個人や家族で飲食店を経営している店舗様におススメの「でん票くん」

金品やサービスの取引などの記録のことを伝票といいます。出金伝票から、入金伝票、振替伝票、仕入れ伝票から売上伝票まで様々です。このような伝票を電子化してペーパーレスにしていこうという思いのもと開発された「でん票くん」。今回は、この「でん票くん」サービスコンセプト・企画・お客様サポートを担当しているアロハス株式会社代表の吉原氏にインタビューさせていただきました。

そもそも「でん票くん」ってどんなレジ?

でん票くんは、タブレットPOSを利用しているアプリ型のレジではなく、Webブラウザーを利用したPOSレジだということです。つまり、インターネットにつながりブラウザーをひらける端末であればなんでも利用できるPOSであるということです。タブレットを持っていればもちろんのこと、PCでもPOSとして利用することができるのです。

対応業種としては基本的に飲食店がメインとなるPOSシステムです。注文受付機能から配膳機能、会計から日報までの処理を行えます。

ベーシック版
注文受付機能
  • 同一テーブルの場合は新規又は追加で設定可能。
  • 任意で設定できる属性(例、新規or常連、法人or個人等)の登録及び表示可能。
  • 0円メニューの登録可能。
  • 配膳タイミング(前、同時、後)指定機能。
  • オプションメニュー(必須or任意)指定機能。
  • メモ登録機能。
  • 確認後の変更機能。
  • 注文確定後の変更機能。
配膳機能
  • モバイルからもPCからも確認、チェック可能。
  • 配膳機能のON/OFF可能。
  • 平均配膳時間表示のON/OFF可能。
追加・変更・取消機能
  • 未払の注文に対して、追加・変更・取消が可能。
  • 支払い済みの注文に対して、追加・変更・取消が可能。(返金額の表示)
会計機能
  • タブレット及びPCからも操作可能。
  • 小計に対する値引・割引機能(%または金額入力)
  • 現金支払い以外に、任意でクレジットカード、電子マネー等の支払い方法の登録可能。
  • ベーシック版はプリンター接続ができませんので、レシートや領収書の発行はできません。
  • 1つの伝票を分割して別々での会計に対応する個別会計機能
  • ※「1度のお会計に2つ以上の支払い方法(例えば現金とカード等)の併用」は現在対応しておりません。対応予定です。
  • ※税込み1円単位を切り捨てるように値引きする「まるめ機能」は現在対応しておりません。対応予定です。
消費税設定機能
  • 消費税率の登録機能
  • 内税方式、外税方式に対応(併用は不可)
  • たばこや商品券販売用に非課税対応
  • 平成31年10月実施予定の消費税改定、および軽減税率対応予定
日報機能
  • 単日または複数日指定で集計に対応。(最大31日間)
  • 概要として、売上(税込み・税別)、客数、客単価、割引額、キャンセル数・額レジマイナス回数・額、消費税額等を表示。
  • 売上明細リスト及びグラフ、利益明細リスト及びグラフ、時間別売上・客数グラフの表示、営業時間中の出金、入金の登録及び表示。
  • レジ開け、当日の入出金、現金売上、レジ閉めの登録による明細表示機能。
  • 支払い方法別の売上表示、スタッフのコメント登録。
  • 電子ジャーナルデータ(CSV)のエクスポート機能。
カテゴリー・メニュー登録
  • カテゴリー及びメニューの登録数に制限ありません。
  • メニューは販売価格及び原価登録も可能。原価を登録すると日報にて利益分析も可能。
  • 売切による販売休止ボタンあり。
  • 大盛りやトッピングなどのオプションメニュー登録可(料金の追加または減額も対応)。
  • 注文受付画面での表示順カスタマイズに対応。
情報共有機能
  • スタッフ間で情報共有ができる投稿機能(当日限り、中長期版の2種)。
PC版ダッシュボード画面
  • 受注状況が一覧でわかる画面。
  • オーダー順、商品別、配膳済みの3種類の画面を用意。
  • iPad、Androidタブレットでもプッシュ通知ができるSlackアプリと連携
ユーザー登録
  • 管理者IDとスタッフIDの2種を用意。登録数無制限
  • レシート、領収書に名前の印字。
  • 日報等へのコメント登録可能。
  • 入出金、レジマイナス等の操作全てをIDで確認可能。

レジ版(ベーシック版の機能に追加して)
レジ開け
  • 開店時の金種毎の登録。釣り銭登録。
  • スキップ機能。
レジ閉め
  • 閉店時の金種毎の登録。
  • 日報画面へ遷移。
レシートプリンターとの接続
  • スター精密プリンター[WEBPRINT対応モデル]に接続。
  • 1台のプリンターで、レシートも注文明細(テーブル毎または短冊)の両方の印字に対応。
  • 注文伝票はキッチン用、ホール用と2部印字対応。
キッチンプリンターとの接続
  • スター精密様[TSP650IIシリーズ WEBPRINT対応モデル]に接続。
  • キッチンプリンターは複数台の接続に対応し、メニューのカテゴリー毎に振り分けが可能。
レシート
  • 店名、電話番号、メッセージの登録
  • ロゴデータの登録、印字
  • 再印刷機能
領収書の発行
  • 対応
レジマイナス
  • 支払済伝票一覧からレジマイナス可能。
  • 日報にレジマイナス回数とレジマイナス合計金額の表示。
ドロワーとの連動
  • 会計時のドロワー開操作に対応。

ローカルビジネス運営から生まれた「でん票くん」

–「でん票くん」というサービスを開発したきっかけってなんだったんでしょうか?

あることをきっかけに、飲食店を出店できる機会を古都鎌倉で得たんです。そこで、土地柄観光客に向けた軽飲食店を始めることにしたんですが、飲食業の作業ってデジタル化されてないことが意外と多いんです。そんな飲食店を経営する中、タブレット端末が増える世の中を横目に、「タブレット型のPOSレジがあったらいいんではないのか?」と思い始めたのが、今の「でん票くん」開発のきっかけです。

もともとWebサービスの企画・提案の仕事をしていたこともあり、飲食店経営者の視点をそのままシステムに反映できると思い開発を進めました。開発を進める中、私の構想をより形にしてくれたエンジニアサイドの開発者が、知人のエンジニアである株式会社グローカリズム代表の川戸さんなんです。二人三脚で、試行錯誤しながら開発をし、ようやく2013年の3月からサービスを開始することができました。

汎用性と品質、そしてコストバランスの苦悩

–なるほど飲食店経営者の視点と、自身のシステム企画力で具現化したサービスが「でん票くん」なんですね。であば、かなり利用者のかゆいところに手が届くようなサービスであるかと思いますが、開発で苦労した点についておしえてください。

「でん票くん」はWebブラウザーを利用したPOSシステムということで、通常のPOSシステムよりも更新頻度も多く1~2ヶ月の頻度でバージョンアップを繰り返しているんですが、このバージョンアップをどこまでするのかということに、毎回苦労といいますか、悩んでおります。

-バージョンアップをする作業が大変ということなのでしょうか?

もちろん、少人数で運営開発を行っているのでそれも大変ですが、それよりも“どのような機能をバージョンアップさせるのか?”とバージョンアップさせる機能を決定することが大変なのです。サービス開始から多くのお客様に利用され始めている「でん票くん」なのですが、お客様からの多くのこうして欲しいという声を聞いております。また私たち自身も様々なサービスをシステムで展開したいという思いがたくさんあるなかで、限定的にバージョンアップや機能追加をおこなっていくことが大変なのです。

もちろんお金をかければ、すべてのお客様の声をカバーできるシステムを構築することはできるのですが、「でん票くん」のコンセプトの一つでもある個人経営や家族経営といったローカルビジネスのサポートをする上で安価にサービスを提供するということができなくなってしまうので、更新・追加する機能を選択しております。

汎用性というルールにそった定期的なバージョンアップ

–なるほど、であれば数多くの声などからどのようなルールでバージョンアップするシステムの選定をおこなっているのでしょうか?

それは「汎用性」という点です。幅広い業種業態の飲食店様にお使いいただけるサービスにしていきたいという私たちの思いから、この汎用性というルールでシステムの選定を行なっております。どのような業種でも使える機能、システムにすることで今のままのコストパフォーマンスを維持していくことができるのです。

WebブラウザーをつかったPOSシステムという強みを生かして

–今後の「でん票くん」のバージョンアップの目指す先について教えてください。

やはり今、人手不足が地方だけでなく様々な地域で問題とされてきています。この人手不足の煽りをもっとも受けているのが飲食業界です。飲食業において人手不足という問題は、サービスの低下を意味しています。サービスの質を落とさないために、IOT化が進んでいる状況です。なかでもテーブルオーダーシステムという俗に言うセルフオーダーシステムが、今後必要になってきています。このシステムを「でん票くん」でも提供していけるのではないかと思っております。

–たしかに今セルフオーダーシステムは、人手不足とされている飲食業界において需要が高まっているサービスであるかとおもいます。ですが仮にサービスを安く提供できたとしても、テーブルごとに設置する注文用の端末を設置するための初期の導入費用が店舗様にかかるのではないでしょうか?

弊社では、この初期費用がかからない方法でセルフオーダーシステムを導入できるようになるんです。理由は、弊社の「でん票くん」がWebサービスであるということです。つまりお客様のスマホなどの端末から注文ができるようにできるシステムを開発中なのです。お客さまのスマホを利用するので、店舗側は各テーブルごとにオーダー端末を設置する必要性はありません。代わりに注文ページのQRコードの卓上ポップを用意するだけでいいのです。もしくは、メニュー表にQRコードを印刷するだけでいいのです。

–なるほど、テーブルごとに注文端末を用意しなくても、お客様のスマホから注文できるようになるということですね。

はい、Webサービスを利用したPOSシステムだからこそできる注文方法というわけなんです。そのほかにもインバウンド需要に応えるためにも外国語でのメニュー表記などもできるように検討しております。

まとめ

POSシステムを安価に提供し、家族経営や個人経営を行なっている事業主様の飲食店経営をサポートしてくれる「でん票くん」。POSアプリをベースに広がりをみせているタブレットPOSシステム市場ですが、「でん票くん」のようにWebブラウザを利用したタブレットPOSは、今後様々なスマホ端末がリリースされる中で柔軟に対応していけるPOSシステムなのではないでしょうか。日本の経済を支えている中小企業の活性化の為に、今後もバージョンアップを続ける「でん票くん」。個人や家族て飲食店を経営されている方は是非一度、「でん票くん」を検討してみてはいかがでしょうか?