タブレットPOSにかかるコストとは?イニシャルコストとランニングコストを調べました!

コスト 悩み イメージ

タブレットPOSに興味はあるけれど、初期費用や維持費を考えると二の足を踏んでしまうということもあるかと思います。今回はタブレットPOSを導入する時にかかるイニシャルコスト、維持にかかるランニングコストについてご紹介させていただきます。導入検討前の費用参考にしていただけたらと思います。

タブレットPOSにかかるイニシャルコスト

イニシャルコスト イメージ

まずは、タブレットPOSの導入にかかる費用について見ていきましょう。

タブレット代

POSレジアプリは機種によって対応していないものもあるので、モバイル端末を揃えるのにまず費用がかかるというケースもあります。iPad専用POSアプリの導入を検討されている場合は、端末を揃えるのに約3万円からの費用が必要となります。また、飲食店などでセルフオーダーやハンディにタブレットを使う場合は台数分の金額がかかります。

周辺機器

タブレットPOSの場合、キャッシュドロワやレシートプリンターなどの周辺機器は別途で揃える必要があるので、そちらの費用もかかります。一般的な例をあげるとレシートプリンターには3~4万円程度キャッシュドロワは7千~1万円程度を見ておくといいでしょう。またクレジットカード決済への対応を検討している場合はカードリーダーも必要となりますが、こちらはキャンペーンによって実質無料で手に入ることもあります。

初期費用

タブレットPOSには無料で利用できるアプリもあるので、その場合は初期費用もかかりません。メーカーによっては導入に際して数十万円の初期費用が設定されているものもあります。また初期費用が無料である場合も、周辺機器の購入価格が高く設定されていたり、欲しい機能がついていなかったりすることもあるので、各メーカーをよく比較して自店舗の要求に合ったPOSシステムを選ぶ必要があるでしょう。

導入にかかる費用をトータルすると10万円代から80万円程度になるので、レガシーPOSに比べるとかなり費用負担を抑えることができます。また業種や取り扱い商品によっては「軽減税対策補助金」の対象になる場合もあり、最大40万円の補助金を受け取ることが可能です。

レジチョイス無料相談窓口
0120-740-336
(受付時間9:00~19:00) ※土日祝休み

メールでのお問い合わせ

タブレットPOSにかかるランニングコスト

ランニングコスト イメージ

次に、タブレットPOSの運用や維持にかかる月々の費用を見ていきましょう。

月額費用

必要最大限の機能だけで問題ないのであれば月額費用0円で利用できるアプリやプランが各社から登場しているので、お得にご利用いただけます。機能をさらに追求したいという場合、メーカーやプランによって差は出て来ますが一般的に5千~3万円程度で見ておくといいでしょう。

通信費用

POSレジのデータをクラウド上で管理するために、大抵の場合はインターネット回線が必要となります。現在すでに店舗でネット回線を利用しているという場合は同一回線を利用することも出来なくはないですが、速度などを安定させるたまにも専用の回線を引き直した方が無難です。ネット回線を新たに用意する場合、メーカーによって対応できる回線は変わってきますが3千~1万円程度になります。

カード決済手数料

クレジットカード決済を導入する場合には、月額費用などはかかりませんが決済手数料が発生します。たとえばモバイル決済サービスとしても有名なSquareの場合は3.25%の手数料となっています。

サポート費

月額費用が極端に安いサービスを利用する場合、別途でサポート費用を上乗せされる場合があります。こちらもメーカーによって設定されている費用は異なり、月額費用や初期費用に含まれていて追加料金0円で利用できるサービスもあれば、高い場合は5千円程度かかってしまうサービスもあります。

タブレットPOSには無料から始められるものもありますが、手厚いサポートや充実した分析機能や管理機能を求めるのであれば、相応の費用負担を見越しておいた方がいいかもしれません。POSシステムにどのような機能を求めているのか、最低限の会計処理機能や分析機能さえ揃っていればいいのか、あるいは手厚いサポートやより高度なシステムを必要としているかどうかによって、最適となるタブレットPOSは変わってきますので、お店の規模や経営状態とよく照らし合わせて検討してください。

レジチョイス無料相談窓口
0120-740-336
(受付時間9:00~19:00) ※土日祝休み

メールでのお問い合わせ

まとめ

コスト 解決 イメージ

一昔前は、POSレジと言えば費用負担の大きいレガシーPOSばかりでしたが、最近のタブレットPOSはレガシーPOSに劣らない機能を持ちながらも安価に導入することができるようになっています。
タブレットPOSを利用するためにもそれなりの費用がかかってきますが、店舗を運営するにおいて作業効率が上がることは間違いありません。POSシステムの導入によって作業効率が上がれば人件費の削減に繋げることもできますし、分析機能を上手く活用することによって売上アップを狙うことも可能です。
またお客様のニーズは常に変化しており、当然お店に求められることも変わってくるので、お店側は求めに応じた対応を取る必要に迫られます。お客様の要望にしっかり応え、この先も長く安定した経営を続けるためにも、時代の変化にあわせて対応できるタブレットPOSの導入をご検討されてみてはいかがでしょうか。

POSレジ導入に関する不明点や疑問がある場合、また一括見積りをご希望の方はレジチョイスにご相談ください。コンシェルジュがお店のニーズに合ったレジのご案内を行っています。無料ですのでお気軽にご利用ください。

<タブレットPOSの一括見積もりをご希望の方はコチラ>

レジチョイス無料相談窓口
0120-740-336
(受付時間9:00~19:00) ※土日祝休み

メールでのお問い合わせ