無料POSレジ選定 複数比較でお店に最適なレジが見つかります! 詳しくはこちら

画像認識レジシステム搭載!AIレジ「CoolRegi」とは?

2019年11月7日、NTTデータ ジェトロニクス株式会社はディープラーニングを活用した画像認識レジシステムの開発・販売を発表しました。(リリースはこちら
同社は現在、複雑な機能や操作を省き、決済スピードと操作性を重視した「CoolRegi(クールレジ)」を提供しています。今回新たに発表されたAIレジも、「CoolRegi」のラインナップとして追加されます。

近年ではあらゆる業界においてAI化の波が押し寄せています。レジも例外ではなく、これまで以上に便利に活用できるAIレジの存在が注目を集めています。今回発表された「CoolRegi」がどのような機能を持ち、どんなことができるのか見ていきましょう。

CoolRegi(クールレジ)とは

NTTデータ ジェトロニクス株式会社が提供する「CoolRegi(クールレジ)」は、シンプルで簡単に扱えて、スピーディーに会計が行えるよう設計されています。従来レジのテンキーによる操作性を引継ぎつつ、タッチパネル形式も加えられています。画面上でメニューを選択して会計ボタンを押すだけの構成なので、誰でも簡単に入力・精算が行えますね。対面式レジとしても、セルフレジとしても利用が可能です。

「CoolRegi」は混雑緩和・人手不足解消・管理コスト削減などの問題を解消するように設計されており、とくに学生食堂や社員食堂などで導入が進められています。POS端末をセットでも提供されていますが、必要なものだけ導入することも可能なので、便利に利用できるでしょう。

近年では働き方改革の切り口の一つとして、社員食堂の満足度が注目されています。同社は2019年4月よりより、シンプルな操作性と、迅速な決済スピードを重視した有人・セミセルフ型レジシステムを提供しています。その後もさらなる精算スピードの向上や、レジの完全な無人化を実現するために、画像認識レジシステムの開発を進めていました。いよいよ開発が実を結び、今回発表されたクラウド管理型の「CoolRegi」が正式にラインナップの一つとして、11月より販売が開始されます。

CoolRegiのメリット

「CoolRegi」はメニューも集計もクラウド管理で行われるので、サーバー導入が必要ありません。RFIDタグの導入や更新も不要となるので、パソコンに苦手意識を持つ人でもスムーズに利用できるでしょう。導入も低コストに抑えられ、手間がかからずスピーディーな導入が可能です。さまざまな外部サービスとも連携が行えるので、幅広い使い方が期待できますね。

こんな悩みにはCoolRegiがオススメ

「CoolRegi」は、以下のようなお悩みを持つ企業・団体・学校にオススメです。

  • 効率化だけではなく、付加価値のある食堂を目指したい
  • 合理化・省力化によって生産性を高めていきたい
  • 複数税率に対応したレジを導入したい
  • 食堂を通して働き方改革や、利用者満足度向上に繋げていきたい

さまざまな情報をクラウド上で一元管理できる

「CoolRegi」では、売上集計やメニューの追加・変更など、クラウド上で設定・管理することが可能です。各データは自動的にクラウドへ反映されます。各地の拠点や工場など施設の売上も一元化できて見える化に繋がるので、複数の施設を持っている場合にも助かりますね。また以下のような機能拡張も可能なので、利用者満足度向上を目指していけるでしょう。
・人感センサーを活用して、食堂の混雑状況を見える化する。
・喫食履歴や健康診断の結果を組み合わせて、健康管理に役立つメニューを提案する。
など

画像認証システムが搭載された新レジの特長

今回の発表で新たに追加された「CoolRegi」は、完全セルフ型レジとなります。シンプルかつ直感的な操作性が追及され、誰にでも簡単に利用できる構成となっているので、セルフレジが苦手な人でもスムーズに利用できるでしょう。会計待ちの行列を削減するために、食後清算方式が前提とされ設計されています。画像認証システムが搭載された新レジの利用方法は、以下の通りです。

  • 食後トレイ上の食べ終わった食器をそのままの状態で、レジに画像を認識してもらう。
  • レジに使われているAI技術により、食器が瞬時に識別される。
  • レジに識別結果が表示されるので、利用者は確認後にキャッシュレス決済を行う。

以上のプロセスで、スピーディーに清算が完了します。

ディープラーニングにより、事前に食器の画像を学習してあるので、トレイ上の食器の位置や食べ残しに影響を受けません。またコップや箸といった清算対象外のものは除外されるなど、高度な認識精度が達成されているので安心できますね。もしも誤認識があった場合にも、タッチパネル操作で簡単に訂正可能ですよ。

キャッシュレス決済を採用

「CoolRegi」は、ICカードや電子マネー決済に対応しています。キャッシュレス化を進めることで清算がスムーズになり、会計待ちや食券購入といった混雑を招きやすいわずらわしさが解消できるという狙いがあるようですね。さらにつり銭間違いや会計ミスといったヒューマンエラーを防止できるといったメリットも挙げられます。

「CoolRegi」ではクラウド型の決済プラットフォームである「Thincacloud」が採用されています。このシステムにより多彩な電子マネーの使用が可能となり、スマホ決済も利用できます。ただし各種クレジットカード、ハウスプリペイドカード、社員証などによる清算には、カスタマイズが必要となるので注意してください。

今回の画像認証システム搭載のAIレジも、キャッシュレス決済が採用されています。キャッシュレス決済により、食堂スタッフによる会計業務負担が大幅に削減されるでしょう。現金の受け渡しを行わないので、キッチンの衛生面にも効果が期待できますね。

画像認証システム搭載のAIレジはRFIDタグを使った同種のレジと比べても、皿単体のコストダウンも可能とされています。洗浄時の取り扱いを簡素化できるだけでなく、食器の柄・形・素材などの選定の自由度も増すでしょう。

CoolRegiの今後の展望

NTTデータ ジェトロニクス株式会社では、今後一日の喫食数が1,000を超える食堂を抱える企業や大学を中心に展開していくと発表されました。今後の展望としては、IoT技術を活用した快適かつ魅力的な食堂作りを支援していくとされています。さらに利用者の健康管理、食堂スペースの有効活用といった課題の改善までを視野に入れたソリューションを提供していくことを目標としているようですね。

「CoolRegi」やキャッシュレス決済により、多くの食堂では運営の効率化が実現しつつあります。将来的には同社が目標とするレジの完全無人化も、夢ではなくなるでしょう。

まとめ

今回はNTTデータ ジェトロニクス株式会社の「CoolRegi」について解説しました。

同社はこれまでも有人・セミセルフ型レジシステムを提供していました。今回発表された画像認証システム搭載のAIレジはより高性能で、同社が目標として掲げるレジの完全無人化へと一歩近づくものであると言えるでしょう。運営の効率化を実現するAIレジについて、レジチョイスでは今後も注目していきます。

お店に本当に合ったPOSレジ選びをお手伝い
店舗に本当に合った
POSレジ選びをお手伝い
後悔しないPOSレジ選びを。比較・見直ししてみませんか?
軽減税率対策POSレジのご相談も承ります。
弊社がレジメーカーではない代わりに、無理な提案は一切ございません。
後悔しないPOSレジ選びを。比較・見直ししてみませんか?軽減税率対応POSレジも。弊社がレジメーカーではない代わりに、無理な提案は一切ございません。

関連タグ

お悩み・目的別タグ