わることで、券売機を安く導入できるようになったんです。

今回は補助対象の券売機のなかでも、株式会社グローリーが提供する券売機「券職人」シリーズにスポットを当て、機能面や補助内容などについて解説していきます。

軽減税率対策補助金の対象に「券売機」と「商品マスタ登録」が追加!

いよいよ2019年10月以降にはじまる消費税の引き上げに伴い、8%と10%に分かれる複数税率にむけて、飲食店や小売店などでは「軽減税率対策補助金」を利用して、最新のPOSレジに変更している人も増えてきています。

今回は補助の取り組みを行っている中小企業庁の制度拡充により、いままで補助対象外だった「券売機」と「商品マスタ登録」が、新たに補助金の対象に加わることになりました。補助金の適用内容はこのようになります。

  • 券売機
    対象となる中小企業・小規模事業者に対して、補助金対象期間に券売機を導入および改修を行うにあたり、その一部の経費を補助します。
  • 商品マスタ登録
    従来まではレジへの商品情報の登録は、レジ設置と同時の場合のみ補助適用でした。しかし制度改定されたことにより、レジ設置時とは別に商品マスタを登録する場合でも、補助対象となります。

グローリーの券売機「券職人」について

引用:グローリー「券職人」HPより

今回ご紹介する券売機「券職人」は、通貨処理機のリーディングカンパニーであるグローリー株式会社が提供しています。グローリー株式会社は、券売機以外にも釣銭機や入出金・係数機器・コインロッカーなどさまざまな製品を扱っており、通貨関連機器の業界内でも国内外No.1のシェアを誇る企業です。

ここではそんなグローリー株式会社の技術を結集した券売機「券職人」シリーズの魅力や機能面についてお伝えします。

券職人シリーズの魅力

券売機「券職人」にはさまざまな魅力がありますが、大きく挙げるとすれば機能面とデザイン性の高さにあります。

機能

1つ目は、誰もが見やすい大きな画面と、さまざまな業態に合ったレイアウトができるところです。

メニュー選択は、22インチのワイドな画面で自由にレイアウト可能なタッチパネル式と、大中小の3連ミニボタンを組み合わせてレイアウトできるボタン式の2つにわかれています。さらにメニュー配置も自由に変更できるため、オススメや打ち出しメニューも効果的にアピールすることができます。

デザイン性

券職人は機能性を追求したデザインも魅力のひとつです。扱いやすい操作性を重視し、硬貨や紙幣の投入口やチケットの取り出し口を低い位置にして、誰もが取りやすい配置にしています。

予算や用途によって選べるバリエーション

券職人の種類は、シーンやニーズに合わせてバリエーションタイプを4種類用意しています。そのため店舗や施設に合わせた券売機を選ぶことができます。

タッチパネルタイプ(VT-T20シリーズ)

①大きく見やすいディスプレイ

  • 22インチの見やすい画面サイズなので、メニューも見やすくスムーズな操作が可能です。アニメーションと音声ガイダンスで操作手順を教えてくれます。
  • メニューの位置やサイズを自由に変更可能です。日替わりメニューや季節のメニューなどを効果的に打ち出すことができます。

②多言語対応可能

  • 英語・中国語(簡)(繁)・韓国語に対応しているためインバウンド集客にも効果的です。

③紙幣リサイクル運用

  • 一万円・五千円・千円各紙幣のリサイクルユニットを搭載しています。紙幣の途中補充や途中回収の手間が減ります。
  • 一万円紙幣の取消の際は、入金された紙幣をそのまま返却できるため、釣銭準備の有効活用が可能です。

④一括計数機能

  • 釣銭の補充の時は、最大30枚の紙幣をまとめて補充できます。また手作業がなくなるため不正防止、紙幣の数え間違いなども減少します。
  • 売上金回収時の一括投出が可能です。売上金を計数しながら回収してくれるため、不正を防止します。

ハイスペックタイプ(VT-G20シリーズ)

①操作しやすいレイアウト

  • 紙幣や硬貨の投入口、釣銭やチケットの取り出し口を券売機の中央部に設けているので、だれでも操作しやすいレイアウトです。

②カラー液晶のタッチパネル式

  • タッチパネル式のカラー液晶は最大8つまでソフトキーが登録可能です。
  • 子供やお年寄りなどの券売機上部のメニューが届かない人でも「メニューを画面で選ぶ」ボタンでメニューを選択できます。

③ボタンレイアウトに対応

  • 1台で72のメニュー登録が可能なため、店舗の運用ニーズに応じた設定が行えます。
  • 標準の2/3の大きさの3連ミニボタンが加わり、トッピングメニューにも対応可能です。

④売上データを管理

  • FTP機能を標準搭載しており、本部にいながら営業店の売上データの収集やメニューの配信が可能です。オフラインで利用する場合はUSBをパソコンに取り組むことで売上管理できます。

スタンダードタイプ(VT-B20シリーズ)

①多様なボタンレイアウトが可能

  • 1台で64メニューの販売が可能。販売メニューや運用ニーズに合わせた設定が自由にできます。3連ミニボタンによりオススメメニューやトッピング、サイドメニューなど組み合わが可能で客単価の向上に繋がります。

②売上データを管理

  • FTP機能を標準搭載で、本部から売上データの収集やメニューの配信が可能です。

コンパクトタイプ(VT-S20シリーズ)

①多様なボタンレイアウトが可能

  • 1台で36メニューの販売が可能。コンパクトなボディなのでテーブルやカウンターにも使用できます。3連ミニボタンによりトッピング、サイドメニューなど組み合わが可能です。

②売上データを管理

  • FTP機能を標準搭載で、本部から売上データの収集やメニューの配信が可能です。

キャッシュレス対応

タッチパネルタイプとハイスペックタイプの機種によっては、オプションを付けることで電子マネー決済やQRコード決済が可能になります。利用可能な電子マネーは、Waon・nanaco・楽天Edyなどに対応しているようです。

券売機に対する軽減税率対策補助金について

ここまで「券職人」について詳しく説明してきましたが、やはり気になるのは券売機「券職人」を導入した際の補助金についてですよね。ここでは簡単な例をもとに、どのくらいの負担が軽減されるのか、リース契約の際の補助金は対象になるのかなどの疑問を解消していきます。

券売機の軽減税率対策補助金の補助率について

軽減税率対応の券売機については、2019年2月より、最大3/4(券売機は最大40万円の上限)の補助金を受け取ることができます。以下の簡単な例を参考にしてみてください。

  • 100万円(税別)の券売機だとすると、最大40万円の補助が受けられるため、60万円(税別)で購入可能。
  • 40万円(税別)の券売機だとすると、30万円の補助が受けられるため、10万円(税別)で購入可能。

現在、補助金の完了期限は2019年9月30日までと言われているため、現在券売機を検討している方は早めの申請をオススメします。

リースは軽減税率対策補助金の対象?

券売機の導入を検討している人のなかには、新規出店予定の方や初期費用を抑えたい方などに嬉しいリース契約を希望している人もいるでしょう。さすがにリースは補助金対象外のように思いますが、実はリース契約も軽減税率補助金対象になるんです。

リースを利用する場合は、リース事業者が共同申請者として店舗と共同で補助金の申請手続きを行う必要があり、補助金の交付先はリース事業者となります。そのため店舗側としては、月々支払っているリース料金が減額される形になるようです。

まとめ

今回は、新たに補助金対象となった券売機「券職人」について詳しくお伝えしました。グローリー株式会社の技術を結集した券売機「券職人」は、お客様にとっても店舗側にとっても使いやすくて高性能な券売機だということがわかりましたね。

さらに今であれば、軽減税率補助金制度を利用して高額な券売機の負担も少なく導入することができます。店舗の人手不足や会計業務に困っているオーナーさん、是非この機会に「券職人」の券売機を視野に入れてみてはいかがでしょうか。

お店に本当に合ったPOSレジ選びをお手伝い
店舗に本当に合った
POSレジ選びをお手伝い
後悔しないPOSレジ選びを。比較・見直ししてみませんか?
軽減税率対策POSレジのご相談も承ります。
弊社がレジメーカーではない代わりに、無理な提案は一切ございません。
後悔しないPOSレジ選びを。比較・見直ししてみませんか?軽減税率対応POSレジも。弊社がレジメーカーではない代わりに、無理な提案は一切ございません。
  • 多機能レジPOS+が飲食店の悩みを解決
  • POSレジの軽減税率対応はお済みですか?今なら、補助金使えます。
  • Airレジで軽減税率制度を簡単に