無料POSレジ選定 複数比較でお店に最適なレジが見つかります! 詳しくはこちら

POSレジのデータ活用できてますか?クロスABC分析を知ろう

POSレジには便利な売上分析の機能が搭載してありますが、うまく活用されているでしょうか?
POSレジのデータ活用ができれば、お店の商品やサービスの在庫管理や粗利額を簡単に把握することができるのです。活用方法の一つとしては、クロスABC分析が挙げられます。今回は、POSレジにおけるクロスABC分析を出来るだけわかりやすく解説していきます!

クロスABC分析とは?

クロスABC分析は、売上分析であるABC分析の中の一つ手法です。

まずは「ABC分析」について

まずはABC分析について見ていきましょう。

ABC分析とは、重点分析と呼ばれており、マーケティングや経営に欠かせない分析方法です。これは、在庫管理や販売管理などで、重要なものをグループ化して管理する方法になります。「グループ化」というのが大事なポイントになってきます。

例えば、累積売上高が70%を占める商品やサービスをAグループ、80%のものをBグループ、90%のものをCグループにして管理します。グループ化すると、売れるものと売れないものの傾向がわかります。売れるものに関しては商品の品切れを起こさないように積極的な仕入を行い、売れないものに関しては不良在庫や廃棄とならないように仕入の数を減らすという対策を取ることが出来ます。

クロスABC分析は、ABC分析とは何が違うの?

ABC分析について上記で解説しましたが、クロスABC分析とはどのような違いがあるのでしょうか?

「クロスABC分析」とはABC分析と若干異なり、『「売上金額」と「販売数量」』、『「売上金額」と「粗利額」』などの2つの視点からABCのランク付けを行う方法になります。A・B・Cだけでなく、AA・AB・AC・BBなど細かくランク付けをしていくということです。2つの視点になることで、ABC分析よりも商品の販売状況がクリアになります。よく売れる商品は何か、粗利率の厚い商品は何かを見分けることができるようになるのです。

クロスABC分析はさまざまなメリットがあります。後で詳しく説明していますが、
「売れていると思っていた商品があったけど、商品の価格が下がったから販売数が上がっただけで実際は利益がでていなかった」「売上はいいけど利益がいまいちだった」という問題を避けることができます。

クロスABC分析の手法について

クロスABC分析の手法は、例として以下の3つのような異なる方向性から分析を行います。
・売上金額と粗利額
・売上金額と販売数量
・売上金額と得意先

例えば、売上金額と粗利額で分析する場合、まずは商品ごとの売上金額と粗利額のデータを用意して構成比を計算します。そして、そのデータをクロスABC分析でランク付けしていきます。A評価は70%以下、B評価は80%以下、C評価は90%以下などに設定します。

POSレジを使ってデータを出力する場合、「商品別売上」画面から分析対象を選択し、商品別売上を表示すると、売上累計構成比、粗利額累計構成比が表示される仕組みになっています。表示されたら、ABCのランキングをしていきます。

例えば定食屋の売れ筋で、クロスABC分析をしてみましょう。

上記のようにAA、AB、BB、CCなどと商品ごとにランクをつけていきます。

AA評価のラーメンや唐揚げ定食は売上がよく粗利益もとれる商品、AB評価のかつ丼は売上がよく粗利はまぁまぁな商品、BB評価のそばは中間評価で改善の見込みありなどと判断できます。

クロスABC分析ができると、何が良いの?

クロスABC分析のメリットは、ABC分析と異なり「何が売れたか」だけではなく、お店の陳列商品やメニューの販売戦略を考えられる点にあります。AA評価の場合は商品を切らさないようにすればよいですし、BBの場合は告知次第でAB評価にもっていくことができるかもしれません。CC評価の場合は、売上も粗利額も悪いと考えられるので、撤退するという判断ができます。

ただ、CCの場所にあるからといって、必ず撤退すればいいというわけでもありません。先ほどの例で言うとフライ定食がCCにあたりますが、フライ定食メニューが一定層のニッチな人気を獲得している場合や、そもそもお店の一押しメニューだった場合などは簡単にそのメニューを辞められないと思います。

ニッチ層の人気獲得であれば、そのままにしておくという判断も考えられますし、お店の一押しメニューだった場合は売上向上のための方法を考えたり、粗利改善のための方法を考えることで、AAに持っていくための努力を行うことが出来るということです。

一押しだけど粗利が出ないというものは「1日5食限定」などにし売上を押さえ、集客効果のあるメニューにしてしまうという方法もあると思います。

こうやって、ただ売上ベースで仕入をするのだけでなく、経営状況を具体的に考えられるというのがクロスABC分析の良い点です。このようにクロスABC分析をすると、店舗経営の視点がワンラックアップするものだということがわかります。

まとめ

クロスABC分析と聞くと難しい分析方法と考えがちですが、あまり難しいものではありません。しかし、ガチャレジの売上からエクセルで表計算する場合は、まずいつ何を何個売り上げたのかというデータを書きだして、表の入力と関数を利用する必要があり、作業に時間がかかります。

POSレジの場合は、これらのデータは蓄積されていきます。ABC分析機能が搭載している場合、エクセルで計算する必要はありませんし、そうでなくてもデータをダウンロードをすることが出来るので、クロスABC分析がとても楽になります。ぜひPOSレジ導入を考えている店舗様、また導入したよという店舗様は、POSレジのデータを活用し、分析してみてくださいね。

お店に本当に合ったPOSレジ選びをお手伝い
店舗に本当に合った
POSレジ選びをお手伝い
後悔しないPOSレジ選びを。比較・見直ししてみませんか?
軽減税率対策POSレジのご相談も承ります。
弊社がレジメーカーではない代わりに、無理な提案は一切ございません。
後悔しないPOSレジ選びを。比較・見直ししてみませんか?軽減税率対応POSレジも。弊社がレジメーカーではない代わりに、無理な提案は一切ございません。