飲食店開業時に知っておきたいPOSレジ・レジスターの選び方【基礎編】

飲食店の開業時、必要なものの一つとしてPOSレジが上げられます。戦略的な販売計画・経営計画を遂行できるか否かはPOSレジ・レジスターの選び方で決まるといっても過言ではありません。レジチョイスでは、飲食店を開業される予定の方向けにレジの選び方についてご紹介してまいります。

必要なレジを浮き彫りにしてくれる8つの質問

まずは自分のお店に必要なレジとは、どのようなものがいいのかを考えていきましょう。しかし、いきなりどのようなレジが必要なのか?と自身に問いかけたところで、何も無い状態で考えるのは難しいかと思います。そこで、下記の8つの質問を自分に問いかけてみてください。

  • あなたのお店の席数はどれくらいですか?
  • テラス席はありますか?
  • 2階席や個室はありますか?
  • ホールスタッフは何名程度ですか?
  • 取り扱うドリンクやフードメニューの幅はどれくらいですか?
  • 飲み放題・食べ放題メニューはありますか?
  • お店への集客方法は何を検討していますか?
  • 多店舗展開を予定している・野望はある?

いかがでしょうか?お店に必要なレジが少しみえてきたのではないでしょうか?例えば、1~4の質問では、レジのOESシステムが必要かどうかということが分かります。(OESシステムとは?「飲食店に必要なオーダーエントリーシステム(OES)を導入する5つのメリット」)また、5~6の質問では、登録商品数やカテゴリーなどの上限に合わせたレジ選びをすることができます。基本的にPOSレジを導入するのであれば、商品登録数やカテゴリーは気にすることはありませんが、商品があまりかわらずに固定であれば、レジに登録できる上限の数で電子レジスターを選ぶという選択肢を加えることができます。7の質問は、飲食店の集客方法の一つとして“食べログ”や“ぐるなび”、“ホットペッパー”といったものを検討しているのであれば、これらのメディアと連携したレジという条件をレジ選びの選択基準の一つにすることができるはずです。

自分の基準からはじめる2つのレジ情報収集法

口コミ

上記の質問でぼんやりとみえてきた理想のレジを踏まえて、つぎのステップではレジの情報の集め方にフォーカスしていきます。レジの情報収集方法としては大きく分けて2つ、口コミとネット検索です。口コミは以前働いていた飲食店経営者や、知り合いの店舗経営者の方からの生の情報です。口コミの情報の良い点は、具体的な操作方法や活用方法を実体験として伝えてくれるので、リアリティのある情報として受け入れることが出来ます。そして、自分が利用するイメージもつかみやすいので理想のレジのイメージをより明確にすることができるはずです。そして、もうひとつの情報収集源としてはインターネットです。しかしネット上は情報が冒頭でも述べたようにどこから手をつけてよいのかが分かりません。そこで、一番初めに決めた内容を元に、検索キーワードを決めて検索することをおススメします。例えば、「食べログ、多店舗展開、OES、レジ」といった具合に検索してみましょう。そこから、上位10個のサイトから情報をあつめていきましょう。

レジ業者を3~5社ピックアップ

情報を在る程度確認でき、興味がわくレジ・POSレジを3~5つほどピックアップしておきましょう。そして、それらのピックアップしたレジメーカーのサイトに直接訪問し問い合わせて見ましょう。もし可能であれば、ピックアップしたレジメーカーのショールームに訪問するのも良いかもしれません。ショールームにいけない距離であれば、デモ機を使えないのかを相談してみるのもよいかもしれません。まずは直接触って見ましょう。ちなみにレジチョイスがそれぞれでおススメする情報として下記も参考にしてください

  • 飲食店におススメする【セルフオーダリングシステム】4選
  • 食品系小売店と飲食店がPOSレジを導入するメリットとは?レジチョイスが解説します

やってはいけない情報収集方法

ng

一番やってはいけない情報収集方法としては、比較見積もり系のサイトで問い合わせるというものです。一括で見積もりも出来て多くの業者から連絡が来るので便利!と利用される方が多いようですが、これらのサイトを利用すると何十社からも連絡が来てしまい、最終的に業者とのやり取りがわずらわしくなってしまい「レジなんてどれでもいいよ。安ければいいや!」という形になってしまい、業者任せになってしまいます。その結果、レジを導入した後に色々と問題が発生してしまい、合計の費用が高くついてしまう場合や手間がかかってしまう恐れがあります。

まとめ

まずは、自分の店舗ではどのようなレジが欲しいのか、好ましいのか?という理想のレジをイメージしましょう。レジでこんなことが出来たらいいのに!を箇条書きにするのもよいかもしれません。“こんなことが出来たらいい”を箇条書きにするための質問としても最初の8つの質問は役立ってくれます。そして、理想のレジの輪郭が見え始めてからレジ探しを行うことで、その後の情報収集もスムーズになります。導入するためのコストを重要視することが大切ですが、金額だけでレジを選んでしまうと販売戦略を見出すことができないレジを選んでしまい売上のチャンスロスをしてしまうかもしれません。レジチョイスでもご相談をうけつけておりますのでお気軽にご相談ください。

ご相談はコンシェルジュまで