広がりを見せるQRコード決済!NTTドコモのd払いに対応する方法とは?

d払い

先日のAirレジ カンファレンス 2018まとめ part.3でもご紹介していた「モバイル決済 for Airレジ」のサービスに、今春よりNTTドコモが提供する「d払い」の取り扱いが追加されることが発表されています。
最近「dポイント」といったNTTドコモが提供するサービスをいたるところで見かける機会が増えたように感じられますが、d払いやdポイントなどのNTTドコモのサービスを導入することで店舗にはどのような効果が得られるのでしょうか。

NTTドコモが提供する「d払い」とは?

d払いとは、NTTドコモが提供するスマホ決済サービスのことです。
スマホ画面に表示した専用アプリのQRコードをd払い加盟店の決済端末で読み取ることで、お買い物をキャッシュレスで楽しむことができます。クレジット払いやスマホ料金との合算払いのほか、たまったdポイントでのお支払いも可能です。

d払いでのdポイント進呈は税込み200円のお買い物につき1ポイントとなっており、たまったdポイントは1ポイント1円としてご利用いただけます。
また現在「ポイントがたまるネットショッピング」としてご利用いただいている「dケータイ払いプラス」もd払いの名称に変更されることになっており、ネットショップでは引き続き税込100円のお買い物につき1ポイントの進呈となります。

スマホ決済と言えば専用機器の導入が必要なイメージがあるかと思いますが、d払いを導入するにあたってd払い専用アプリと、市販のタブレットかバーコードリーダーを準備するだけでサービスが利用できるようになっているので「FeliCa(フェリカ)」などのICカード払いに対応するよりも圧倒的に導入コストが抑えられるのが魅力です。

「d払い」のようなQRコード決済を導入する店舗増える理由とは?

かんたん・べんり・おトク

Rコードなどを利用したスマホ決済には以下のようなメリットがあります。
・電子マネーに比べて導入コストが低い
・月額料金無料で、決済手数料のみで利用できることが多い
・すでに海外では浸透しているのでインバウンド対策として有効
・ポイントが付くサービスであれば顧客の購買意欲があげられる(楽天pay、d払いなど)

クレジットカードや電子マネーでの支払いに対応させる場合は必ずカードリーダーが必要となってきますが、d払いのようなQRコード決済の場合はお手持ちのタブレットと専用アプリのみで利用できるので、大幅にイニシャルコストを抑えることができます。また月額料金無料というサービスが多いため、ランニングコストも抑えられるのも魅力的ですね。

日本では未だ現金での支払いが主体となっていますが海外では「Apple Pay」や「支付宝(アリペイ)」などのスマホ決済がかなり浸透しているので、日外国人のお客様を集客するにはかなり効果的な方法と言えます。
また「決済手数料すら惜しくて現金払いのみにしている」という経営者様も少なくはないようですが、インバウンド対策によって得られる効果と併せて考えると、2020年の東京オリンピックを見越して今のうちに導入しておいた方が利益に繋がるのではないでしょうか。

NTTドコモが提供するの「d払い」に対応するには?

企業名 店舗への導入形態
キャナルペイメントサービス株式会社 電子決済ゲートウェイへの機能搭載(POSレジ等から接続)・小型決済端末・タブレット等の導入
インコム・ジャパン株式会社 POSレジでの導入
株式会社リクルートライフスタイル タブレット等の導入(「モバイル決済 for AirREGI」にて提供)
ベリトランス株式会社
株式会社イーコンテクスト
日本電気株式会社 電子決済ゲートウェイへの機能搭載(POSレジ等から接続)
株式会社ネットスターズ 小型決済端末・タブレット等の導入
株式会社エヌ・ティ・ティ・データ 電子決済ゲートウェイへの機能搭載(POSレジ等から接続)

現時点で以上の8社がd払いのシステムパートナーとして予定されているので、ドコモのd払いを店舗で取り入れるためにはいずれかの方法で導入する必要があります。

d払いのサービス提供開始は4月を予定しているので現段階ではまだ利用できませんが、今後d払いへ対応させることを本格的に検討しているのであれば、d払いにも対応する予定がある他のQRコード決済サービスを導入しておくことをおすすめします。
そうすることでd払いのサービスが提供開始された際にスムーズに対応することができて、ライバル店にも差が付けられるのではないでしょうか。

まとめ

QRコード決済

NTTドコモは携帯電話の大手3キャリアで圧倒的シェア数を誇るようですが、dポイントはドコモのスマートフォンや光回線のドコモ光を使っていると毎月たまっていくシステムになっています。またdポイントやd払いはドコモユーザー以外も利用できるようになっており、マクドナルドやローソン、フリマアプリのメルカリなどでもdポイントに対応しているので、dポイントでも支払いができるd払いは今後かなりの需要が出てくるでしょう。
さらにd払い以外にもアリペイなど訪日外国人に需要があるQRコード決済を導入することによって、今後かなりの収益アップが見込めるかと思うので、d払いやアリペイに対応した「モバイル決済 for Airレジ」などのスマホ決済サービスの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

QRコード決済に対応したPOSレジをお探しの方はコチラ