無料POSレジ選定 複数比較でお店に最適なレジが見つかります! 詳しくはこちら

消費税増税は19年10月から。店舗の軽減税率とPOSレジ対応・補助金について

安倍首相が10月15日の臨時会議で、消費税率を2019年10月1日から10%に引き上げることを表明しました。これに伴い、「軽減税率」という制度が開始される予定です。軽減税率についてはレジチョイスでも何度かご紹介済みですが、まだ聞き慣れない方もいるのではないでしょうか?実はお店で扱う商品によっては、この制度が始まる前に準備しておかなくてはならないことがあるんです。
そこで今回は消費増税と軽減税率、店舗経営者の方に対応しておいて欲しいことについて解説します。

2019年10月1日から。消費税の増税の背景について

安倍首相は消費税率を2019年10月1日から10%に増税すると発表しました。
そもそも今回の増税は、社会保障の主な財源となる消費税の使いみちを全世帯に広げることが目的です。従来の社会保障は年金・介護など高齢者中心の制度でしたが、今後子育て支援など、現役世代を含む全世代に対応した社会保険に転換したいと考えているようです。

店舗が増税前に確認しておきたい「軽減税率」について

今回の増税に伴い「軽減税率」という制度が開始されます。店舗経営者の方は増税前に対応しておく必要があるので、しっかりチェックしておきましょう。

消費税軽減税率制度とは

消費税軽減税率制度とは、消費税率が10%に上がっても、特定の品目は税率8%のまま据え置かれる制度のことです。消費税増税が始まる2019年10月1日から、同時に実施される予定です。
対象品目は「酒類、外食を除く飲食料品」「定期購読契約が締結された週2回以上発行される新聞」とされています。

「酒類、外食を除く飲食料品」について詳しく説明すると、「お酒」「外食」「ケータリング・出張料理」、食品とその他のものが一緒になった「一体商品(一体資産)」には通常の10%の税率が発生します。同じ商品でもお店の中で食べるイートインは10%、持ち帰って食べてもらうテイクアウトは8%と、税率が違ってきます。簡単に言うと、店によっては10%の商品と8%の商品が混在するということになります。

軽減税率は食品など、日頃の買い物で家計を圧迫しないように、特に低所得者に配慮して実施される施策です。買う側としては8%の商品があるのは嬉しいことですが、販売する店側としてはどうすればいいの?と、悩んでしまいますね。

店舗が軽減税率に対応しなければならないこと

店舗にとって、おそらく必ずと言っていいほど軽減税率対策に関わる場面は出てきます。

発注、入荷、経費などに飲食物がある場合…帳簿入力の際に注意

例えば、飲食店で食材を買う場合や、接客業でお客様に出す茶菓子を経費で購入する場合。これらは税率8%で購入することになり、軽減税率の対象となります。お客様には関係ありませんが、帳簿入力の際には軽減税率8%で購入したとわかるようにしておく必要があります。なお、受発注システムを使っている場合あるいは導入する場合は、改修・導入費用は軽減税率対策補助金の対象になります

請求書、レシートの記載の変更をする必要がある

お客様が商品を購入した際に発行する、請求書やレシート。商品の中に軽減税率商品がある場合は、税率を分けて記載する必要があります。請求書管理システムを使っている場合あるいは導入する場合は、改修・導入費用は軽減税率対策補助金の対象になります

会計時の対応の変更、レジの改修

軽減税率対象品目を販売する店は、お会計の際に商品によって10%もしくは8%の税率を選択しレジ打ちをする必要が出てきます。しかし、従来のレジだと複数の税率に対応できないことも多く、お店の混乱を招きかねません。特にガチャレジの場合は困るかと思います。テイクアウトとイートインを両方行うカフェやファーストフード店では、混みあう時間帯に対応外の税率を手打ち計算などしていられないと思います。新制度が始まる前に、複数の税率に対応したレジを準備することをオススメします。

最近のレジは、会計だけでなく売上の管理・集計・分析ができるPOSレジが主流です。複数税率に対応したPOSレジを導入すれば、軽減税率への対応もスムーズです。しかし、レジの機械はなかなか高価ですよね。そこでお店のレジ導入の費用負担を減らせるように、レジの補助金制度が制定されています。

 

軽減税率対策補助金を活用しよう

ここでは、早めに準備しておきたい軽減税率対策補助金についてご説明します。

軽減税率対策補助金とは?

軽減税率への対応を円滑に進むようにするため、設立された補助金制度です。対象は大きく分けると3つの種類があります。

  1. A型 複数税率対応レジの導入等支援
  2. B型 受発注システムの改修等支援
  3. C型 請求書管理システムの改修等支援

レジチョイスではPOSレジの情報サイトなので、主にレジの補助金に関して何度も取り上げていますが、受発注システムの導入や改修、請求書管理システムの導入改修も補助金の対象に入っています。

レジに関する軽減税率対策補助金を申請する条件は?

では、レジに関するA型の補助金制度について見ていきましょう。

軽減税率対策補助金を利用すると、お店の方は複数税率対応レジの導入や、レジを複数税率に対応する改修で補助金を申請することができます。まず補助金を受け取るためには、以下の条件を満たす必要があります。

  • 軽減税率対象商品を取り扱っている
  • 現在軽減税率に対応したレジを所持していない
  • 軽減税率対策補助金に対応したレジを導入するもしくは、利用中のレジを改修して軽減税率対応にする

そして対象は「中小企業・小規模事業者」とされています。中小企業・小規模事業者については、業種によって資本金の額や従業員の人数が定められています。例えば小売業であれば「資本金の額または出資の総額が5千万円以下の会社または常時使用する従業員の数が50人以下の会社および個人」とされています。

POSレジに関する軽減税率対策補助金の金額は?

軽減税率対策補助金のPOSレジ導入に関する補助率は、基本的に3/4となっています。機器導入が1台のみで導入費用が3万円未満の場合は5/4、タブレット機器などの汎用端末を導入する場合は1/2までとなっています。補助金額の上限はレジ1台あたり20万円で、設定や運搬費などの機器設置に費用が必要な場合はさらに1台あたり20万円まで支援が可能とされていますので、タブレットPOSレジの場合、1台につき補助金は最大40万円まで降りることがわかります。また、複数台のレジを導入する場合は、1業者あたり200万円までの支援と定められています。

なお、以下の記事では実際の見積もり金額を見ながら、補助金の算出をしています。参考にしてみてください。

レジに関する「軽減税率制度」と補助金について総まとめ!金額は?いつまでに申請がいるの?

 

POSレジで軽減税率対策をするには

まずは、利用中のレジが複数税率に対応しているか確認しましょう。利用中のレジを改修しても複数税率に対応できない場合には、新しいレジを導入する必要があります。補助金の対象となるレジは、ブレインレジ・Uレジ・ユビレジ・スマレジ・はんじょうPOSレジなど多数あります。レジチョイスではPOSレジの選定のお手伝いもしています。「どのレジがいいか迷う」という場合は是非ご相談ください。

レジの導入にかかる期間は状況によって異なります。税率が切り替わる時期には問合せが混雑すると予想されるので、早めの準備をおすすめします。

「軽減税率対策補助金事務局」への申請受付期限は2019年12月16日(月)となっています。

 

複数税率に対応しているPOSレジをピックアップ

blayn(ブレイン)レジ

 

プラン名 月額料金 機能
無料版 0円 POSレジ機能
データ保存(90日間)
商品登録数500点
複数店舗管理
会計ソフト自動連携
電話メールサポート
プレミアム版 9,800円 POSレジ機能
ハンディ利用
データ保存(無制限)
商品登録数 無制限
キッチンプリンタ対応
複数店舗管理
会計ソフト自動連携
電話メールサポート

ブレイン株式会社が提供する「ブレインレジ」は、飲食店に特化して開発された軽減税率補助金対象のPOSレジです。ブレイン株式会社はソフトウェアの開発・販売などを行ってきた会社で、開発を知り尽くしているからこそ実現できるシンプルな操作性が魅力です。飲食店に本当に必要な機能だけを残しているので、スマホやタブレットの扱いが苦手な方でも使いやすいです。商品登録やお客様ごとの割り勘計算、飲み・食べ放題コースの時間設定に使えるタイマー機能なども利用でき、クラウド会計ソフトやグローリー株式会社製の自動釣り銭機、クレジット・電子マネー決済システムと連動可能です。

ブレインレジで利用するのはiPadではなく、Androidタブレットを 採用して自社開発された端末です。端末は世界最高峰の国際的なデザイン賞を数多く受賞した、洗練されたデザインです。デザイン性だけでなく、タッチパネル・レシートプリンタ・料金ディスプレイ一体型のコンパクトな設計で、キャッシュドロアと連動できる機能性も備えています。

レジチョイスではブレインレジの導入セットを購入することができるので、ブレインレジをご検討中の方は是非ご覧ください。

 

スマレジ

スマレジの料金プラン

プラン名 月額料金 機能
スタンダード 0円 ※1店舗のみ利用可 <基本機能>
・レジ販売
・レシート印刷
・点検・精算
・取引履歴の閲覧編集
・商品管理1,000件まで
・商品在庫管理
・締め処理(日次・月次)
・目標予算管理
・売上分析
・免税販売対応
・カスタマーディスプレイ
・NON-PLU対応
プレミアム 4,000円 <基本機能>
+
・商品点数10万点
・複数店舗管理
・PL管理
・ユーザー閲覧権限設定
・API利用
・会計サービス連携
プレミアム プラス 7,000円 <基本機能>
+
・レジ機能
・商品点数10万点
・複数店舗管理
・PL管理
・ユーザー閲覧権限設定
・API利用
・会計サービス連携
・顧客管理
・電話サポート
フードビジネス 10,000円 <基本機能>
+
・レジ機能
・商品点数10万点
・複数店舗管理
・PL管理
・ユーザー閲覧権限設定
・API利用
・会計サービス連携
・顧客管理
・電話サポート
・オーダーエントリー
リテールビジネス 12,000円 <基本機能>
+
・レジ機能
・商品点数10万点
・複数店舗管理
・PL管理
・ユーザー閲覧権限設定
・API利用
・会計サービス連携
・顧客管理
・電話サポート
・高度な在庫管理
・パスポートカメラ読取
・免税帳票印刷

株式会社スマレジが提供する「スマレジ」はiPad・iPhone・iPod touchを使ったタブレットPOSレジです。通常の販売機能や売上分析機能、飲食店向けのオーダーエントリーシステム(ハンディ端末)だけでなく、免税販売対応や小売業で使える細かい在庫管理機能などが利用できます。外部アプリとの連携や日々のアップデートで、機能はますます拡大中です。登録65,000店舗突破(2019年3月時点)の実績が、スマレジの人気の高さを表しています。

スマレジは業界唯一の「SLA(サービス品質保証制度)」によるサービス運営を行っています。SLAとはサービス事業者が契約者に対してどの程度の品質を 保証するか定めたもので、スマレジでは主にサーバーの月間稼働率99.95%を保証しています。万が一保証値を下回った場合には、月額費用の10%を返還するとしています。サーバーが停止した場合でもヘルプサイトやメールサポート、有料の電話サポートなどの連絡体制が充実しているので、対処を素早く行うことができます。

また、スマレジの販売機能はオフラインでも利用可能です。オフライン中の販売データはiPad・iPhone・iPod touchといった端末本体に保存され、通信再開後にサーバーに反映されます。例え通信障害が起こってもいつも通り販売作業を続けることができるので、慌てる必要がありません。

連携アプリ一覧

freee(フリー)/MFクラウド会計/弥生会計/iPadセルフオーダーシステム/スマレジペイメント/楽天ペイ/コイニー対応/EC-Cube/Synergy!360:顧客管理システム/ApaRevo SPA:アパレル卸管理/WEB+レジ:EC在庫一元管理/Visionary:顧客管理システム/dodoポイント/FOODIT21:売上原価一元管理/ABEJA:ポスデータ売上管理/トレタ/G1 Commerce

実機を見て検討することをオススメします

スマレジが気になったら、実機体験ができるショールームの利用がおすすめです。スマレジのショールームは東京、横浜、名古屋、大阪、福岡にあります。予約制なのでゆっくりと時間を取ってデモを見たり、実機に触ることができます。

予約制といっても利用は無料。近郊の人は足を運んでみてはいかがでしょうか?遠方の場合はオンライン通話による案内も可能なようです。


>>ショールームでスマレジ実機を体験する<<

Ubiregi(ユビレジ)

 

プラン名 月額料金 機能
無料プラン 0円 基本的なPOSレジ機能
売上データの表示
カード決済サービスと連携
メールサポート
※無料プランには一部機能の制限あり
プレミアムプラン 5,600円 無料プランの機能
+
標準電話サポート
ポイント連携機能
売り上げ共有機能
レポート機能
飲食店向けプラン 9,300円 無料プランの機能
+
標準電話サポート
ポイント連携機能
売り上げ共有機能
レポート機能
オーダーエントリーシステム(ハンディ端末)
小売店向けプラン 9,300円 無料プランの機能
+
標準電話サポート
ポイント連携機能
売り上げ共有機能
レポート機能
在庫管理機能
カスタマイズプラン 都度お見積もり 無料プランの機能
+
標準電話サポート
ポイント連携機能
売り上げ共有機能
レポート機能
オーダーエントリーシステム(ハンディ端末)
在庫管理機能
+
その他全てのユビレジの機能を利用可

株式会社ユビレジが提供する「ユビレジ」は、世界で初めてのタブレットPOSレジです。本体機器にはiPadを使用しています。ユビレジはタブレットやモバイル端末の普及とともに世界中に広がり、現在2万店舗以上で利用されています(2018年9月時点)。

ユビレジはレジアプリの機能以外に外部アプリと連携することで、幅広い業態に対応することができます。料金体系の種類も豊富で、月額料金が発生しないプランや飲食店・小売店といった業態に特化したプラン、欲しい機能をより高度にカスタマイズしたプランなどから選ぶことができます。他にも、短期のイベントでユビレジを使える短期イベントプランや、初期費用0円から始められるレンタルプランなど、お店に合ったサービスを提案してもらうこともできるようです。プレミアムプランは1か月間無料でお試しできるので、実際にユビレジを使ってみて必要な機能を検討することもできます。

レジチョイスではユビレジの初期セットを購入することができるので、ユビレジ導入をご検討中の方は是非ご覧ください。

ユビレジスタンダードレジセット

ユビレジのレシートプリンタ・キャッシュドロワのセットです。従来であれば初期費用に数十万から数百万もかかることがあったPOSレジですが、ユビレジは汎用性の高いiPadを使うので、高機能なPOSレジを低価格で揃えることができます。
さわやかな白で統一されたスタイリッシュなデザインで、お店の雰囲気に調和します。キッチンプリンタ付きのセットやレシートプリンタ・キャッシュドロワ一体型のセットもございます。

連携アプリ一覧

Flick Order:オーダーシステム/StockScan:在庫管理システム/ユビレジfor Salesforce:売上分析/楽天ポイントカード:楽天ポイントとの連動/楽天ペイ:カード決済/Coiney(コイニー):カード決済/食べログPay/Square/GMOスマート支払い/トレタ:予約システム/ぴかいちナビ:原価・勤怠・予実管理/Fooding Journal:原価・勤怠・損益管理/Win-Board.biz/freee(フリー)/MFクラウド会計/弥生会計ラインアップ/TKC「FXシリーズ」/スーパーデリバリー:仕入れ

 

Uレジ FOOD

プラン名 月額料金 機能
未公開 未公開  お問い合わせごとに都度見積もり ハンディ端末(OES)
セルフオーダーシステム(TTO)
商品登録
リアルタイム売上集計管理
売り上げ実績自動集計
予算実績
昨年対比
予約管理
顧客管理
売上管理
テーブル管理
複数店舗管理
クレジット決済
訪日中国人顧客向けスマホ・電子マネー決済
ABC自動分析:売上実績や数量実績順に集計・分析
CSVダウンロード
勤怠管理
日報機能

株式会社 USENが提供する「Uレジ FOOD」は、iPadを使ったタブレットPOSレジです。月額費用は問い合わせごとに見積もりが必要なので明示することはできませんが、音楽配信サービスで全国展開するUSENならではの万全のサポート体制が魅力です。Uレジ FOODはいち早く軽減税率制度に対応しており、軽減税率対策補助金のサポートも充実しています。

レジ専任のフォロー部署は、24時間365日体制で利用者の質問や相談に答えてくれます。電話サポート以外にも全国148か所にサポート拠点があり、レジの使い方指導などで専任スタッフが契約店に赴くこともあります。

USENではUレジ FOODに連動可能なハンディ端末「Uレジ HANDY」や、テーブルトップオーダーシステム「Uレジ TTO」も開発しています。Uレジ HANDYは通常のオーダーエントリー機能に加え、ハンディ端末を持ったホール店員がコース料理などを頼んだお客様の食事のペースを見て、料理のタイミングをキッチンに伝えることができます。Uレジ TTOは1台から導入することができるので、お店のコストに合わせて利用することができます。また、最近お店のレジシステムはそのままで導入できるテーブルトップオーダーシステム「U-Order」の提供も始まりました。USENは様々なサービスを開発しているので、契約先をまとめると連絡や支払いが効率化すると思われます。

連携アプリ一覧

Uレジ HANDY/Uレジ TTO/Uレジ Display/Uレコ : 打刻勤怠管理/USEN PAYGATE : クレジットカード決済端末/MFクラウド会計 for USEN/USEN Reservation : 飲食店向け予約台帳サービス

 

まとめ

「消費税増税」と、それに伴い対応が必要な「軽減税率」についてご紹介しました。飲料食品やテイクアウト食品、定期購読契約をされた新聞などを取り扱うお店では、増税後に複数税率に対応する必要があります。
また、国の増税対策として、キャッシュレス決済をしたお客様にポイントが還元される制度も始まる予定です。中小店舗でもキャッシュレス決済を希望するお客様が増える可能性があります。最近主流のPOSレジはキャッシュレス決済に対応できるものも多いです。軽減税率対策補助金を活用して導入できれば、お客様に多様な決済方法を提供することができます。
POSレジはたくさんの種類があるので、「どのレジが自分のお店に合っているのか知りたい」「POSレジ導入を検討したい」という方は是非コンシェルジュにご相談ください。

お店に本当に合ったPOSレジ選びをお手伝い
店舗に本当に合った
POSレジ選びをお手伝い
後悔しないPOSレジ選びを。比較・見直ししてみませんか?
軽減税率対策POSレジのご相談も承ります。
弊社がレジメーカーではない代わりに、無理な提案は一切ございません。
後悔しないPOSレジ選びを。比較・見直ししてみませんか?軽減税率対応POSレジも。弊社がレジメーカーではない代わりに、無理な提案は一切ございません。
  • Airレジで軽減税率制度を簡単に
  • 多機能レジPOS+が飲食店の悩みを解決
  • [スマレジ]レジの軽減税率対応ならスマレジ