【飲食店経営者必見】完全無料で利用できる「ドタキャン防止システム」とは?

残飯 イメージ

全国の飲食店経営者が運営する「一般社団法人全日本飲食店協会」が、2018年2月19日より「ドタキャン防止システム」の提供を開始しました。
予約客の無断キャンセルによって損害が出てしまったという経験をお持ちの飲食店経営者様は少なくないと思いますが、今回はドタキャンをあらかじめ防止できる、飲食店にとってありがたいサービスについてご紹介いたします。

関連記事:【飲食店のオーナー様へ朗報!】飲食店の当日キャンセルを減らす方法

無断キャンセルをブラックリスト化! ドタキャン防止システムとは?

ドタキャン防止システム

一般社団法人全日本飲食店協会が提供する「ドタキャン防止システム」は、無断キャンセル常習犯の携帯電話を登録し、飲食業界で情報共有し合えるという便利なシステムです。
サービス利用者はドタキャンされる度に電話番号を登録していくことでデータベースを構築していき、新規顧客からの予約があった際に電話番号を検索するだけで、そのお客様の危険レベルを知ることができます。
これまでも提携を組んでいる飲食店同士で密かに無断キャンセル客に関する情報共有をしていた場合もあったようですが、表立って全国的に無断キャンセルのブラックリスト化を行うのは今回が初の取り組みのようです。

また全日本飲食店協会の会員であれば誰でも利用することができるこのシステムは、データの提供に協力することを条件に利用料金は無料となっています。
まだサービスは始まったばかりなので決して情報量が多いとは言えませんが、会員全員が『予約があったら検索して、ドタキャンされたら情報提供する』を繰り返していくことでデータベースを強化していき、将来的には信憑性の高いリストを作ることができるでしょう。

レジチョイス無料相談窓口
0120-740-336
(受付時間9:00~19:00)
 ※土日祝休み

ドタキャン防止システムに登録をご希望の方はコチラ

「ドタキャン防止システム」にはデメリットは無いの?

cancel予約制度を取っている店舗にとって非常にありがたい「ドタキャン防止システム」ですが、利用するにあたってデメリットなどは無いのでしょうか。「ドタキャン防止システム」を利用する際に気になるポイントについて見ていきたいと思います。

途中で有料化されたりしない?

ドタキャン被害で泣き寝入りする飲食店を減らしていくためにも、より多くの協力者を得る必要があります。それなのに「ドタキャン防止システム」がお金を払った人だけが利用できる有料サービスになってしまえば、利用者も減って情報の質自体も低下してしまうでしょう。
また全日本飲食店協会では他にも便利な有料サービスを提供しており、必要性を感じた方だけに有料サービスを利用していただくことで利益を得られているので、今のところ「ドタキャン防止システム」を有料化するという考えは無いようです。

電話番号を悪戯で利用されない?

『嫌がらせで人の携帯を悪用する人もいるのではないか』、『携帯を新規契約して、昔その番号を使っていた人がドタキャンの常連だったら予約できないのではないか』などの懸念点も多く挙がっているようです。
そこでドタキャン回数が多いからといって初めからお客様を突き放す訳ではなく「団体予約は前払いが必要で、予約日の数日前までに振り込みが無いようであれば、勝手に店舗側でキャンセル扱いにします」などの説明を行い、本当に利用する意思があるお客様にはしっかり利用していただけるように工夫をすれば問題ないでしょう。

他の業種でも利用できる?

ドタキャン被害で困っているのは飲食業だけではなく、ビューティーサロンやホテルなど、予約を受け付けている業種ではドタキャン被害は付き物だと思われるので、他の業種でも「ドタキャン防止システム」が利用出来るのかどうかは気になるところですよね。
こちらの「ドタキャン防止システム」は利用登録と同時に、全日本飲食店協の会員として登録されることになります。よって飲食業以外の方が申し込んだとしても、登録時に行われる審査で弾かれてしまうことになります。
今後も全日本飲食店協会が提供する「ドタキャン防止システム」で他業種に対応する予定は無いようですので、各業種の協会や連名で独自のサービス開発を行うしかあしません。

レジチョイス無料相談窓口
0120-740-336
(受付時間9:00~19:00)
 ※土日祝休み

お見舞い金サービス活用で無断キャンセルには負けない!

トレタ

いくらドタキャンに備えると言ったって、データベースの情報が濃くなるまではドタキャン被害を減らすことはなかなか難しいかもしれません。ドタキャン被害に遭ってしまうと大きな損害になってしまいますが、実はそんな時にお見舞い金を贈ってくれるというサービスがあることをご存知でしょうか。

株式会社トレタが提供する予約・顧客台帳サービス「TORETA」では、無断キャンセルされてしまった際に、手当てとして10,000円を年3回まで受け取ることができる「お見舞い金制度」を行っています。
お見舞い金を受け取るためには月額16,000円のトレタプラスというプランに加入する必要がありますが、予約管理や顧客管理、POSレジとの連携などの様々なサービスを受けることができて便利なので、総合的に考えるとかなりお得なのではないでしょうか。

関連記事:トレタってどれくらい便利なの?飲食店向け予約・顧客台帳サービスを徹底調査!

まとめ

飲食店を営む皆さまにはお店に大きな損害を出してしまわないためにも、より多くのお客様に喜んでいただくためにも、完全無料利用できる「ドタキャン防止システム」に登録しておくことをおすすめします。
またドタキャンをしてくる人には本当に急用で行けなくなったという方もいらっしゃいますが、中には悪意を持って悪戯に無断キャンセルをしてくる、ならず者がいるということにも間違いありません。そういった人を戒める意味でも積極的に活用した方が良いかと思います。自分の店舗や飲食業界を守っていくためにも、まずは自分たちで出来ることに取り組んでいくと良いでしょう。

レジチョイス無料相談窓口
0120-740-336
(受付時間9:00~19:00)
 ※土日祝休み