ヘアサロン・美容室が簡単にできる集客方法とは?

これからヘアサロン・美容院を開業されるかた、お店の集客売り上げに伸び悩んでいらっしゃる方にお伝えしたい、集客と売り上げを伸ばすための集客方をご紹介。さらに顧客フォローシステム搭載のPOSレジ7選をご紹介いたします。

通販業者とヘアサロン・美容室の共通点

通販事業は、見込みのお客様にたいして事業者がもつ商品のファンになってもらうために様々な手法で購入者に満足していただけるよう対応しています。
同じように、サロン事業者も一度来ていただいたお客様にファンになっていただくために様々なサービスをしていらっしゃいます。

しかし、似通った2つの業種で実店舗を持つヘアサロンと、実店舗を持たない通販事業との違いを、商品購入〜次回購入までのお客様のフォローの違いについて見ていきたいと思います。

よく通販では、お客様の気持ち(期待値)をグラフで表すことがあります。
購入をするまで、お客様は徐々にあれを買いたい!!!という商品に対する期待値が高まります。
そして、それが最大になった時もしくは上昇中に商品を購入します。
しかし通販では、買った直後にこの気持ちの数値が急降下してしまいます。
それを、「購入後の後悔」といい、それが高い商品であればあるほど後悔が高くなります。

その後悔をなくすために、通販業者はお客様へ商品が届くまでの間
「あなたの選択は間違いではないですよ。素晴らしい商品が届きますのでしばらくお待ちください」といった
メッセージや、その他のできる限りのサービスで、このお客様の購入後の満足度を下げないようにします。
hairsalon_2
一方、ヘアサロンの場合はどうでしょうか。
初めてのヘアサロンに行く前はどのような髪型にしようかと、お客様は
期待を膨らませます。そしてサロンにきてカットを始めると不安が始まります。
この新しいヘアデザイナーは自分の思い通りにしてくれるのかどうか?
カラーリングで思い通りの色に染めてくれるのか?
その際に、ヘアデザイナーは一生懸命トークをしたりして雰囲気を和ませたりします。
また、カット前に入念なヒアリングを行い、お客様が望む髪型は何かを具体的にしていきます。
さらに、カット終了後は満足していただけたかどうかのサンキューメールを送って
お客様をフォローします。

ここまでは、お客様の不安や後悔を極力なくすために両者ともに全力で対応します。
しかしその後、この2つの事業には大きな違いがうまれてきます。

 通販がやっていてヘアサロンがやっていないこととは

それは、DMを送る頻度やボリューム、そしてタイミングが違うのです。
サロン様は、その後、月一回ぐらいでメールマガジンにて月の挨拶やイベントの紹介
などが送られてきます。

一方通販事業者は、月一回や定期的な連絡はもちろんですが、お客様一人一人にあった
スペシャルオファー等があったり、買った商品のワクワクするような使い方が書いてある冊子が送られてきます。
サプリメント購入のお客様であれば、そのサプリを利用したお客様の声などが載せてあったりします。
そして、購入した商品がなくなる頃に「◯◯様! 今なら3っつで00%OFF」
といった具合で連絡がピンポイントできます。電話での問い合わせもあったりします。
これは、通販システム上、お客様の情報を正確に把握し
どのくらいで商品を使い切るというデータを導き出し
それに合わせて、特定のお葉書が届くシステムなのです。

私は「髪の毛伸びてきたな〜、そろそろ行きたいな〜、けど忙しいからいっか!」
といってサロンになかなか行けなかったりします。
しかし、そうおもったタイミングで
「◯◯様、今週末いらっしゃったお客様にシャンプ〜をプレゼント中。さらにヘアカラー10%OFF」
といった手紙が届いたことが無いような気がします。
(私が言っているヘアサロンでのことですが・・・)

hairsalon_02

このタイミングをしっかりと把握し、
ただ、毎月定期的にハガキを送るだけでなく、
その人の興味の惹かれるキャンペーンを打ち出すことで
お客様をあなたのサロンのファンにすることができるのではないでしょうか?

その通販システムと同じ機能を持ち合わせているPOSレジがございます。

サロン用・顧客フォローシステム付きPOSレジ7選

それがこちらのシステムです。

Coming soon

カミングスーン

Bionly タブレット型POSシステム

Verse

Verse サロンマルチ管理システムさんのプロフィール写真

SOSIA

SOSIA POS SALON

aoisystem

リザーブONE

リザーブONE!

A-staff

美容室・サロンの顧客管理ソフト・POSシステムならA'staff
また、サロンについての比較に関しては、改めて記事で紹介したいと思います。
これらのシステムを利用して、機会損失を減らして、
あなたのサロンのファンを増やし売り上げを増やしていきましょう。

次回は、「最近のサロン専用ポスレジシステムが凄い!サイド機能で新規獲得が可能に?」をご紹介します。