インバウンドに強い決済サービス「Gyro-n Pay」のオムニチャネル戦略

レジチョイス編集部です。3月7日~10日の4日間、東京ビッグサイトで開催された「リテールテックTOKYO 2017」。ここでで初めて発表された「Gyro-n Pay」は、中国人観光客向けの決済サービス「Alipay」を手軽に導入できるシステムです。pepperくんが出迎えるブースは、連日たくさんの人で賑わっていました。

「Alipay」とは

Alipay(アリペイ)は、中国のネットショッピングモールを運営するアリババグループが提供する決済サービスです。VisaやMasterCardを含む中国国内の170の金融機関と業務提携し、国内外に決済サービスを提供しています。中国本土では60万店、海外でも既に5万店で導入されている決済方法で、コンビニやスーパー、病院や自動販売機、さらには鉄道、公共料金の支払いにも利用されています。

ちなみに観光庁が行った調査によると、中国国内では越境EC(海外向けのネットショップ)の利用も少しずつ増えており、ネットで買えることを理由に日本国内での買い物を控えたと回答した人は全体の22.4%でした。

2017年1月24日から全店舗(約13,000店)でAlipayの取り扱いを開始したローソンでは、導入から13日間の累計利用件数が5万2,000件を超えており、平均客単価は800円~900円であったことを公表しています。これはローソン全体の平均客単価の約1.6倍。中国人観光客の購買意欲は高く、Alipayを導入することで売上げが増える可能性は高いと言えるのではないでしょうか。

手軽に導入できるGyro-n Pay

Gyro-n Payを導入する際に必要となるのは、iPad等のタブレットとWifi環境だけ。正式契約後に発行されるアカウントを利用し、「招待ペイ」アプリにログインすれば、すぐにAlipayを使えるようになります。初期費用や月額固定費用もかかりません。費用がかかるのは、決済が発生した場合の手数料のみです。

筆者はリテールテックのブースで実際に決済体験をしてみましたが、お客様の携帯に表示されたバーコードを読み取るだけなので、スタッフにとって難しい操作はありません。2018年から必要となる新しい法・業界規格(非通過・トークン型)に完全準拠した安全なシステムと運用ルールで、安心してお店に導入することができます。

POSレジとの連携やマルチ決済端末も

アパレルの導入実績が多い「CV.NET POS」や、PS向けPOSの「絞り.com PLUS KICS7」、モバイルPOS市場の金額シェアNO.1を誇る「EC-Orange POS」との連携も2017年春以降に予定されています。

「CV.NET POS」はAlipay決済から免税書類作成まで一元管理できるのが特徴です。「絞り.com PLUS KICS7」は「顧客分析」から「販促戦略」までを”見える化”し、ロイヤルカスタマーを増やすためのサポートをしてくれます。「EC-Orange POS」はオーダーエントリーシステムや、予約管理、在庫管理などの豊富な機能を併せ持ち、多種多様な業態に対応できます。

Androidベースのマルチ決済端末も2種類あり、クレジットカードや非接触型の電子マネーにも対応できるようになっています。いずれもレシート出力が可能なので、レシートプリンタも必要ありません。現在はAlipayのみのGyro-n Payですが、今後さまざまな支払方法にも対応できるようになる予定とのことですので、この端末を1台設置しておくだけで、自動的に利用できる支払い方法も増えていきます。

Gyro-n Pay【ジャイロン・ペイ】

Gyro-n Payの母体となったGyro-nとは?

Gyro-n Payの運営会社ユニヴァ・ペイキャストは、リアル店舗の販促サービスからECサイト上での施策、決済サービスに至るまでワンストップで提供しています。特に中国からの越境EC市場向け決済サービスは日本における先駆者で、2010年からAlipay(支付宝)およびChinapay銀聯というオンライン決済二大銘柄の決済を同時リリースしています。

またデジタルマーケティングをサポートする「Gyro-nサービス」で、SEO対策の管理やランディングページの最適化など、さまざまなツールを提供しています。これらを併用すれば本格的なWEBマーケティングもしやすくなることでしょう。

Gyro-n【ジャイロン】

無料のセミナーも開催されます!

「中国インバウンド向け決済が気になる」「中国インバウンド向け決済を利用するお客様の支払ニーズに応えたい」「Alipayの決済について詳しく聞いてみたい」・・・そんな皆様に朗報です。来たる4/11(火)16時から、決済導入による売上向上施策を紹介する無料のセミナーが開催されます。話題のAlipayやGyro-n Payについて詳しく知りたいのであれば、直接話を聞くのが一番の近道です。気になる方は今すぐ申込みページへ!

【開催日】2017年4月11日(火)

【開場・受付開始】15:30
【第1部】16:00~16:40
・Alipayとは何か? AlipayをPOSシステムに組み込むには?
【第2部】16:50~17:30
・加盟店様への導入・プロモーション事例 POS事業者様への導入事例
【質疑応答】17:30~18:00

【定員】30名様 (先着)

【受講料】無料 ※事前申込みが必要です。

【会場】UPC CAFE (ユニヴァ・ペイキャスト内)
東京都港区六本木 3-16-35 イースト六本木ビル2F
※日比谷線・大江戸線 六本木駅 徒歩8分/南北線 六本木一丁目駅 徒歩7分

セミナー詳細はこちら

まとめ

Alipayのアプリには海外旅行者向けのメニューがあり、Alipayを利用できる店名や業種、場所が表示されます。Alipayを導入すれば、まだ来日していない中国の人々にもアプローチできる・・・それだけでも、Alipayを導入する価値は大きいのではないでしょうか。

Alipayを導入するためのサービスはいろいろありますが、将来的にオムニチャネル化を視野に入れた経営をお考えなら、Gyro-n Payがおすすめです。きっとあなたを力強くサポートしてくれることでしょう。