無料POSレジ選定 複数比較でお店に最適なレジが見つかります! 詳しくはこちら

店舗とECの在庫を連動させたい。POSレジとの連携はできる?

リアル店舗とネットショップをあわせて経営されているショップは多いと思います。そこで共通する課題が「在庫管理」です。リアル店舗でもネットショップでも、運営を成功させる秘訣は、この在庫管理が適正化されていることではないでしょうか。「在庫管理は経営そのもの」といわれるくらい、重要なファクターといえます。しかし、これを人手で行うとなると相当な労力と時間と手間がかかりますよね。

しかし、EC在庫管理システムを利用すれば、在庫管理にかかる手間や時間を簡略化することができるのです。これにより、経営判断や売上分析などに時間を割くことが可能となります。

そんなEC在庫管理システムですが、POSレジとの連携も可能となっています。今回はECの在庫管理について、EC在庫管理システムにはどのようなものがあるのか、EC在庫管理システムと連携できるPOSレジなどをご紹介していきたいと思います。

そもそもECの在庫管理とは?

ECの在庫管理とはいったい何なのでしょうか。ここではECの在庫管理でできることと、ECの在庫管理に使える商品をご紹介していきたいと思います。

まず、ECの在庫管理はいったいどんなことをするのかをご説明いたします。ECの在庫管理業務は具体的には、仕入れた商品の検品から管理場所への移動、受注が発生した際のピッキングから配送までの準備、月次の棚卸作業などがあります。しかし、これらを人手ですべて管理するとなると、相当な時間や手間がかかってしまいます。

そこで活躍するのがEC在庫管理システムです。ECの在庫管理システムを利用すると、複数のネットショップでの作業を一元管理できます。これにより、作業時間の短縮が可能になるというメリットが生じるのです。




ECの在庫管理はどんな商品がある?

では、実際にEC在庫管理システムにはどのようなものがあるのか見ていきましょう。

ネクストエンジン

Hamee(ハミー)株式会社が提供する「ネクストエンジン」は、ネットショップの現場から生まれたシステムとなっています。受注の自動化や、商品管理などの機能が充実しています。もちろんその中には在庫管理の機能もあり、各ネットショップの在庫連携を自動化し、一括で行うことができるものとなっています。納品書や配送情報ダウンロードなど、関連する機能が備わっています。自動的に在庫連携をすることで、今まで手動で行っていた在庫更新の手間を省くことが可能です。また、店舗ごとの在庫差異がなくなり、売り越しや販売機会の損失といったリスクも回避することができるようになっています。

>ネクストエンジン公式サイトへ

zaiko Robot

ハングリード株式会社が提供しているEC在庫管理システムが「zaiko Robot」です。なんといっても最大の特徴は、在庫更新間隔が業界最速の最短1分という点です。店舗間の在庫が24時間365日、自動で更新されます。しかも全店舗の在庫を一括で管理できます。これで今まで手動で在庫更新を行う必要がなくなり、余った時間を有効活用出来るため、売上UPの試行錯誤に時間が割けます。また、セット商品の在庫連動にも対応していたり、50以上の国内主要モール・カートの他、POSや倉庫管理システム、卸売・仕入サイト等とも連係していたりするので、店舗拡大の選択肢が広がります。

速販C2

株式会社サイオが提供する、「速販C2」はネットショップの一元管理ソフトとなっています。受注管理や在庫数連動、商品管理といった機能が一通りそろっています。ECの在庫管理では、24時間365日いつでも販売されている状態であるネットショップに表示される、各商品の「在庫数」を更新する機能が必要となってきます。特に複数の店舗で同じ商品を販売する場合、各店舗の在庫数表示機能だけで管理すると、売り逃しや売り越しといったリスクが生じてきます。速販C2の在庫数連動機能である「速販在庫」では、ある1店舗で在庫が減った場合、他の各店舗でも同じように在庫数が更新されるため、売り逃しや売り越しといったリスクを回避できます。セット商品の在庫数連動にも対応し、商品番号が店舗ごとに異なる場合も導入ができます。

EC管理ソフトをレジと連携するとどうなる?

それでは、こういったEC管理ソフトをレジと連携した場合、いったいどういったメリットがあるのでしょうか。ここでは実際にどういうことができるようになるかを、ご説明していきたいと思います。

まず、EC管理ソフトとレジを連携させることで、レジに記載される在庫数に、ネットショップでの売上が反映されるという点です。また、ネットショップ側の売上データをレジの売上データとして取り込むことができるようになっています。これにより、実店舗もネットショップも同じように、一括管理・分析ができるため、より広い視点をもって見ることができるようになります。

EC管理ソフトとレジを連携させることで、在庫管理上でも一元管理ができます。レジ側で在庫に変動があった時に、EC在庫管理ソフト側に在庫情報を送ることで、実店舗とネットショップの在庫をリアルタイムで一括して管理することが可能です。

EC管理ソフトと連携できるレジ3選

では、実際にEC管理ソフトと連携できるレジにはどういったものがあるのでしょうか。ここでは連携が可能なレジを3つご紹介したいと思います。

パワクラ

株式会社タスネットが提供しているPOSレジが、「パワクラ」です。導入店舗は3,000店舗を突破しています(2018年5月調べ)。特徴としては、店舗・顧客・EC・倉庫・本部をリアルタイムにつなげることが可能という点です。様々なサービスと連携が可能となっていて、店舗に力がさらに引き出されます。連携可能となっているEC在庫管理システムとしては、「ネクストエンジン」と「zaiko Robot」があります。今ある在庫をより多く露出させることができるようになり、販売チャンスUPと売れ残り(見切りセール)を最小限にとどめることが同時にできます。ネットショップと在庫連動する店舗やその在庫引き当てルールは、自由に設定が可能です。また、店頭販売や仕入、店舗間移動など、在庫の増減をネットショップ在庫へ自動的に反映できます。店頭在庫を速やかに確保することで、ネットショップでの売り越しリスクを回避できます。

スマレジ

株式会社スマレジが提供しているのが、「スマレジ」というPOSレジです。iPadやiPhone、iPod touchを利用したPOSシステムとなっています。0円から始められるPOSレジですが、EC在庫管理システムと連携するには、有料プランからとなっています。連携しているEC在庫管理システムは「ネクストエンジン」です。ネクストエンジンに集められたネットショップの売上をスマレジに取り込むことで、実店舗やネットショップの売上を一元管理できるようになります。また、スマレジで在庫に変動があったタイミングで、ネクストエンジンに在庫情報を送信し、販売機会の損失や在庫切れの防止といったことができます。

BCPOS

株式会社ビジコムが提供する「BCPOS」も、EC在庫管理システムと連携できるPOSレジとなっています。Windowsタブレット端末を利用したPOSレジで、導入実績は17,000代セット以上となっています。様々な業種に対応できるのが強みで、当然のことながらネットショップにも対応しています。連携できるEC在庫管理システムは「ネクストエンジン」と「zaiko Robot」となっています。これらと連携をすることで、販売・仕入れ在庫を共有し、自動で在庫調整が可能です。リアル店舗とネットショップの在庫数を24時間365日自動で管理することができます。また、在庫が可視化されることで、店舗の売上がグンとアップします。

まとめ

様々なEC在庫管理システムがあり、それに連携可能なPOSレジがあることがおわかりいただけたかと思います。

冒頭でも申し上げましたが、「在庫管理は経営そのもの」です。経営の基本ともいえる在庫管理は、人手を費やすことでとても難しいものとなっていました。しかし、その在庫管理が、実店舗においてもネットショップにおいても、一元管理することができ、可視化が可能となるというのは、非常に便利ですし売上にも良い方向に影響してきます。そういった機能が備わっているEC在庫管理システムを利用しない手はないでしょう。POSレジとの連携で、より一層その真価を発揮するので、併せて最大限に活用したいものです。

お店に本当に合ったPOSレジ選びをお手伝い
店舗に本当に合った
POSレジ選びをお手伝い
後悔しないPOSレジ選びを。比較・見直ししてみませんか?
軽減税率対策POSレジのご相談も承ります。
弊社がレジメーカーではない代わりに、無理な提案は一切ございません。
後悔しないPOSレジ選びを。比較・見直ししてみませんか?軽減税率対応POSレジも。弊社がレジメーカーではない代わりに、無理な提案は一切ございません。