無人コンビニが世界で増えている?日本に必要な技術とマインドセット

無人レジ イメージ

どのような業態でも「お店」といえば必ずスタッフがいるものでしたが、最近ではこの常識も変わって行きつつあります。スタッフがいなくても本当にお店は成り立つのでしょうか。今回は世界で注目されている「無人コンビニ」についてご紹介します。

関連記事:コンビニから人がいなくなるかも・・・全コンビニ無人レジ化!?

無人コンビニの先駆者「Amazon GO」

スマホをかざす イメージ

2016年に全世界に大きな話題を呼んだ「Amazon GO」をご存知でしょうか。
「Amazon GO」とはシアトルのAmazon社内にオープンした無人コンビニです。これまではどのようなお店にも必ずスタッフがいましたが「Amazon GO」には人間のスタッフが存在せず、スマホ1つ持っていれば商品をとって店内から出るだけで買い物ができてしまうという、なんとも画期的なシステムのことです。

「Amazon GO」の店舗を利用するためには、あらかじめ自分の持っているスマホに専用のアプリをダウンロードしておく必要があります。
お店の入り口は駅の改札口のような形をしており、ICカードのようなイメージでアプリのQRコードをかざすと入店できます。
あとは店内に設置した無数のセンサーが個人と商品を識別してくれるので、商品を手にとってそのままお店から出ると料金が引き落とされるという仕組みになっているようです。

こちらは車の自動運転などに採用されている「コンピュータ・ビジョン」や「ディープラーニング」などの技術が用いられているそうですが、世界的にも無人のレジを導入しようという取り組みに対して積極的になっているようで、日本でもセルフレジを導入した店舗が増えてきています。
現在ではアメリカや中国を中心として新しい技術が次々と誕生しているのですが、世界には一体どのような無人レジがあるのでしょうか。

無人コンビニに意欲的な中学が提供する「BingoBox」

顔認証 イメージ

アメリカが開発した「Amazon GO」の後を追うようにして発評されたのが、昨年中国で実用化された無人コンビニ「BingoBox」です。
「Amazon GO」と同じように入口でスマートフォンをかざすことで入店でき、WeChat Pay(微信支付)やAlipay(支付宝)で支払いすることになります。

無人コンビニでは利用者が増えれば増えるほど管理が難しくなると言われているそうですが、防犯やセキュリティーの面でも万全の対策が取られているようです。店内に設置されたカメラではスマホに登録されたIDと個人の顔を判別できるようになっているので、もし他人のIDを使用して入店して支払いをせずに店の外に出た場合、警察に通報されてブラックリストにも乗せられてしまいます。

中国では人口のほとんどの人が何らかの決済サービスを利用していると言われているように、中国では現金を使わない決済方法がかなり馴染み深いので、国全体がレジの無人化に対して意欲的な考えを持っているようです。

日本でも動き出すコンビニAI化プロジェクト

AI イメージ

日本でもAIを使ってコンビニを便利にしようというプロジェクトは動いており、ファミリーマートとLINEの共同開発で「ファミマミライ」というサービスを開発しています。

こちらは「Amazon GO」や「BingoBox」とは決定的に違う役割を果たしており、完全なる無人化を目指しているわけではなく、あくまでAIによるスタッフのサポートを目的としているそうです。
それでも商品のバーコードを1つ1つ読み込む手間などが省力され、画像認証をすればLINE Payで決済が完了する仕組みになっているので、スムーズな会計作業が実現されるでしょう。

また日本で無人コンビニと言えば、以前am/pmが提供した自動販売機型のコンビニが話題となりました。am/pmは2010年にファミリーマートに吸収されたため現在ではファミリーマートの方でこちらの事業を引き継いで、オフィスなどをターゲットにして事業拡大していっているそうです。

日本で浸透する無人レジの形

セルフレジ イメージ

「Amazon Go」などのようにスムーズにお会計ができるわけではありませんが、日本でも導入店舗が増えつつある「セルフレジ」も無人レジの一種です。
通常のレジであれば1レジに対して1人のスタッフが必要ですが、セルフレジはお客様が自ら会計作業を行うシステムのため基本的にはスタッフを必要としません。トラブルが起きた時に対応するスタッフは必要なため、レジ5~10台に対してスタッフが1人付いているだけでレジ業務を補うことができます。

また完全に人がいないセルフレジの他にも、商品の入力は従来のように店員が行ってお金に関する部分はお客様がご自身で行う「セミセルフレジ」も注目されています。こちらは自動つり銭機と同じようにお金の数え間違いなどのトラブルは起にくいですし、スタッフがお金を触った手で商品に触れることがないので、とくに食料品を取り扱っているお店では重宝されています。

まとめ

コンビニスタッフ イメージ海外に比べて現金での支払いを好むことが多い日本人にとって、スマートフォンだけで支払いが完了する「Amazon GO」などのシステムよりも、スタッフが会計を行う「ファミマミライ」や安心感のある「セルフレジ」の方が適しているように思えます。ただし最近では電子マネーや仮想通貨など、目に見えないお金へ対する敷居が少しずつ低くなってきているようなので、完全に無人化したコンビニが日本でも浸透していく未来もそう遠くないのかもしれません。

レジに関するお問い合わせはコチラ