無料POSレジ選定 複数比較でお店に最適なレジが見つかります! 詳しくはこちら

お客様を逃さないレジ周りの環境。キャッシュレス、周辺機器の整備はできていますか?

お会計に時間がかかったり、お客さんのニーズにあった会計ができていなかったりなどの問題はありませんか?昨今は、現金を使うよりもクレジットカード決済やスマホ決済をする人が増えています。そういった方は、現金しか対応していないお店は避けることもあります。

こうしたお客様を逃さないようにするためには、レジの環境を整える必要があります。今回は、今までの会計の仕方と今求められているレジ環境についてご紹介していきます。

お店でこんなお会計をしてませんか?

あなたのお店は、どういった方法でお会計をしていますか?中には、電卓で会計したり、現金のみで対応していたりするお店もあると思います。お店の業態にもよりますが、電卓で会計する方法はお客様で内訳が確認できなかったり、現金のみでの会計は、クレジットカードや電子マネー・スマホ決済を利用したい人には不便な状況になっています。

従来の方法で会計をすることが悪いわけではありませんが、近年は売上管理とレジを連携できるPOSレジの普及に加え、現金を使わないキャッシュレス決済の時代が到来しています。こうしたキャッシュレス決済の台頭にあわせ、レジ周りを整備することで、お客様はよりお店を利用しやすくなります。

今の会計の在り方

今の時代は、キャッシュレス決済が主流となりつつあります。ここではキャッシュレス決済を使うなら知っておきたい、オススメのレジ環境についてご紹介します。聞き慣れない言葉も多いですが、ぜひチェックしてみてください。

POSレジを使う

「POS」と聞くと、普段聞きなれた言葉ではないため、難しそうなレジを想像しますよね。ここではPOSレジと必要な機器を、簡単に説明していきます。

POSレジとは?

POSレジ(ポスレジ)の「POS」とは、Point Of Salesの略です。日本語では「販売時点情報管理」と訳されています。
POSレジは、インターネットを利用したレジシステムで、ネットワークを介すことで販売情報を集めて分析し、売上の改善を図ることができます。「いつ、何が、何個売れたか」という情報が、レジを見れば簡単にわかるのです。

またPOSレジの多くが商品を事前に登録できるので、レジを打ち間違えも減り、間違って操作してもすぐに取り消しなどの対応が可能です。さらに会計のスピードも上がりますし、金額の内訳もきちんとレシートへ表示させることも、もちろん可能です。

POSレジが対応している決済方法は現金だけでなく、クレジットカードや交通系ICカード、電子マネーにスマホ決済など、さまざまな手段が可能になっています。このように、多機能でスムーズなお会計ができるのがPOSレジの特徴です。

どんな周辺機器がある?

POSレジを使うときに気になるのが周辺設備。POSレジは、さまざまな機器と連携させることができ、種類によってはお店に合わせてカスタマイズすることができます。どんな周辺機器があるのか、その一部をご紹介します。

1)キャッシュドロワー

キャッシュドロワーは現金を収納する金庫のことです。会計をすると開く引き出しで、紙幣や硬貨、金券などを保管します。キャッシュドロワーには、小さいサイズから大きいサイズまです。今までのレジは、本体とキャッシュドロワーが一体となっていましたが、POSレジでは別になっているのが一般的です。

2)レシートプリンター

レシートを印刷する専用の機械です。大型のPOSレジでは一体型になっているものもありますが、タブレット型のPOSレジですと、周辺機器としてレシートプリンターを用意する必要があります。

3)ハンディ端末

飲食店では、ホールスタッフが席で注文をとります。そのときにスマートフォンやタブレットなどを利用すると、便利に注文を受けられるほか、レジで注文内容を打ち込むことなく会計できます。

4)テーブルトップオーダー

最近の飲食店では、タブレットなどを使ってお客様自身で注文してもらうところが増えてきたました。テーブルトップオーダーシステムがあれば、タブレットやiPadでお客様に注文してもらうことができます。その結果、人件費の削減になりますし、お客様も店員を呼ぶ必要がなくなるので、呼んでもなかなか来ないなどのストレスを軽減することができます。

キャッシュレス決済を取り入れる

現在、お店が現金決済のみであれば、今のうちにキャッシュレス決済を取り入れるのをオススメします。日々新しいキャッシュレス決済サービスが登場し、インバウンド対策にも大きな効果があることから、「現金対応だけなら他の店に行こう」などという顧客の流出を防ぐことができるからです。

キャッシュレス決済とは何か

キャッシュレス決済とは、現金を使用せずにお会計をする方法です。キャッシュレス決済方法の種類は、クレジットカードや交通系ICカード、電子マネー、口座振替、スマホ決済(QRコード決済・バーコード決済)があてはまります。

キャッシュレス決済は、紙幣や細かい硬貨を数える必要がないため、スピーディーに会計ができるというメリットがあります。さらに客側には、ポイントが受け取れるなどのメリットもあります。

キャッシュレス決済を取り入れないデメリット

店舗がキャッシュレス決済を取り入れない場合、近年増加する「キャッシュレス決済を利用したい客」が集まらないというデメリットがあります。

キャッシュレス決済は、スマホで簡単に支払いができるだけでなく、それに加えてポイント還元が適用されるのがお客にとってメリットといえます。しかしキャッシュレス決済ができないと、ポイントを集めることができないので、客の満足度やリピート率は上がらない可能性がでてきます。

まとめ

今までの会計の方法と、これからのオススメのレジ環境についてご紹介しました。今までの会計方法を変えるとなると、設備や新しい知識が必要になるので「めんどくさいな」と思われる方もいると思います。
しかし今後は、増税や東京オリンピックに伴う訪日外国人観光客の増加など、ますますキャッシュレス化が進んでいくとされているため、早い段階で取り入れておくと、結果的に大きなメリットにつながるといえます。

「どのレジにしたらよいかわからない」という場合は、当サイトでサービスの選定を無料でお手伝いしております。お気軽にご活用ください。

お店に本当に合ったPOSレジ選びをお手伝い
店舗に本当に合った
POSレジ選びをお手伝い
後悔しないPOSレジ選びを。比較・見直ししてみませんか?
軽減税率対策POSレジのご相談も承ります。
弊社がレジメーカーではない代わりに、無理な提案は一切ございません。
後悔しないPOSレジ選びを。比較・見直ししてみませんか?軽減税率対応POSレジも。弊社がレジメーカーではない代わりに、無理な提案は一切ございません。