POSレジ、無料アプリ型を選ぶ店舗と老舗POSレジを選ぶ店舗、選ぶ基準の比較

POSレジを導入するにあたり、
様々な判断基準があるかと思います。
今こちらをお読みのオーナー様は下記の
どちらの店主様の意見に共感できますか?

[店主A]
やはり、レジを購入する基準は購入価格!
100万円以上をレジの費用にかけるくらいであれば
内装費にお金をかけて、もっとおしゃれな店舗にしたい!
それに、無料のタブレットアプリでも十分に使える。

【店主B】
やはり、サポート体制が購入時の最大重要基準!
レジ会計の部分は経営上最も大切な部分であり
トラブルにもなりかねない部分の一つ。
ここの機械をないがしろにしてしまえば
お客様の信用を落としてしまいかねない。
だから、老舗のサポート体制がしっかりしているレジが一番。
価格も致し方ない。

店主A・店主Bもどちらの考えもある
と思います。今回は店主B様の意見に
共感していただいた方に読んでいただければ
と思います。

タブレットPOSと従来のPOSレジの違いは

・導入費
・サポート体制
この2つになるかと思います。
費用に関しての違いは、すでにPOSレジ導入を
検討されていらっしゃる方は調べており
圧倒的にタブレット型・アプリ型のPOSレジの
導入費がお手ごろ価格であるとご存知かと思います。

Airレジは無料で利用が可能ですので
ほぼタブレットや通信費の周辺機器のみの費用だけで
導入が可能です。
また、スマレジもスタンダードプランを選ぶと
無料で利用が可能となります。

ついつい、出店時期はどうしても出て行く出費に
ばかり目がいってしまいがちで、
ポスレジ選びの基準が導入費用になってしまいます。

各社サポート体制の比較

これを実は見落としがちになっていないでしょうか?
老舗POSレジ業者様はこちらが、
値段の分、充実しております。

大手だからできる全国に散らばる拠点から
出張サービスや関連代理店様からの修理サポートが
完備されております。
こちらが、今回ピックアップしました老舗
POS業者様のサポートページになります。

東芝TECサポートページ

toshiba_sup

カシオサポート

casio_sup

 

Airレジサポートページ

air_sup

スマレジサポートページ

sumaregi_sup

 

上記のサイトのキャプチャーをご覧になって違いが
目視可能かと思いますが、
老舗業者様は、有償のサポートであったり、
全国にサポート営業所があるという形になります。

一方で、タブレット型の商品を取り扱いの業者様は、コストの関係上
サポート体制がメールもしくはチャットのみでの対応であったり、
電話での対応のみだけという形になっております。

あなたのお店にとって、の基準によってPOSレジを選びますが
今の現状に合わせて、POSシステムをアップグレードしたり
変更したりと、経営戦略・ポリシーに合わせてお選びください。

老舗POSレジ業者商品タッチパネル型POSレジシステム

【東芝TEC】VREGI

casio_vregi

【CASIO】FScompass(エフエスコンパス)

fs_top
・タッチパネル形式:直感的な操作可能
・登録画面修正可能
・クラウド管理・リモート管理(チェーン店一元管理可能)

どちらもタブレットPOSレジと近い、
直感的に操作しやすいPOSレジになります。
詳しくは、直接お問合せになるか、お近くのお取扱い代理店に
お問合せください。