無料POSレジ選定 複数比較でお店に最適なレジが見つかります! 詳しくはこちら

コロナ禍で増加するECサイト開設!在庫管理はどうする?

昨年は、新型コロナウイルスの感染拡大防止策として、日本全国に緊急事態宣言がしかれ、飲食店を始め多くの店舗が休業や時短営業を余儀なくされました。この状況は、2021年の今も続いており、店舗の閉店や規模縮小に至っているところも多いです。

こうした中で、来店せずとも売り上げに繋がるデリバリーサービスや、店内で飲食をせずに済むテイクアウトサービスを始める店舗が増加。一気にその需要が高まってきました。しかしデリバリーやテイクアウトが難しい店舗では、その方法以外にECサイトを開設して、お取り寄せや商品の販売を行うというお店も増えてきました。

そこで今回は、新たにECサイトを開設した店舗に向けて、商品の在庫管理におススメのサービスをご紹介します。

ご相談実績は6000店舗以上!
POSレジ選びのお悩みなら
レジチョイスの無料相談へ!
Webフォームでのご相談はこちら
コンシェルジュに相談する(無料)
お電話でのご相談はこちら
050-5052-0036受付時間10:00~18:00(土日祝日除く)
時間外はこちらから音声のみで受付可能050-5050-0122
050-5050-0122
人気POSレジ 比較ガイド人気POSレジ 比較ガイド

新型コロナウイルスの影響で店舗集客の危機

2020年、新型コロナウイルスの感染拡大により、日本中で外出自粛の動きが高まり、緊急事態宣言の発令に伴う営業休止や、時短営業を余儀なくされました。これにより一般企業では、時差出勤や自宅で仕事を行うテレワークが、急速に導入されています。
長く続くコロナ禍で、最も大きな影響を受けているのが、飲食店をはじめとした小売店です。外出自粛によって、これまで訪れていた顧客が来店しなくなるほか、一時的な休業指示や時短営業が続くことで、大幅に売上を落としています。

現在、店舗経営者たちは、コロナ禍でもどうにか集客する方法や、売上に繋がる方法を模索している状況で、デリバリーやテイクアウトなど新しい形の営業スタイルを始めるところが増えてきています。

関連記事:POSレジでもコロナ対策はできる!withコロナ時代に活用すべきPOSレジ機能とは?

ネット販売を始める店舗も

コロナ禍における、飲食店の新しい営業方法には、テイクアウトやデリバリーなど、店内で飲食したり来店しなくても食事を注文できるサービスが増え、Uber Eatsや出前館といった宅配サービスアプリの需要が一気に高まりました。
しかし店舗によっては、デリバリーができない飲食店や小売店、商品によっては販売が難しいものなどがあります。こうしたなか、一部ではデリバリーやテイクアウト以外に、インターネット経由で商品を販売するため、ECショップを開設する店舗も登場しました。

ECショップを開設することで、これまで店舗に行かないと買えなかった商品が、全国どこにいても購入できるほか、お取り寄せという形で人気飲食店の料理が全国のお家で楽しむことができます。自宅で過ごすことが多い今、飲食だけでなく旅行もできないため、インターネット経由で全国各地から購入できる「お取り寄せ」は、2020年の時点で前年比200%以上と言われています。

ご相談実績は6000店舗以上!
POSレジ選びのお悩みなら
レジチョイスの無料相談へ!
Webフォームでのご相談はこちら
コンシェルジュに相談する(無料)
お電話でのご相談はこちら
050-5052-0036受付時間10:00~18:00(土日祝日除く)
時間外はこちらから音声のみで受付可能050-5050-0122
050-5050-0122
人気POSレジ 比較ガイド人気POSレジ 比較ガイド

ECサイトの運用には在庫管理システムが必須

おうち時間を楽しく過ごすため、生産者を少しでも助けるためなど、消費者がECショップで購入する理由はさまざまです。

ネット販売を行うため、インターネット上にECサイトを立ち上げることになりますが、これまでやってきた対面販売とは違い、慣れない作業が増えてきます。主な作業としては、メールなどでの注文確認・決済確認・配送手配・出荷メールの確認などがあります。このような作業を、メールチェックやExcelを使って手動で確認していると、ミスも多くなるほか、人が処理できる件数にも限界がきてしまいます。

そこで活用されるのが、ECサイト向けの受注管理システムです。Amazonや楽天を始め、さまざまなモールから届く受注メールや、受注データを直接自動で取り込み、お客様への連絡や決済、出荷・配送までの処理を一括で管理するシステムです。手間のかかる事務作業を、まとめてシステム化することで、ミスを減らし処理スピードの向上をはかることができます。これにより店舗での通常営業をしながら、ECサイト分の対応も可能になります。

また小売店など、多くの商品を取り扱うところでは、在庫管理も欠かせない作業です。実店舗では、入荷・出荷管理などを人の手を使って行うことも多かったと思いますが、これにECサイトでの注文分が加わると、在庫数に混乱が生じ、お客様にも迷惑をかけることにも繋がります。大きな企業であれば、倉庫を管理するシステムなどを使うことがありますが、小売店や飲食店など小規模の場合は、そうもいきません。

そこで便利なのが、ECサイトと実店舗の在庫をまとめて管理できる、在庫管理システムです。インターネットショッピングの普及にともない、今では数多くの在庫管理システムが登場しているので、小規模店舗でも手軽に導入が可能です。

関連記事:レジの在庫管理機能、商品管理機能はどんなことができる?なんとここまで進化していた!

ECサイトの在庫管理システム

ここでは、代表的なECサイトの在庫管理システムをご紹介していきます。

ネクストエンジン

Hamee(ハミィ)株式会社が提供している「ネクストエンジン」は、Hamee自身もECサイトを運営しており、その経験から導き出したノウハウが詰め込まれた在庫管理システムです。

「ネクストエンジン」は、ECサイト運営時の業務全般を一元化し、それを自動化するシステムで、複数のモールを使う際の在庫引当や在庫振り分け、棚卸なども行います。特に複数人で在庫管理を行う方や、使用時のサポートを受けられるシステムを希望する方には向いているサービスといえます。
基本料金は、月額10,000円~(受注件数400件まで)利用できるほか、30日間の無料体験も可能なので、初めて導入する方はぜひ試してみてください。

公式サイト

TEMPOSTAR

ネットショップの一元管理が可能な「TEMPOSTAR」は、NHN SAVAWAY株式会社が提供する在庫管理システムです。3,500社以上の導入実績を持ち、Amazonや楽天の大手ECサイトでも一括管理が可能で、必要に応じて独自のカスタマイズもできる点が人気です。

複数のネットショップを運営している方や、ebayなど、海外のネットショップにも出品したいと考えている方には、使い勝手の良いシステムです。クラウド型のシステムなので、システムのインストールが必要なく、システムのバージョンアップも無償で提供されています。

「TEMPOSTAR」は、初期費用は発生せず、月額10,000円から利用が可能です。また30日間の無料お試しもできるので、初めての方や比較検討している方も安心して利用することができます。

公式サイト

Aladdin Office

株式会社アイルが運営する在庫管理システムの「Aladdin Office(アラジンオフィス)」は、28年もの歴史を持ち、これまで5,000社以上での導入実績を誇ります。低コストながら、運営に必要な機能を備えたシステムで、中小企業から実店舗経営を行う方まで広く利用することができます。
高い実績経験により、業種や業態にあったシステム構築が提案でき、ユーザーニーズに併せて柔軟にカスタマイズが可能です。

ECサイトの一元管理システムである「CROSS MALL(クロスモール)」や、ポイント管理も可能な顧客管理システム「CROSS POINT(クロスポイント)」などと連携し、幅広いソリューション構築を可能にしています。

公式サイト

CROSS MALL

「アラジンオフィス」を運営する株式会社アイルが提供する、ECサイトの一元管理システムが「CROSS MALL(クロスモール)」です。複数のモールを使っていても、それぞれの在庫を一括で管理し、適正な在庫の保持や在庫の自動振り分けなどを行うことができます。
また「アラジンオフィス」と提携することで、在庫管理だけでなくECサイトの運営業務全般において自動化が可能になり、工数をかけず業務効率化をはかることができます。

「CROSS MALL(クロスモール)」は、初期費用が無料で、基本料金は月額5,000円からとなっており、管理するサイト数や商品数によって変わります。

公式サイト

ECサイト連携で在庫管理可能なPOSレジ

ECサイトの運営に必要な在庫管理システムをご紹介しましたが、実際に売上状況などを把握する際、実店舗とECサイトそれぞれで管理するのは、非常に手間がかかりますよね。そこで、続いてはECサイトの在庫管理と売上管理がまとめてできる、POSレジもいくつかご紹介します。

BCPOS ECサイト在庫管理システム

在庫を24時間365日、自動で管理してくれる「BCPOS ECサイト在庫管理システム」は、POSレジシステムと連携して、実店舗とECサイトの在庫管理をまとめて行います。実店舗で多く導入されているPOSレジシステム「BCPOS」を使っている方であれば、すぐにでも利用が可能です。

複数店舗を抱えるお店でも「BCPOS ECサイト在庫管理システム」なら、リアルタイムで多店舗の在庫管理ができ、複数のネットショップ間でも対応できるため、実店舗とECサイトの両方で在庫管理が可能です。

公式サイト

アパレルPOSシステム「アラジンショップ」

特に在庫管理が重要となるアパレル業界では、リアルタイムでの在庫管理ができていないと、過剰在庫を生み出してしまうことがあります。アパレルPOSシステムの「アラジンショップ」は、こうした課題を解消し、さらに売れる傾向にある商品の欠品を出さないよう、徹底した在庫管理が可能となっています。

「アラジンショップ」は、場所を問わずリアルタイムで在庫を確認できるほか、店舗ごとの付帯業務を減らし、一括配分機能で全体の作業効率をあげ、棚卸の精度向上に繋がります。またシステム操作が苦手な方でもわかりやすい、シンプルな入力画面のため、誰でも簡単に対応できるのも大きなメリットといえます。

EC PLUG(スマレジ)

0円で手軽に始められるPOSレジを提供している「スマレジ」では、2020年12月から、複数のネットショップを一元管理できる「EC PLUG」のβ版提供を開始しました。「EC PLUG」は、これまで200店舗以上の店舗数を持つアパレルショップでも導入されていた、スマレジの「リテールビジネスプラン」と同様の在庫管理機能を、ECサイトのみの事業でも利用することができます。

「EC PLUG」は、もともと小売店や飲食店向けのタブレットPOSレジを提供している「スマレジ」のEC一元管理システムになるので、実店舗からEC・ECから実店舗へ事業展開を広げるのもスムーズにできます。リアルタイムでの店舗在庫連動や、店舗間の商品移動や棚卸まで、すべてサポートするので安心して在庫管理が可能です。

基本料金は、1店舗あたり月額10,000円~(取引件数400件/月まで)となっており、401件/月以降は、基本料金+1件あたり25円の従量課金となっています。

関連記事:複数ネットショップも一元管理!スマレジより『EC PLUG』β版提供開始

まとめ

今回は、コロナ禍で落ち込む店舗売上の打開策として、ECサイト・ネット販売を開始する事業者に向けて、便利な在庫管理システムについてご紹介してきました。インターネットショッピングの普及により、ECサイト向けの在庫管理システムは数多く登場しています。初めて導入する方も、30日間のお試し期間を設けているサービスもあるので、まずは一度試してみてもいいかもしれません。

まだまだコロナも収束する様子が見えない今、ECショップの運用は大きな助けとなるのではないでしょうか。

POSレジ選びなら専任コンシェルジュにお任せ!
POSレジ選びなら
専任コンシェルジュにお任せ!
POSレジの比較・見直しならご相談実績6000店舗以上のレジチョイスコンシェルジュへ!
セルフレジ・自動釣銭機のご相談も承ります。
気になる点があればお気軽にお問い合わせください!
POSレジの比較・見直しなら
ご相談実績6000店舗以上の
レジチョイスコンシェルジュへ!
セルフレジ・自動釣銭機のご相談も承ります。
気になる点があればお気軽に
お問い合わせください!
Webフォームでのご相談はこちら
業種
相談をはじめる(無料)
お電話でのご相談はこちら
05050520036
受付時間10:00~18:00(土日祝日除く)
時間外はこちらから音声のみで受付可能
050-5050-0122
05050500122

関連タグ

  • はじめてのDX デジタルトランスフォーメーションを支援する はじめてのDX
  • Wiz colud デジタルトランスフォーメーションに最適なサービスをご提案
  • ピピッとチョイス QR・キャッシュレス決済の比較・導入ならピピッとチョイス