無料POSレジ選定 複数比較でお店に最適なレジが見つかります! 詳しくはこちら

店舗の設備やコストを見直そう!コスト削減をポイントごとにチェック

2019年10月より消費税増税が実施されました。消費税増税によって買い控えやこれまでの消費量を下回る可能性もあるため、店舗としてできる対策はしておきたいというところではないでしょうか。
そこで今回は、店舗運営に関するものに対して「コストを削減することで対策できる」いう点に着目していきます。増税をきっかけに、こうしたコスト削減について見直す機会を設けてみてはいかがでしょうか。

消費税増税にともなう支援施策

2019年10月1日、これまでの消費税8%から10%への引き上げが行われました。前回にあたる2014年の消費税増税に続き、5年半ぶりの増税です。ついに消費税が2桁になったことも注目されていますが、今回の増税では消費者や店舗に対する支援対策についても注目されていますね。まずは今回の消費税増税に関して、特に注目されている施策について簡単にご紹介していきましょう。

軽減税率

軽減税率とは、一部の飲食料品と定期発行される新聞に対しては、税率を8%のまま据え置きにするという内容の施策です。対象となる品目に関しては、外食や酒類を除く飲食料品、週2回以上発行されている新聞を定期購読している場合となります。この軽減税率は、生活に欠かすことのできない食品が中心となっていて、主に低所得者層向けの対策とされています。
ただしこの軽減税率を導入するにあたり、店舗や企業としてはレジや会計の作業が複雑になってしまったり、そもそも軽減税率に対応させるためにレジを変えなければならないというケースもありました。そこで店舗や企業に対して支援する内容の施策として「軽減税率対策補助金」も用意されました(現在は終了しています)

軽減税率対策補助金(店舗向け)

こちらは、軽減税率に対応するためにかかる費用を国が一部負担するという内容の施策です。様々な条件や種類が分類されていますが、この施策のおかげで店舗や企業は補助金を受けることができ、軽減税率に対応するための費用を抑えることができました。
また、これを機にPOSレジへの変更を行うケースも増えたため、より業務効率の良い作業を行えるようになった店舗も少なくないでしょう。
※こちらの受付は2019年9月30日で終了しております。

キャッシュレス・消費者還元事業

こちらは今まさに注目されている内容の施策ですね!対象の商品・店舗での買い物をする際に、対象となるキャッシュレス決済サービスにて決済する場合に、2%もしくは5%の還元が消費者に対して行われるという内容です。
もちろん店舗やキャッシュレス事業者に関しても、決済端末が無料で利用できたり、決済手数料への支援等が行われるため、消費者だけでなく店舗やキャッシュレス事業者にとってもプラスになる対策です。これにより、増税後の買い控えの影響も大幅に抑えられているのではないでしょうか。
ただしこのキャッシュレス・消費者還元事業に関して、大手企業が展開する店舗ではこの対策の対象ではありません。そうした店舗では増税後の痛手を受けている場合もあるでしょう。

【こちらも注目】キャッシュレス・消費者還元事業って何?基礎知識をおさらい

消費税増税に関してこうした対策は用意されているものの、対象外となる店舗も多いのが実情です。また、こうした対策を行っていても消費者の買い控えによって想像以上に売上に影響が出ている場合もあるでしょう。
そこで、直接的な売上に関する対策だけでなく、店舗運営でかかる全体のコストを削減することも大切なポイントになってくるのではないでしょうか。
どういった項目をコスト削減として実行できるのか、具体例を挙げて確認していきましょう。

コスト削減(1)Wi-Fi、通信費を見直そう

通信環境の見直しを行うことでコスト削減に繋げるケースです。最新の光回線やWi-Fiサービスなどをチェックして、よりお得で性能の良いものを選ぶようにしましょう。

初期の設定プランのまま続けていないか?

店舗のオープン当初に契約したサービスをそのまま使っている店舗も少なくないのではないでしょうか。毎月のランニングコストとして発生し続けるものなので、少しでも安くお得になったサービスやプランがあれば変更したほうが良いですよね。特に光回線サービスは、各社が展開する「光コラボレーションサービス」と言った、新しいサービスなども登場して年々変化しています。電話とネットをセットで使う場合、サービス提供会社によっては1,000円以上も差がある場合もあるくらいです。

通信速度や安定性に満足しているか?

通信速度に関しての不満はないでしょうか。私たちが日ごろ飲食店で食事をする際、なかなかインターネットへの接続がうまくいかないことがあります。そうした視点でも、お客様視点で考えてみると良いかもしれません。特にインターネット回線サービスに関しては、時代とともにその内容も進化しています。10年前の光回線サービスの内容と現在最新のサービス内容では、最大速度等も100Mbpsが主流だったのに対し、1,000Mbps(1GB)まで出るようなサービスも登場しています。それでありながら、料金が同程度か安くなる場合もあるでしょう。

コスト削減を考える際、インターネット環境の見直しを行うことで、より便利で使いやすい店舗としても変わっていくことができるかもしれません。

コスト削減(2)電気代や水道代を見直そう

店舗としてなかなか節約しにくいのが、電気や水道・ガスなどの光熱費。
店舗運営における作業や、営業時間は決まっているため、なかなか減らすことのできない項目として考えられているのではないでしょうか。ですが光熱費に関しても、使い方や使用量という点ではなく、サービスそのものを変更したり、節約に繋がる仕組みを導入することができるのです。

LEDなど出来るだけ電気代のかからないものにしよう

LEDの電気について詳しくご存知でしょうか。LED電気は、安くて長持ちする点が大きな魅力となる電気なのです。
一般の白熱電球とLED電球を比較すると、消費電力が約7:1となり、電気代も比例して7:1になるというケースもあります。また、LED電球は、約10年程度持つとも言われているため、一度付ければ長期間に渡って交換の必要がない(※)場合も多いのです。
こまめに電気を買える手間もなくなり、その上電気代も大幅に節約できるのであれば、店舗で使う電気として選択肢に入れると良いでしょう。
※選ぶLED電気によって差があります

水道代は節水装置を利用してコストを抑えよう

飲食店などにおいては、洗い物作業もあるため、水道代が悩みの種になる場合もあるでしょう。そんなときは、節水関連グッズがおすすめ。「節水装置」や「節水コマ」と呼ばれるものを取り付けるだけで、水道代の節約に大きく繋がるのです。
節水グッズとは、蛇口に関するコマ(部品)を交換することで、水量を減らすことのできる装置です。家庭用の節水グッズとして、ホームセンターで販売されていたり、水道局等で配布されているなどしてきましたが、飲食店向けに作られた節水グッズにも注目が集まっています。
こうした節水グッズを取り付けることで、水道代が1/4程度に減らせる場合もあるようなので、飲食店においては是非検討したいところです。

コスト削減(3)人件費を見直そう

店舗運営において、最もコストのかかる項目といっても過言ではない人件費。
この人件費を削減できることで、店舗の運営にかかるコストを大幅に減らせることも可能になるかもしれません。レジチョイスでは、これまで作業の業務効率化を可能にできるサービスを多数ご紹介していますが、特に人件費という点で改善できるのが「テーブルトップオーダー」や「モバイルオーダー」でしょう。
飲食店のテーブル上で注文ができるため、いちいちスタッフが伺いに行く必要がなくなります。お客様によっては、追加注文をたくさんする場合もあるため、これらに関わる作業の手間が減らせるのは大きいですよね。機械を通して注文するため、スタッフの聞き取りミス等も減らせるためトラブルも減らせるでしょう。
逆を言うと、スタッフの人員を確保できない場合でも、こうした仕組みがあるだけで非常に助かるサービスとも言えるのではないでしょうか。

【こちらも注目】テーブルトップオーダーを飲食店が導入する6つのメリットとは?
【こちらも注目】セルフオーダー(テーブルトップオーダー)が利用できる飲食店向けPOS&システムまとめ

まとめ

今回は、店舗でできるコスト削減についてご紹介しました。消費税増税に関して、国が様々な支援対策を行っています。それでも、増税後の買い控えにより、売上が低迷してしまう場合もあるでしょう。
そんなときは、店舗運営でかかる全体のコストを俯瞰して、コスト削減のために動くのも一つの方法とも言えるのではないでしょうか。
コスト削減に関しては、一度仕組みを整えるだけで長年使い続けられるサービスが多いのも魅力のひとつです。
今回ご紹介したほかにも、店舗に合ったサービスを提供できる可能性もあるので、是非一度レジチョイスの無料相談をご活用ください!

お店に本当に合ったPOSレジ選びをお手伝い
店舗に本当に合った
POSレジ選びをお手伝い
後悔しないPOSレジ選びを。比較・見直ししてみませんか?
軽減税率対策POSレジのご相談も承ります。
弊社がレジメーカーではない代わりに、無理な提案は一切ございません。
後悔しないPOSレジ選びを。比較・見直ししてみませんか?軽減税率対応POSレジも。弊社がレジメーカーではない代わりに、無理な提案は一切ございません。