無料POSレジ選定 複数比較でお店に最適なレジが見つかります! 詳しくはこちら

イベント出店で使える!ビアガーデンや催事場でもオススメのPOSレジまとめ

今回はイベント出店にオススメしたいPOSレジをいくつかご紹介させて頂きます。屋内でのイベント出店は勿論のこと、これからの季節はビアガーデンといった屋外イベントも増えてくることかと思います。そういった時にどのようなレジを導入するか?という点はちょっと難しいですよね。

購入で検討するのか、レンタルにするのか、ネット環境が確保できる保証があるのか、など、お悩みによって選ぶPOSレジも変わってきます。

Tabレジ

株式会社ユニエイムが提供しているTabレジ。
レジそのものも非常にシンプルで分かり易いので、難しい操作が苦手という方にもお薦めのレジです。特徴としては、月額制の「フリープラン」と、最初に本体料金を支払う事で月額料を抑えて運用できる「購入プラン」といった、二種類の導入形態があるレジです。
「フリープラン」は完全月額のみのプランのため、初期費用無料で始められるという非常に導入しやすい価格設定になっていることが魅力です。このため、新しくお店をはじめられるという方にもお薦めなサービスとなっています。

こちらのTabレジでイベント出店時にもっとも注目したい機能が「Tabレジ Smartセット」の存在です。スマートフォン型のレジになっており、本体の4G回線を利用することでクラウド上に売上データをアップロードしていくことが可能です。そのため、固定のインターネット回線を引くことができない環境であってもPOS機能を利用することができるのです。
端末はスマートフォン同様のタッチパネル式のディスプレイで、通常のTabレジと同様の機能が備わっているので小型ながらにしっかり使っていただけます。また、本体上部にバーコードスキャナーが付いており、本体から直接バーコードを読み取って会計をすることも可能なのです。

勿論、Blutoothで接続することでモバイルプリンターからのレシート出力や、クレジットカード決済端末との連動も可能となっています。場所を選ばずどんなところでも会計ができるので、移動販売や屋外イベントにもお勧めです。この端末にはフリープランがないので購入制となりますが、どんな場所でも利用できるレジとして、あらゆる場面での活躍が期待できそうです。

BCPOS

ビジコムが提供するBCPOSにもハンディ型のPOSレジがあります。
ビジコム製のハンディPOSは、別途本部システム用のBCPOSを設置して頂いた上で、屋外イベントでの出張店舗といったケースに最適です。専用端末は薄型でコンパクトなため片手でも操作をしやすく、また、棚卸に利用できる機能も備わっています。バッテリーは専用バッテリーではなく、エネループといった充電型の電池もしくは市販の単三電池を利用できるため、電源の確保ができない屋外での急な電池切れがあっても、手軽に予備を用意することができるので安心して利用できます。
端末にバーコードスキャナーが内蔵されているのでバーコード読み取りでの会計が可能ですが、端末を操作することで、登録してある商品を呼び出して会計することも可能です。レシートはモバイルプリンターをBlutoothで接続することによって印字できるようになります。

端末自体に4G回線やSIMは搭載されていないためリアルタイムで売上を反映することはできませんが、会計データはハンディPOS内に蓄積されていきます。このためインターネット環境がなくても売上データを蓄積することができ、専用クレードルを利用したバッチ通信で本部システムへ転送することによって売上データの管理をすることが可能となるのです。バッチ通信の他にもBlutoothを使っての接続、USBケーブルを利用した有線接続などを選べるので、通信環境に合わせた方法で蓄積データのアップロードができます。
BCPOS内の商品マスターをそのままハンディPOSに反映できるため、本部システム用として用意したBCPOSとハンディPOSを連動させていくことで正確な商品の管理が可能なのです。

ユビレジ

ユビレジの提供するPOSレジアプリは、ipadを本体として周辺にキャッシュドロアーとレシートプリンターを連携させることで利用する、アプリタイプのPOSレジです。固定のインターネット回線が必要になるため、ネット環境がない場所では運用が難しくなりますが、従来の据え置き型のレジと比べると非常にコンパクトです。そのため持ち運びにも適しており、電源とネット回線を確保できる環境であればイベント会場などで一時的に利用することも比較的容易に行えます。

また、ユビレジには複数の料金プランが存在しており、月額無料のプランからスタートできるようになっています。期間限定で開催されるビアガーデンや催事場などは、運用をしない期間もあるかと思います。必要な時期だけPOSレジをレンタルするという方法もありますし、定期的に開催が確定しているのであれば本体を購入し、プランの切り替えをうまく利用していく方法もあります。

イベント開催中は有料プランを利用することで過去の売上データの照会・管理などが可能になり、クレジットカード端末との連動やその他会計ソフトなどと連携させていくといったことができます。出店の時期に応じて、休止期間中は無料プランにしておき、運用の開始時期に合わせて有料プランに戻すことでしっかりと利用できる形にするといったように、切替えながら運用していくことが可能なのです。

様々な業態に対応ができ、Blutoothでバーコードリーダーを接続することや、プランによっては飲食店などで使われるOES(オーダーエントリーシステム)も導入が可能です。短期間でのレンタルプランでも利用できるユビレジですが、一カ月間以上、もしくは定期運用の見込みがある場合は、本体をご購入いただいた方がお安くご利用頂くことができるようなので、ぜひ購入を視野に入れて検討してみてください。

KAZUNA eTalk5

自動翻訳機のKAZUNA eTalk5(カズナイートークファイブ)が、オンラインアップロードにより決済機能が備わりました。
決済方法はALIPAY、WechatPayの二種類のQRコード決済のみですが、自動翻訳機・WiFiルーター・決済端末としての三役をこなせる端末としてパワーアップしています。

レジ機能の利用には加盟店登録をする必要があります。使い方は非常にシンプルで、金額を入力してお客様のQRコードを読み取るだけで完了するのです。POSレジ程の機能は備わっていませんが、中国人顧客をメインターゲットとしたようなインバウンドのイベント出店などには非常にお薦めと言えるでしょう。レジ機能には、返品機能やお支払い情報の照会機能もついているので安心して利用することができます。また、中間計や日計も確認できるようです。
勿論、本来の翻訳機としての機能もしっかりと使えるものが備わっているので、オンライン翻訳、チャット翻訳ではなんと72言語に対応できるようになっており、外国語に自信がないのであまり国外の方に来られても対応に困る、といった悩みを抱えていらっしゃる方にも非常にお薦めの一台となっています。

まとめ : 屋外イベントの盛んな季節へ向けて、レジの準備を

イベント出展時にオススメのレジをご紹介してきました。しかし、今回のご紹介は一部のみとなり、まだまだピックアップできるのが現状です。実際には店舗の利用状況により最適にレジは変わってきます。

レジチョイスのコンシェルジュにご相談頂きますと、お客様のご希望の利用方法などをヒアリングした上で、メーカー様からのご提案が入るようにお手配することが可能です。是非、お気軽にお問い合わせください。

お店に本当に合ったPOSレジ選びをお手伝い
店舗に本当に合った
POSレジ選びをお手伝い
後悔しないPOSレジ選びを。比較・見直ししてみませんか?
軽減税率対策POSレジのご相談も承ります。
弊社がレジメーカーではない代わりに、無理な提案は一切ございません。
後悔しないPOSレジ選びを。比較・見直ししてみませんか?軽減税率対応POSレジも。弊社がレジメーカーではない代わりに、無理な提案は一切ございません。