無料POSレジ選定 複数比較でお店に最適なレジが見つかります! 詳しくはこちら

【無料】iPadで使えるPOSレジ5選

業種を問わず、店舗を経営している方の中には、場所も取らず手軽に利用できる、POSレジの導入を検討する方も増えているのではないでしょうか。POSシステムには、大きく分けて据え置き型のレジスターと、タブレットにアプリをインストールして利用するタブレットPOSが存在します。置き型レジスターの導入の場合、機器本体の代金やネットワークシステムなど、多額の費用が発生してしまいますが、タブレットPOSの場合は端末さえ用意できていれば、無料で利用スタートできるサービスも存在します。

POSレジには管理機能や分析機能など、便利な機能が搭載されているものが多く登場しています。けれどそこまで複雑な機能は必要としておらず、最低限の会計機能さえあればいいと考える人も少なくありません。

そこで今回は、今回は、基本的な機能があれば十分という方へ、無料プランがあり、iPadで利用できるPOSレジをご紹介します

iPadのPOSレジで導入時にかかる費用とは?

無料で始められるタブレットPOSですが、手元にiPadなどがなければ、当然のことながらタブレットの代金がかかります。他にも周辺機器などをそろえたり、回線代などがかかったりするので、いくらか必要な費用が出てきます。ここでは導入時に必要なものをピックアップし、どの程度の費用がかかるのか見ていきましょう。なお、こちらでご紹介する周辺機器代は、Airレジで公表されているものです。また、回線代はWiMAXの回線を参考としています。

「えっ、レシートプリンターとキャッシュドロアーも買わないといけないの!?」という方、後半では最安値導入の方法や、『一体型製品』もご紹介していますので是非ご確認ください。

iPad 9.7インチ 37,790円
レシートプリンター 36,900円~
キャッシュドロワー 7,980円~
バーコードリーダー 34,800円
回線代 月額2,726円~

プラス、設置費用やサポート費用などが発生する場合もあります。こちらに関してはメーカーによって、任意であったり、元々用意していなかったりと内容は変わってきます。

iPadを利用して、月額無料で使えるPOSレジ5選

それではiPadを使って、月額無料でスタートできるタブレットPOSを見て行きましょう。

①スマレジ

株式会社スマレジが提供する「スマレジ」は、低コストかつ高機能で導入できるクラウドPOSレジです。iPadやiPod Touchを用いて利用でき、全国71,000店舗以上で利用されています。

スマレジは、拡張性に優れているので他社システムとも連携可能で、外部のシステムと組み合わせることによってさらに快適な使用が期待できます。

無料プランでできること

0円で利用できる「スタンダードプラン」は、使える店舗数が1店舗と制限がありますが、POSレジに必要な機能は一通り搭載されている、非常におトクなプランです。

会計保留

並んでいるお客さまから事前に注文を受け付け、会計を保留にできる機能です。

個別会計

割り勘を希望された場合に分けて会計できます。

クイックコマンド機能

「会員値引」「社員割引」「無料サービス」などをショートカットボタンで登録できます。

無料プランで制限されていること

それでは無料プランで制限されていることは、どんなものがあるのでしょうか。ここでは有料プランの機能をいくつか紹介していきたいと思います。

商品点数10万点

商品登録が10万件まで可能となっています。無料プランは1,000件までとなっていますのでその差は歴然です。

複数店舗管理

多店舗管理によって、店舗毎やエリア毎の管理や売上集計ができます。

PL管理

予算達成状況の予実と経費を考慮した損益をあわせて確認することができる機能です。

ユーザー閲覧権限設定

管理画面にログインするユーザーの権限を設定することが可能です。

API利用

外部システムと連携するためのプログラミングインターフェース、スマレジAPIが利用可能となっています。

会計サービス連携

会計ソフトのFreeeや、弥生会計、MFクラウドなど、様々な会計サービスとのシームレスな連携が可能です。

>レジチョイスでスマレジ導入相談ができます
>ショールームでスマレジ実機を体験する

スマレジについてはより詳しくまとめた記事もありますので、こちらもご覧ください。

スマレジは無料からスタートできる高機能POSレジ。費用対効果の良さはバツグン

②ユビレジ

株式会社ユビレジが提供する「ユビレジ」は、iPad専用で利用できるPOSレジです。飲食店を中心にさまざまな業界で利用されており、継続率は99%という調査結果が出ています。満足度が非常に高いことがわかりますね。

無料で使える機能

無料で使える「お試しプラン」でも利用できる機能の一例を紹介させていただきます。

会計入力

商品一覧から選択、支払い方法、金額入力といった一連の会計操作ができます。

会計テンプレート機能

よく売れる商品や客層タグなど、あらかじめ入力した状態の会計をテンプレートとして保存できます。

メモや写真を残す

会計ごとにメモや写真を入力することも可能です。

会計保留

会計を保留にして後で再開することができます。

単品値引き・割引機能

商品ごと値引きや割引も可能です。

個別会計

会計の個別に分割できる機能です。

全体の値引き・割引機能

合計金額に対して値引きや割引ができる機能です。

VOID

会計の取り消しをすることができます。

無料プランで制限されること

以下の機能は、有料プランでのみご利用いただけます。

電話サポートプレミアム

365日、10:00~22:00の間、電話にてお困りごとを相談・サポートします。

ポイント連携機能

楽天ポイントカードが、実店舗で利用できるようになります。ポイントの処理がレジから簡単に操作できる機能です。

売り上げ共有機能

他店舗の売上を確認することができます。これにより、全店の売上を見ることが可能です。

レポート機能

売上の共有を設定している複数店舗の売上・会計数のサマリを確認することができます。

在庫管理機能

入力した売上データが自動的に反映され、在庫数をリアルタイムに確認することが可能です。

>レジチョイスでユビレジの導入相談ができます

 

③Airレジ

株式会社リクルートライフスタイルが提供する、iOS専用のPOSレジアプリ「Airレジ」。iPhoneやiPadとネット環境さえあれば、0円から始めることができ、面倒な会計作業が簡単に行えるようになります。2018年9月の時点で全国364,000以上の店舗で導入されており、国内No.1の実績を誇っています。

無料でできること

Airレジはほぼすべての機能を無料でご利用いただけます。ここでは標準的な機能を見て行きましょう。

商品入力

商品をタッチするだけで簡単に注文を入力できます。

割引・割増

会計ごとに割引・割増設定が可能で、商品ごとの設定可能ですよ。

支払い方法

クレジットカード・電子マネーなど現金以外の支払手段が選択できます。

レシート出力

レシートプリンターを使えば紙レシートの出力が行えます。

領収書発行

会計時に領収書を発行することも可能です。

オフライン機能

ネット接続されていない時でも会計機能の一部が利用できるので安心ですね。

個別会計

同じ伝票でも個別の会計が可能です。

伝票一覧

会計前の伝票を、複数同時に扱うことができます。

会計前レシート

現在の注文内容と会計金額のレシートを出力することも可能です。

無料プランで制限されるもの

Airレジはすべての機能が無料で使えます。ですが、ほかのAirシリーズとの連携をする場合は、その性質上有料となってくる場合もあります。

Airペイ・Airペイ QRなど

クレジットカードや電子マネーなどの取扱いができるAirペイでは、決済手数料が3.24%~かかります。QRコード決済サービスを扱うAirペイ QRでは、3.24%と決済手数料は固定です。

>エアレジ公式サイト・お申込みはこちら

 

④スクエアレジ

スクエアレジ」は、アメリカのカリフォルニア州に本社を構える、Square株式会社が提供する無料のPOSレジアプリです。iOSとAndroidの端末に対応しているので、導入に際して新たな機種を揃える必要がなく、お手持ちの端末を使って利用開始できます。Apple製品に対応したものが多い中、Android端末も利用できるのは嬉しいポイントですね。世界中では、約200万以上の事業者が利用しており、高い評価の声が届けられています。また、本来であれば7,980円かかる、「IC カード対応 Square Reader」という決済端末が、キャッシュレス・消費者還元事業のおかげで無料で導入できるようになるというのもうれしいところです。

無料でできること

スクエアレジは基本無料で、以下の機能が利用できます。

支払い機能

伝票ごとに注文の追加・保存が行えます。会計が必要な時はすぐに伝票を読み出すこともできます。

特定伝票にアクセスする

伝票名・最終更新時間・合計額などにより伝票の検索・読み出しも簡単に行えます。

ネット接続が不安定でも問題なし

オフライン時にも伝票の保存・編集が可能なので安心して利用できるでしょう。

印刷機能

追加注文の際、キッチンプリンターで追加分のみをすぐに印刷してくれる機能です。

個別精算機能

個別で清算できる機能です。複数のカード利用や、現金とカードの組み合わせにも対応しています。

複数の端末間でも同期可能

伝票は同じアカウントでログイン中の端末同士で同期されます。たとえば飲食店で注文を取った端末と、会計の端末が違った場合でも対応できます。

無料プランで制限されること

以下のものは有料となります。

従業員管理

従業員の役割やアクセス権限の設定、各従業員のレポート分析や出勤・退勤時間の管理を行うことが可能となっています。

>スクエアレジ特集を見る

 

⑤ロイバースPOS

ロイバースPOSはヨーロッパで開発されたタブレットPOSシステムで、日本での販売代理店として株式会社ナンバーワンソリューションズがアプリを提供しています。世界的に広がりを見せる人気POSアプリで、iOSとAndroid端末に対応しています。ですので、iPadだけでなく、Android対応のスマートフォンやタブレット端末でもご利用いただけます。Androidアプリのダウンロードだけでも10万を超えており、その評価も4.7と高い評価を得ています。ただし軽減税率対策補助金の対象でないことだけ、注意しておきましょう。

無料プランでできること

ロイバースPOSのかなり多くの機能を、無料プランで利用することができます。

ロイバースPOSレジ

複数店舗管理、売上管理、在庫管理、顧客管理などを行うことが可能です。

ロイバースダッシュボード

売上管理と顧客管理については、いつでもどこでもリアルタイムできることができます。

ロイバースKDS

OES(オーダーエントリーシステム)も無料で利用できます。

ロイバースCDS

カスタマーディスプレイのことで、別のタブレットを使って、お客様にお会計金額を提示することもできます。

無料プランだと何が制限されるの?

有料プランとなってしまうのは、以下のものになります。

従業員管理

従業員のアクセス権管理や勤怠管理、従業員別の売上実績管理などは有料プランとなっています。

高度な在庫管理

有料プランでは、発注書の作成・在庫評価レポートの表示・詳細な在庫管理などの「高度な在庫管理」が利用できるようになっています。

 

iPadレジの周辺機器で最低限必要なもの

今回紹介したタブレットPOSは、無料で利用を開始できるものばかりですが、より快適に使う上で見過ごせないのが周辺機器の存在です。とくに以下の二つを一緒に利用すれば、さらに便利にお使いいただけるでしょう。

キャッシュドロアー

お金の保管に欠かせないキャッシュドロアー。従来のレジスター型であれば、レジと一体化して提供されていましたが、タブレットPOSでは別途用意しなければなりません。タブレットPOS導入の際には、キャッシュドロアーも揃えているのをおススメします。

レシートプリンター

紙レシートを発行する際に必要となるのが、レシートプリンターです。最近では、電子レシートも増えていますが、軽減税率対策に合わせて税率8%・10%の表記が必要になることを考えると、紙レシートの需要は続くと考えられます。

最近では据え置き型のレシートプリンターのみならず、スタッフのベルトにつけて持ち運び可能な、軽量なタイプも登場しています。野外イベントや移動販売で使うという場合は、こちらのほうが良いですね。業態やお店の規模によって、どういったタイプのプリンターが最適かは変わってくるでしょう。

POSレジアプリによっては、利用できる周辺機器が指定されているケースもあるので、利用したい周辺機器に合わせて、アプリを選ぶのも一つの手段です。

費用をかけたくない場合

裏技的にはなりますが、どうしても最安値での導入がいいのであれば、お金の格納は何かの箱を使って、iPadは手持ちのものを使い、レシートプリンターだけ買えば、簡易的でありつつも会計ができて、売上データがとれるPOSレジ設備が完成します。ただし「持っているiPadのバージョン・OSは各レジアプリが対応しているか」は見ておきましょう。

キャッシュドロアー+レシートプリンターの一体型も

iPadレジの入門としておすすめしたいのがスター精密製のmPOP、これはキャッシュドロワーとレシートプリンターが一体となっているタイプです。2つ別々に用意すると接続も大変であったり、費用が気になりますが、一体型になっているためこちら1つのみで済むというのが魅力です。スペースも取らずに済みます。

iPad POSレジには軽減税率対策補助金対象の製品も

iPadで使えるPOSレジには、軽減税率対策補助金対象の製品も多くありました。※現在は補助金申請の期間が終了しています。

軽減税率対策補助金とは、消費税10%への増税に向けて実施される中小企業・小規模事業者への補助金制度です。消費税軽減税率制度への対応が必要となる対象事業者が、複数税対応レジの導入やシステム改修を行うにあたり、経費の一部を国が補助してくれる制度となっています。

期間

補助対象期間:2016年3月29日~2019年9月30日

※レジの購入日が2016年3月28日以前である場合は補助対象期間外です。

補助金交付申請受付期間(消印日):2016年4月1日~2019年12月16日

補助額

レジ1台にあたり20万円、複数台数申請等については1事業者あたり200万円が上限となっています。

まとめ

以前はPOSレジの導入というと、多額の費用がかかりがちで、導入している店舗といえば大手チェーンがほとんどでした。しかし低コストで始められるタブレットPOSの登場により、中小企業や個人経営のお店であってもPOSレジを導入する店舗が増えています。

消費増税に伴い、複数税に対応したレジ・システムの導入や改修に追われている店舗も少なくないかと思われます。iPadなどに対応したタブレットPOSレジは、複数税にも対応しているものがほとんどです。

まずは基本的な会計機能のみの利用を考えているのであれば、無料でスタートできるiPadレジの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

なお、今回は「基本的な会計機能のみ」で絞ってご紹介しています。当然ながらハンディを使う場合、機能に充実性を求めるなら無料では使えませんので、有料プランを検討しましょう。こちらの記事もおすすめです。

タブレットPOSレジ【25社を徹底比較】随時更新中!

お店に本当に合ったPOSレジ選びをお手伝い
店舗に本当に合った
POSレジ選びをお手伝い
後悔しないPOSレジ選びを。比較・見直ししてみませんか?
軽減税率対策POSレジのご相談も承ります。
弊社がレジメーカーではない代わりに、無理な提案は一切ございません。
後悔しないPOSレジ選びを。比較・見直ししてみませんか?軽減税率対応POSレジも。弊社がレジメーカーではない代わりに、無理な提案は一切ございません。