在日・訪日ムスリムを獲得したい!飲食店経営者が知っておくべきハラールのルールとは?

ハラール

以前に比べ、日本でも「ムスリム」と呼ばれるイスラム教信者の在日・訪日外国人を見かける機会が増えてきたのではないでしょうか。
2020年の東京オリンピックに向け、インバウンド需要を取り込みたいと考える飲食店の経営者も多いと思いますので、今回は世界人口のおよそ1/4を占めるとも言われる「ムスリム」が大切にする「ハラール」についてご紹介させていただきます。

>>飲食店向けのPOSレジをお探しの方はこちら

ハラールって何?

ムスリム 祈り

ハラールとはアラビア語で「許された」という意味を持ち、イスラム法において合法とされるものがハラールと称されます。反対に非合法なものは「ハラーム」と称されますが、近年では「ノンハラール」や「非ハラール」と称されることもあるようです。本来ハラールとは食に限らず、食以外の行動や物事に関しても該当します。
食に話題を絞っていうと、有名な話では豚や酒類を口にしないというものがありますね。
ムスリムにとってハラールの遵守は神の教えに従うことであり、信仰そのもの。生活に大きく関わる部分ですが、日本ではあまり理解が進んでいるとは言い難く、日本で生活するムスリムの方々にとってハラール食を提供するお店の需要はとても高いと言えます。積極的にムスリムのお客様を取り込みたいと考えるのなら、ハラール食の提供は外せない条件となるでしょう。

>>飲食店向けのPOSレジをお探しの方はこちら

ハラールのルールとは?

酒 NG

実は、ハラールと非ハラールの区別方法はあまり明確にされておらず、地域などによって異なります。有名な豚肉や酒類の他にも、
・豚を加工してできたゼラチンやラードやショートニング
・トンカツなど、豚肉を揚げる際に使った油
・豚肉と同じ皿に乗せられた料理
・調味料の一部にアルコールが含まれているものを使用した料理
・非ハラール餌として与えられた動物
・ハラールな手法を用いられていない鶏や牛の肉
なども非ハラールという扱いになってしまいます。

ハラールのルールでは、ナジス(不浄なもの)に触れたものや混じったものは非ハラールなので、豚や酒に触れた機具を使用してできた料理や加工品は、もうハラールではありません。そのため、ハラールにあたる食材を使用していたとしても、それが必ずしもハラールであるという保証にはならないのです。

また「過去に1度でも非ハラールのものと一緒に洗われた食器では食事できない」という厳しい考えの方もいれば、中には「日本に旅行に来たときだけお酒を飲む」「アルコールの含まれる食事は禁止されているけど醤油のアルコールは1%未満だから大丈夫」という緩い考えをお持ちの方もいます。つまり、同じハラールといっても個人の信仰心などによっても変わってくる場合があるので、こちらで勝手に判断できないということになります。
ハラールの食材を覚えるというよりも、ハラールの考え方を理解する方が重要と言えるでしょう。

>>飲食店向けのPOSレジをお探しの方はこちら

ムスリムのお客様を獲得するためには?

ハラルグルメジャパン

近年では食材の製造過程や料理の原材料が明示されていない場合もあり、ムスリムであってもハラールかどうかの判断が難しいという状況が多々あるので、ハラール認証制度というシステムが登場しました。
原材料や施設、設備がハラールであることを厳しく監査し、専門家によってハラールであることが保証される仕組みとなっているので、認証の取得はムスリムへのアプローチとして多大な効果が期待できるでしょう。ただし、団体によって審査基準が甘いこともあるので、ムスリムに寄り添う気持ちがあるのであれば、しっかりとした団体から進呈してもらう必要があります。

主なハラル認証団体一覧

また国や個人の考えによってもハラールへの厳格さは異なり、和食や日本で人気の高い洋食の中には、ムスリムにとって非ハラールになってしまうものも多く存在します。ハラール認証よりも原材料や産地、製造過程を明確に表示してムスリム側が判断できるようにしてほしいという意見もあるので、お客様向けの表示は「No pork」や「No alcohol」など、誰にでも読みやすいる言語を記すようにしておくことをおすすめします。
ハラールに対応した飲食店だけが掲載できるメディアサイトも登場しており、どの程度ハラールに対応できているかのアンケートに答えるだけで無料から掲載できるので、こちらを利用してみるのも良いでしょう。

ムスリム向けグルメ検索サイト「ハラール グルメ ジャパン」

まとめ

ムスリムの食事風景

日本では、まだまだイスラム教への理解が浸透しているとは言えない状態が続いています。ハラールとは単なる習慣やこだわりではなく、ムスリムにとって信仰に深く関わる部分であるということを、まずは重々承知しておきましょう。
またムスリムのお客様を獲得するためにはハラール認証や、原材料や製造過程の表示はもちろん大切ですが、それ以上に相手の信仰に敬意を持っておもてなしする心を忘れないことが最重要ということを忘れないようにしましょう。

>>飲食店向けのPOSレジをお探しの方はこちら