無料POSレジ選定 複数比較でお店に最適なレジが見つかります! 詳しくはこちら

飲食店の集客手段とは?Googleを活用した「MEO」による集客方法を解説

Get Access

店舗の経営者で自社のホームページやSNSアカウントを持っている方は多いのではないでしょうか。来店客を増やしていくためにもホームページの閲覧数を増やしていきたいものですが、そのためにも日ごろからさまざまな対策をとっておく必要があります。
集客対策には、さまざまな方法がありますが、とくにスマホが主流となる今、押さえておきたいのがGoogleの「MEO対策」です。

本記事では、飲食店の集客手段に悩む店舗オーナーに向けて、Googleを活用した「MEO」の仕組みを解説するとともに、MEO対策のメリットや手順・方法などを詳しく解説します。

MEOプランについて詳しく見る

ご相談実績は6000店舗以上!
POSレジ選びのお悩みなら
レジチョイスの無料相談へ!
Webフォームでのご相談はこちら
コンシェルジュに相談する(無料)
お電話でのご相談はこちら
050-5052-0036受付時間10:00~18:00(土日祝日除く)
時間外はこちらから音声のみで受付可能050-5050-0122
050-5050-0122

飲食店のインターネット上の集客手段って?

飲食店の集客方法は、チラシやDMなどさまざまな手段がありますが、やはりスマホが主流となる今、インターネット上の集客対策が飲食店にとって重要なポイントとなります。
ここでは、インターネットを活用した3つの集客手段をご紹介します。

ホットペッパー・ぐるなびなどに掲載する

飲食店のインターネットを活用した代表的な集客手段の一つとして、ホットペッパーやぐるなびなどのグルメポータルサイトへの掲載が挙げられます。費用は、最低限掲載できる無料プランからサイト内の上位表示、ピックアップ、予約機能、雑誌などのメディアと合わせた広告など各社それぞれ異なる特徴があります。飲食店に特化したサイトへ店舗情報を掲載することで、ターゲットとなるユーザーへアピールすることができ、それだけで集客チャンスを広げることが可能となります。ただし、有料プランでオプションなども付帯する場合は、費用も高額になるため、ある程度予算に余裕がある方におススメの集客手段といえるでしょう。

SNSアカウントを運用する

今や飲食店の集客手段の一つにSNSは欠かせない存在となっているため、SNSアカウントの運用も効果的です。そもそもSNSとは、ソーシャル・ネットワーキング・サービスの略であり、国内では、Instagram・Twitter・Facebook・LINEの4つが定番となっています。
たとえば、20代~30代の女性がメインの飲食店であれば、料理の写真を投稿するInstagramが効果的です。またリピーター獲得を強化したい店舗であれば、店舗のLINE公式アカウントを作成して、キャンペーンの告知や割引クーポンの配布を行う戦略などもあります。このようにSNS運用は、それぞれ特徴が異なるため、目的に応じて使い分けるのが効果的といえるでしょう。

Googleの検索対策を行う

最近では、自社のホームページなど作成し、Web上で集客を行っている店舗も多いでしょう。現代では、スマホで情報を調べるユーザーも増加しており、ネット検索をしているユーザーの70%以上がGoogleの検索エンジンを利用していると言われています。そのため、Googleの検索対策を行うことも大切な集客手段の一つとなります。
具体的には、Googleに検索対象として認識させて、検索上位に表示させるSEO対策と、ホームページ・Googleマップを連携し検索上位に表示させるMEO対策があります。

Googleの検索対策であるSEO対策とMEO対策の違いについては、次章でさらに詳しく解説します。

検索対策って?SEOとMEOの違いを解説

MEO イメージ

Googleの検索対策には、おもに「SEO」と「MEO」があります。これらの言葉を耳にしたことがある方も多いでしょうが、実際に違いについて理解している方はきっと少ないでしょう。ここでは、SEOとMEOの違いについて解説します。

SEO対策とMEOの違いとは

まずはじめに、SEOとは「Search Engine Optimization」の略です。検索エンジン最適化のことで、言いかえると検索結果で上位に表示されるようにする対策のことをいいます。SEOだと「キーワード」で検索した場合、どこで検索したとしてもGoogleの上位に表示される結果は同じなのに対して、MEOでは、「キーワード」で検索した場合、SEOと比較すると検索表示結果に異なるアルゴリズムが適応されているため、検索する場所・位置によって検索結果が異なります。

一方MEOとは、「Map Engine Optimization」の略で、Google検索に表示されるローカル検索結果でGoogleマイビジネスの情報を上位表示させる施策のことを指します。
MEOの最大の特徴は、店舗の名前や住所といった基本情報から、写真や口コミ、地図を表示して地図アプリで経路検索の画面に移行できるため、スムーズに新規ユーザーの誘導を促進することができる点です。これはSEOにはない魅力といえるでしょう。
またMEOは店舗への来店や電話問い合わせを目的としていることに対して、SEOは店舗ホームページに誘導するのが目的なので、同じようでもまったく違う要素を持っているのです。

MEOプランについて詳しく見る

ご相談実績は6000店舗以上!
POSレジ選びのお悩みなら
レジチョイスの無料相談へ!
Webフォームでのご相談はこちら
コンシェルジュに相談する(無料)
お電話でのご相談はこちら
050-5052-0036受付時間10:00~18:00(土日祝日除く)
時間外はこちらから音声のみで受付可能050-5050-0122
050-5050-0122

MEOを店舗が行うメリットって?

つづいては、飲食店がMEO対策を行うメリットについてみていきましょう。
ここでは、おもに2つのメリットをご紹介します。

地域名検索なので、ターゲットユーザーが絞れる

基本的にユーザーがMEOで検索を行う場合、「地域名+業種・サービス」と検索する場合がほとんどです。地域名で検索することでターゲットユーザーを絞り込むことができ、今まさに必要としていて、来店率が高いポテンシャルのユーザーへアピールできる点は店舗にとっても大きな魅力といえるでしょう。

電話や来店などの行動を促進できる

MEOに表示される店舗情報には、店舗の電話番号や営業時間、写真、メニューなどを掲載することができます。さらにGoogleマップの機能として、スマホで閲覧している場合、電話番号をタップすると直接店舗へ電話できたり、ユーザーの現在地と店舗までの経路や到着予想時間など詳細に表示されるようになっています。そのため、検索ユーザーをダイレクトに店舗の来店へと結びつけやすくなる点も大きなメリットといえるでしょう。

MEOプランについて詳しく見る

MEO対策の手順・方法

つづいては、実際に飲食店がMEO対策を行う手順や方法についてみていきましょう。

Googleマイビジネスの登録は必須

MEO対策を行うはじめの一歩として、まず「Googleマイビジネス」に登録する必要があります。Googleマイビジネスというのは、Googleが提供する無料の「ビジネス専用情報管理ツール」で、こちらに登録しておけば店舗情報が一般公開され、Google Map上にも掲載されるようになります。
また、Google Map内で上位に表示されるための条件は「レビューが多く、良い評価がされている」ということです。とはいえ、レビューに関しては自分で行えることではないため、最初は「レビューを書いてくれた方は割引」など、特典をつけてレビューをどんどん増やしておくと良いでしょう。

Googleマイビジネスの登録方法

マイビジネスへの登録方法は以下です。

①マイビジネスへアクセス
Google マイビジネスのトップページにアクセスし、画面右上の「ご利用を開始」をクリックします。
②店舗情報を入力
ビジネス名・住所を入力します。
③マップ内でピンの位置を確認
店舗とマップ内で立っているピンが一致するかチェックします。
④ビジネスタイプを入力
ビジネスカテゴリの中から適したビジネスタイプを入力します。
⑤連絡先情報を入力
電話番号の下の「webサイト」の項目は、必ず店舗のホームページのURLを入力しましょう。
⑥「常に最新情報を入手」の項目を選択
「常に最新情報を入手」の項目にて最新情報を入手したい場合は「はい」にチェックをします。
⑦最終確認
最終確認をします。確認後、問題なけれは「続行」をクリックします。
⑧確認方法を選択
さいごに、オーナー確認の確認方法を選択します。オーナー確認が済んだ後にリスティングを管理ができるようになります。

以上で、Google マイビジネス登録完了です。

MEO対策のプロにまずは頼んでみるのもアリ!

ここまでは、SEOとMEOの違いや、MEO対策の手順や方法について詳しく解説しました。Googleで上位表示させるための対策ということは理解できるものの、実際に飲食店オーナーが業務の合間に、自分でMEO対策を行うのを難しいと感じている方も多いでしょう。そんな場合は、いっそのことMEO対策のプロに頼んでみるのも一つの方法です。

MEO対策でおススメの「Google成果報酬型MAP広告」では、Google検索で地域+キーワードを検索したときに、検索結果に出る店舗名の上記表示(3枠への表示)を目指すサービスとなっています。お試し期間が最大1か月半付いており、対策前と対策後のインサイトのデータを比較してから本格的に始めることが出来るので飲食店も気軽に始めることができます。
また成果表週型となっており、設定したキーワードが検索上位3位に入った場合のみ課金され成果が出なければ、0円というのもうれしいポイントといえるでしょう。

レジチョイスでは、レジのご相談以外にもMEO対策や集客に関するご相談も承っています。無料相談となっているので、お気軽にお問合せくださいね。

MEOプランについて詳しく見る

まとめ

今回は、飲食店の集客手段に悩む店舗オーナーに向けて、Googleを活用した「MEO」による集客方法を詳しく解説しました。現代ではスマホが定着化しており、ネット検索の70%がGoogleで検索を行っているとされています。そのため、GoogoleのMEOI対策は飲食店の集客手段として欠かせない方法の一つといえます。現在、Googleマイビジネスにまだ登録をしていない方は、まずは自店のページ作成からはじめてみるといいでしょう。また「自分では、MEO対策できない・・」という方は、MEO対策のプロに任せてみるのも効果的です。ぜひ店舗に合った集客対策を実践していきましょうね!

POSレジ選びなら専任コンシェルジュにお任せ!
POSレジ選びなら
専任コンシェルジュにお任せ!
POSレジの比較・見直しならご相談実績6000店舗以上のレジチョイスコンシェルジュへ!
セルフレジ・自動釣銭機のご相談も承ります。
気になる点があればお気軽にお問い合わせください!
POSレジの比較・見直しなら
ご相談実績6000店舗以上の
レジチョイスコンシェルジュへ!
セルフレジ・自動釣銭機のご相談も承ります。
気になる点があればお気軽に
お問い合わせください!
Webフォームでのご相談はこちら
業種
相談をはじめる(無料)
お電話でのご相談はこちら
05050520036
受付時間10:00~18:00(土日祝日除く)
時間外はこちらから音声のみで受付可能
050-5050-0122
05050500122

関連タグ

お悩み・目的別タグ

  • はじめてのDX デジタルトランスフォーメーションを支援する はじめてのDX
  • Wiz colud デジタルトランスフォーメーションに最適なサービスをご提案
  • ピピッとチョイス QR・キャッシュレス決済の比較・導入ならピピッとチョイス