【小売店向け】開業にあたって準備しておきたいことリスト

小売店を開業したいけれど、やるべきことが多すぎて何から手をつけていいか判断がつかない。このように考えられる方もいらっしゃるのではないかと思います。今回の記事ではそんな不安を解消するために、小売店をオープンするにあたって準備しておきたいことをリストアップしてみましたので、ぜひ参考にしてみてください。

資金を調達する

小売店を開業するためは多額の費用が発生します。
・店舗契約費用
・月々の家賃
・水道光熱費
・備品代
・商品仕入費用
・広告費用 など

これらの資金は自分自身であらかじめ用意しておくか、あるいは銀行や日本政策金融公庫などで融資を受けるという手もあります。融資を受けるのであれば金利などの条件をよく確認した上で手続きを進めるといいでしょう。
また、開業・企業に向けて支援制度を行っている場合もあるので、国や各自治体が提供している補助金や助成金の情報について、常に最新の動向を調べておくことをおすすめします。

レジチョイス無料相談窓口
0120-740-336
(受付時間9:00~19:00)
 ※土日祝休み

出店場所の下調べをする

開業のためにある程度の資金が集まっているのであれば、次はお店をオープンする場所を選ぶ必要があります。立地の良し悪しは売上にダイレクトに響いてくるので、地域の特色やアクセス状況、将来的な開発計画などを視野に入れて出店する土地や場所を選び、開業の準備を進めましょう。
・人口が多い、もしくは将来的に人口増加が見込める
・メインターゲットとなる層が訪れやすい
・車通りの多い道路に面している、もしくは駅やバス停の近く
・周囲に競合店が少ない など

レジチョイス無料相談窓口
0120-740-336
(受付時間9:00~19:00)
 ※土日祝休み

取り扱う商品を仕入れる

小売店の出店において一番重要なのが取り扱う商品です。魅力的な商品ラインナップは成功のカギなので、仕入先にはこだわりたいところですよね。
まずは自店のコンセプトや、ターゲット層のニーズに合う商品を提供している業者をリストアップし、各メーカーの取引条件などを確認しながら仕入れ先を確定させましょう。
・割引条件(数量取引、現金割引、手数料など)
・支払い方法(現金、掛、手形など)
・納品までの期間、搬送手段、梱包状態、運賃負担など

また、卸業者の元まで選びに行って選ぶのも良いですが、もっと手軽に商品を仕入れるには、卸・仕入れサイトを利用するのも良いでしょう

関連記事:POSレジとも連携可能!膨大な商品点数を誇る仕入サイト「スーパーデリバリー」

レジチョイス無料相談窓口
0120-740-336
(受付時間9:00~19:00)
 ※土日祝休み

店内環境を整える

出店地や販売する商品が決まったら、店舗がオープンできるように内装などを整えるために細かな準備を進めていく必要があります。店内の準備をするための準備としては以下のようなものが挙げられます。

店舗の内外装の整備を行う

・お客様が快適に買い物できるようなレイアウトや照明を考える。
・業者の過去の実績を配慮しながら施工業者を決める。
・工程表を共有してスケジュールを把握しておく。

備品を揃える

・レジや在庫管理システムを決める。
・オフィス用品や文房具を揃える。
・棚やディスプレイなどを揃える。

宣伝をする

・チラシのポスティングや配布。
・ローカル雑誌に掲載してもらう。

レジチョイス無料相談窓口
0120-740-336
(受付時間9:00~19:00)
 ※土日祝休み

開業の届出をする

お店を開業するにあたって、必ず届けを出さなければならない決まりになっています。取り扱う商品や地域のルールによって提出先や書類が変わってくる場合もありますが、ここでは基本を押さえておきたいと思います。

税務署に開業届出書を提出

・個人で開業する場合は、開業後1ヶ月以内に届出書を提出する。
・法人の場合は、設立後の登記日から2ヶ月以内に届出書を提出する。

社会保険事務所への加入

以下の条件を満たす場合は、健康保険・厚生年金保険に加入しなければなりません。
・法人企業は業種に関わらず、常時1人以上を雇用する事業所。
・個人企業は商業・工業者の場合、常時5人以上雇用する事業所。

職業安定所、労働基準監督署への加入

常時1人以上を雇用する場合は、労災保険と雇用保険への加入が必要となります。
・雇用保険の場合、雇用時の翌月10日までに職業安定所に届け出る。
・労災保険の場合、事業開始から10日以内に労働基準監督署に届け出る。

レジチョイス無料相談窓口
0120-740-336
(受付時間9:00~19:00)
 ※土日祝休み

営業を助けてくれるシステムを導入

経営を軌道に乗せて安定した収入を得るためには、日頃から情報を蓄積して経営分析を行い、また商品切れや過剰在庫を防ぐために在庫管理を徹底することをおすすめします。
小売業の経営では行わなければなければならない業務が非常に多いので、手間のかかる作業は便利なシステムを導入することで解消してしまいたいものです。

店舗の運営を手助けしてくれるシステムは数多くありますが、初めて自分で小売店を経営される方であれば「ユビレジ」の利用をおすすめします。
ユビレジはiPadを利用したタブレットPOSなので、普段利用しているスマートフォンのような感覚で直観的な操作ができ、低価格なタブレットPOSにしては機能もかなり豊富なので、店舗に合わせたプランでご利用いただけます。さらに、連携しているサービスも多いため必要に応じて後から機能を追加していくことも可能です。

在庫管理や発注業務がサポートしてくれるシステム「StockScan(ストックスキャン)」との連携によって、商品の管理やPL計算も楽になります。
また、先ほど『取り扱う商品を仕入れる』の項目でも少しだけご紹介した、卸・仕入れサイト「スーパーデリバリー」とも連動しているため、仕入れる商品の選定も快適になるのではないでしょうか。

レジチョイス無料相談窓口
0120-740-336
(受付時間9:00~19:00)
 ※土日祝休み

まとめ

小売店を開業する際には準備することがたくさんありますが、順調な経営を続けていくためにはどの工程も欠かせません。まずはリストアップした事柄を1つずつ処理していくといいですね。
また店舗の在庫回転率が悪いと、在庫過多につながってしまいます。在庫過多の状態が長く続くと商品の損傷や汚れといった事態が発生する可能性も高くなり、商品ロスにもなりかねません。小売業においては在庫過多による黒字倒産の話もよく耳にするので、過剰在庫はなるべく減らしたいですよね。小売店である以上まったく在庫を持たないわけには行きませんが、適切に処理するためにも便利なシステムを導入し、日々の在庫状況の確認・分析を行いましょう。

今回は『初めて小売店を出店される方にはユビレジがおすすめ』とご紹介致しましたが、業態によって最適のPOSシステムは変わってきますので、お悩みの方は一度レジチョイス コンシェルジュまでご相談ください。

コンシェルジュへのご相談はコチラ