無料POSレジ選定 複数比較でお店に最適なレジが見つかります! 詳しくはこちら

レジの在庫管理機能、商品管理機能はどんなことができる?なんとここまで進化していた!

アパレル店などに代表される一般的な小売店で、絶対的に欠かせない管理機能のひとつとして、在庫管理が挙げられるかと思います。お客様からの注文が多く、多めに在庫を用意していたのに、実際は売れ行きが不振で在庫の山を抱えることは避けたいです。かといって逆に、死に筋の商品だと思われていたものが、実際はお客様からかなりのニーズがあり、いざという時に在庫がなくて頭を抱えてしまうということも避けたいものです。

こういった時にしっかりとした在庫管理がバランスよく行われていれば、困ることはありません。そうした在庫管理をスムーズに行うことができるようにしてくれるのが、POSレジのシステムです。最近のPOSシステムではとても便利な在庫管理機能が備わっています。

今回は在庫管理機能とは何か、在庫管理機能でできることを解説していきたいと思います。

在庫管理機能とは?

「POSレジ」と聞くと、レジ機能や売上管理機能を、真っ先に思い浮かべる方も多いと思います。しかし、POSレジシステムには在庫管理機能が備わっており、発注や仕入れ・棚卸・店舗間移動・在庫変動履歴など様々な機能を有しています。

POSレジシステムにおける在庫管理機能はとても便利にできています。基本的には現場で、ハンディターミナルを使って在庫のデータ入力を行います(この際特定のPOSレジシステムによっては、iPhoneやiPadがハンディターミナル代わりとなるものもあります)。その後、バックヤードでデータ登録を行い、PCの管理画面あるいはPOSレジで現在ある在庫の点数管理や、売れた在庫の販売管理などの確認などを行うことができます。このデータはPCの管理画面やPOSレジで修正することもできます。

これらのデータは店舗内で活用するだけではなく、本部のサーバーにデータを上げ、リアルタイムで在庫管理ができるようになっています。これで多店舗展開をしているお店は、他の店舗にある在庫も確認することができるというわけです。

ちなみにこういったPOSレジシステムを駆使した在庫管理の操作は、非常に簡単で直感的に行えるようになっているので、誰でも手軽に行うことができ、今までかかっていた手間を省くことができるといったメリットもあります。

在庫管理機能でできること

それでは具体的に、在庫管理機能でできることとは何があるのでしょうか。ここでは基本的なPOSレジシステムの在庫管理機能をご紹介していきたいと思います。

発注・仕入について

仕入先への発注情報をPOSレジシステムに入力し登録しておくことで、入荷担当者にどの商品がどのくらい届くのかを、前もってお知らせすることが可能になっています。事前に通知がなされるので、入荷担当者が行う入荷作業のミスが最小限に抑えられるといったことができます。また、発注した際に、どの店舗にいくつの商品が入荷したのか、といったことが確認できる機能がついているPOSレジシステムもあります。

他にも発注・仕入に関しては様々な機能があります。具体的には以下の機能が挙げられます。

  • 発注登録:発注情報を登録できます。
  • 配分機能:発注した際に、各店舗の入荷数を個別に指定することができます。
  • 発注履歴:過去の発注履歴を検索したり表示したりといったことができます。
  • 入荷予定:発注時に指定した日付情報から、入荷予定を表示します。
  • 入荷一覧:入荷登録を行った後、過去の入荷履歴を検索・表示ができます。
  • 仕入一覧:月次または、仕入先毎の入荷が完了した商品を一覧で表示できます。
  • 出荷登録:出荷する商品の出荷情報を登録を行います。
  • 出荷一覧:過去の出荷履歴を検索・表示ができます。

棚卸について

棚卸の際は、専用のハンディターミナルでバーコードをスキャニングし、棚卸管理を行うことができます。POSシステムによってはiPod touchやiPadで、ハンディターミナルの代用ができるので、その場合は高価なハンディターミナルは必要ありません。

POSシステムによっては様々な方法があり、「棚番号別」と「部門別」の二つの角度から管理を行う方法、予定数に対して実測値を入力する方法、一点ずつスキャンしていく方法、手入力でチェックしていく方法などがあります。

これらを行うことで、理論在庫と実在庫との差異を把握することができます。この際、データ上で、在庫最小数に達した場合、在庫切れリストに自動に追加して、在庫切れを防止するといった機能を有するPOSシステムもあります。

また、あらかじめ商品ごとに設定した在庫数を下回ったり、在庫が突然無くなってしまった場合などに、自動的にアラートを出してくれる「アラート機能」を備えているPOSレジシステムもあるのでとても便利になっています。

店舗間移動について

店舗間での入出庫を、POSシステムの管理画面から、もしくはiPadなどにインストールしたアプリから行うことが可能です。

大まかな流れとしては、まず在庫を送ってほしい店舗から「出庫依頼」を送ります。出庫の依頼を受けた店舗は、出庫を承認して商品を出庫します。そして、届いた商品を入庫する、という流れで店舗同士で在庫の移動を行います。入庫する店舗では入庫予定に基づいて、検品も行っていくというものもあります。

これら店舗間移動に関しては、管理画面で行えるだけでなく、iPadやiPod touchといった端末からも操作が可能となっているPOSレジシステムもあり、容易に店舗間移動の操作、および確認ができるのが魅力的な機能となっています。

在庫変動履歴について

在庫変動履歴は、在庫が移動した履歴を、すべて見ることができる機能となっています。この機能を使うことで、現在の在庫を確認するだけではなく、特定の商品がいつ、どのくらい入荷して、どのお店で保管または売れたのかを、時系列を追って確認することが可能となっています。

在庫の変動を容易に確認できるので、理論在庫と実在庫の差異が生じたという時には、原因を速やかに特定するといったことが可能になります。

また、店舗をまたいで特定商品の在庫数や、在庫変動履歴を参照することも可能となっています。さらに、誰がいつどこで何を何個、どのような理由でロスしたのかという詳細を記録しることができる、ロス登録という機能があります。他にも、過去に発生したロスの履歴を検索したり、一覧表示するといった機能もあります。

在庫変動履歴については、その特性上視覚的に確認することが容易となっているので、様々な観点から簡単に管理することができるようになっています。それをもとに分析なども行えるので、非常に便利な機能といえます。

まとめ

在庫管理は小売店を営む上では、絶対的に必要な工程となっています。その管理がPOSレジシステムで、とても簡単に行えるようになっているというのがおわかりいただけたかと思います。クラウド上でリアルタイムに管理がなされるので、例えば多店舗展開をしているお店では、より一層活躍してくれる機能です。

POSレジシステムの活躍により、今まで負担となっていた在庫管理業務の負担軽減につながったり、実施するのが難しかった在庫変動履歴の視覚的な確認ができたりと、様々な問題が解決できるようになっています。

これを機に在庫管理を見直し、優れた在庫管理機能を有したPOSレジシステムを導入してみてはいかがでしょうか。

お店に本当に合ったPOSレジ選びをお手伝い
店舗に本当に合った
POSレジ選びをお手伝い
後悔しないPOSレジ選びを。比較・見直ししてみませんか?
軽減税率対策POSレジのご相談も承ります。
弊社がレジメーカーではない代わりに、無理な提案は一切ございません。
後悔しないPOSレジ選びを。比較・見直ししてみませんか?軽減税率対応POSレジも。弊社がレジメーカーではない代わりに、無理な提案は一切ございません。

関連タグ