無料POSレジ選定 複数比較でお店に最適なレジが見つかります! 詳しくはこちら

iPod touchの最新版がついに登場!!第7世代はハンディにも役立つスペックだ

突然5月28日に、iPod touch 第7世代の発売が発表されました。前世代となるiPod touch 第6世代が発表されたのが、2015年の7月でした。ですので約4年ぶりとなる、iPod touchの待望の最新版となります。あまりに第6世代の発売から時間が経っていたので、「もしかしたらこのままiPod touchの生産が終了してしまうのではないか?」という不安の声も上がっていました。しかし今回の発表で、一安心された方も多いと思います。

そこで今回は、新しく発表されたiPod touch 第7世代のスペックや、レジのどのようなシーンで活躍を見せてくれるのか、また気になるお値段などをご説明していきたいと思います!

iPod touch 第7世代のスペックは?

第6世代から進化したという点で最もわかりやすいのは、ストレージの容量かと思います。第6世代での容量は、16GBと32GB、そして128GBという製品のラインナップでした。しかし今回のラインナップはそれを一回り超えて、32GBと128GB、そして256GBという大容量へと大幅にシフトしたという点が大きいです。

iPod touch 第7世代で大きく進化した点がもう一つあるとすれば、CPUに「A10 Fusion」が搭載されているということです。このプロセッサーはiPhone 7やiPhone 7 Plus、そして2018年に発売された第6世代のiPadと同じチップです。iPod touch 第6世代のCPUは「A8」を搭載していたので、ここでも飛躍的な進化があったことがわかります。

逆に変わらないのはサイズと重さです。サイズは縦123.4㎜・横58.6㎜・厚さ6.1㎜・重さ88gと、第6世代と全く変わりません。第5世代もほぼ同等でした。従来のコンパクトさはそのままに、高い性能に進化したということですね。ディスプレイは4インチで、画素密度は326ppiとなっています。画像の粗さは全く気にならない仕様となっています。

どんなところで活躍するの?

なぜレジチョイスで、音楽プレーヤーであるiPod touch 第7世代の詳細を説明しているのか、疑問に思っている方もいらっしゃるかもしれません。実はいくつかのPOSレジでは、iPod touchが大活躍する機能があるのです。

最もiPod touchが活躍すると思われるのは、飲食店系のPOSレジで多く使われる「オーダーエントリーシステム」で使われる端末です。オーダーエントリーシステムで使われている端末として、パッと思い浮かべることができるのは、よく飲食店の店員さんが注文の時に手に持っている、あの端末をイメージしてもらえるとわかりやすいと思います。正確には「ハンディターミナル」と呼ばれるものなのですが、このiPod touchにアプリをインストールすれば、ハンディターミナルへと早変わりするのです。

また、飲食系のPOSレジだけではなく、小売店系のPOSレジでもiPod touchが活躍する場があります。それは在庫管理の棚卸の時です。在庫管理の際に、商品のバーコードを読み取るハンディターミナルとして利用が可能という点で、iPod touchが大活躍するPOSレジもあります。

気になる価格は?

さて、気になるのはiPod touch 第7世代の価格です。音楽プレーヤーとしての機能もさることながら、コンパクトでハイスペックなのだから、やはり値段は気になるところですよね。オーダーエントリーシステムのハンディに使うにしろ、在庫管理のハンディに使うにしろ、専用のハンディターミナルの方が安いのでは、と思ってしまうでしょう。

ですがiPod touch 第7世代のお値段は、それほど高いものではありません。まず、32BGが21,800円となります。128GBが32,800円、256GBが43,800円となりますが、実際オーダーエントリーシステムのハンディターミナルとして利用するには32GBあれば十分です。なので32GBの21,800円という低価格で購入が可能です。128GBや256GBのものは、音楽プレーヤーとしてもご利用されるという方は別として、ハンディターミナルとして利用するだけならば明らかにオーバースペックとなるので、購入するときには注意した方がよいでしょう。

まとめ

今回満を持して発売されたiPod touch 第7世代ですが、単に音楽プレーヤーとしてのスペックだけでなく、オーダーエントリーシステムのハンディターミナルとしても大活躍してくれるだけの能力も持ち合わせているのがわかりました。非常にコンパクトなので、普段はポケットに入れて持ち歩くといったことが当然ながら可能です。そのサイズは、シャツの胸ポケットに入れてもはみ出さないくらいなので、エプロンのポケットに入れても何ら問題はありません。ちなみに色は、シルバー、スペースグレイ、ゴールド、ブルー、ピンク、(PRODUCT)REDがあります。

ここで一点注意したいのはバッテリーの持ちです。連続再生時間は約40時間とされていますが、画面を点灯した状態や、通信を利用して使っている場合には、バッテリー持ちは短くなります。ですので頻繁に使うという場合は、モバイルバッテリーが必要になってくるでしょう。

とはいえ、比較的に低価格でハンディターミナルとしても利用ができるiPod touch 第7世代。高価な専用ハンディターミナルのご購入を検討されていた方は、これを機にiPod touch 第7世代の購入を視野に入れてみてはいかがでしょうか?

お店に本当に合ったPOSレジ選びをお手伝い
店舗に本当に合った
POSレジ選びをお手伝い
後悔しないPOSレジ選びを。比較・見直ししてみませんか?
軽減税率対策POSレジのご相談も承ります。
弊社がレジメーカーではない代わりに、無理な提案は一切ございません。
後悔しないPOSレジ選びを。比較・見直ししてみませんか?軽減税率対応POSレジも。弊社がレジメーカーではない代わりに、無理な提案は一切ございません。

関連タグ