無料POSレジ選定 複数比較でお店に最適なレジが見つかります! 詳しくはこちら

軽減税率・キャッシュレス対応推進フェアin東京

2019年6月4日から、6月5日にかけて二日間。東京国際フォーラムでは、経済産業省主催の「軽減税率・キャッシュレス対応推進フェアin東京」が開催されました。

2019年10月1日より消費税率が10%に引きあがることに伴い、国では軽減税率制度の導入が開始します。同時に、対象店舗でキャッシュレス決済を行った消費者へは「ポイントの還元」が実施されるといった消費者還元事業が開始する予定です。
こういった国の取り組みに関しての、セミナーの開催や、各キャッシュレス事業者・レジベンダーによるプレゼンなどが行われました。
初日に行われた「軽減税率対応・キャッシュレス化 総決起大会」の際は多くの来場者で賑わっており、キャッシュレス化へ向けて動いていく熱気を感じさせます。その後の各セミナーの内容もキャッシュレスへ向けての熱を高めるものとなっており、同時に、軽減税率への対策についても語られました。

会場ではこの他、レジベンダーによるPOSレジの実機展示も行われていましたので、今回は消費者還元事業についての簡単なまとめと合わせて展示のPOSレジについても簡単にご紹介していきたいと思います。

消費者還元事業について

まず簡単に、消費者還元事業についてまとめていきます。

加盟店にとってのメリット

  • 対象事業者との契約にあたって、決済端末が店舗負担なく導入が可能
  • 加盟店になることによって制度開始に伴い、HP上にて地図による対象店舗としての告知が行われる
  • 決済手数料の1/3に対して国による補助を受けることができる(開始~2020年6月までの9カ月間のみ)

消費者にとってのメリット

  • 対象の店舗で、対象のキャッシュレス決済を行う事によってポイントによる還元が行われる

なお、今回の消費者還元事業については中小企業・小規模事業者を対象とした制度になっているため、フランチャイズ店に関しては一部の制度が対象外となるのでご注意ください。

軽減税率制度と対策のためのPOSレジについて

今回のイベントのもう一つの主役である、軽減税率制度についても簡単に内容をまとめてみます。

軽減税率制度とは

消費税率が10%に引きあがるのに対して、所定の販売物に関しては軽減税率である8%が適応される。というもの。軽減税率については、「飲食料品の譲渡」の際に対象となってきます。これによって、軽減税率に関わる商品の取り扱いを行う店舗は、レシートに複数税率の印字の出し分けが対応したレジへの切り替えが必須となってきます。

様々なPOSレジ

では、軽減税率に対応できるレジはどういったものがあるのでしょうか。軽減税率・キャッシュレス対応推進フェアでは各レジベンダー、メーカーによる複数税率・キャッシュレスに対応したレジの実機デモが行われていました。レジチョイスでも、いくつかPOSレジをご紹介させていただきます。

レジメーカーによる展示

ブレインレジ

飲食店専門のPOSレジで導入実績NO.1と言われているブレインレジも今回のフェアに参加をしていました。
オシャレでコンパクトなボディはドイツのデザイン賞を受賞したことでも有名ですが、この本体端末と内部のソフトウェアの両方をブレイン株式会社にて開発を行っています。このため、メーカーの方がレジについて非常に熟知をされているといった特徴があります。
実機の画面も非常に見易く、飲食店のことを考えて作られていることがわかります。ハンディの利用には月額料金が発生しますが、他の売上管理に必要な機能などはすべて無料プランから利用できるという意味でランニングコスト面にも強いPOSレジです。

パワークラウドPOS

株式会社タスネットから展示されていたパワークラウドPOSは小売店向けのPOSレジです。ネットショップ(ECサイト)と実店舗との在庫連動に対して非常に強く、また顧客管理機能にも力を入れているレジです。小売店であっても、飲食料品の譲渡販売を行う店舗であれば複数税率に対応できるPOSレジへの切り替えが必要ですが、このパワークラウドPOSは軽減税率にもしっかりと対応が可能です。

VALTEC TK-1920

office24
オフィス24グループからは券売機が展示されていました。画面はタッチパネル式のディスプレイで日本語・英語・中国語に切り替えて表示をすることが可能です。勿論、複数税率やキャッシュレスにも対応しています。展示はこちらの端末のみでしたが、今夏には現金非対応の完全キャッシュレスモデルもリリース予定とのこと。最大のメリットは現金用のシステムを省略することができるので導入費用を抑えられる、という点になりそうです。

モバイルPOSレジベンダーによる展示

レジポンforファーマシー

rejipon
ウェブフロンティアからは調剤薬局専用のPOSレジの出展となっており、こちらは実際に薬剤師の方の現場の声を聞きながら作成したということで、情報の確認画面が非常に見易く設計されています。調剤薬局に欠かせないレセコンとの連動も対応しており、更には複数枚の処方箋を一度に会計出来るシステムが備わっています。これによって、今までは一人ずつ会計を行う必要があったところを、ご家族ごとにまとめて会計ができるようになったとのこと。

Okageレジ

okage
Okageレジは、飲食店向けのオーダーシステム(OES)に対しての機能が多彩に備わっていることが特徴的です。利用できるオーダー方法としては店員が手元の端末で注文を受けることができる「ハンディシステム」、来店者自らのスマホから注文ができる「モバイルオーダーシステム」これらのオーダーはキッチンプリンターのみではなく、「キッチンモニター」といった形でディスプレイに表示をしていくことも可能です。また、セルフオーダー用にメニューブックといった機能を選ぶこともでき、こちらは紙のメニュー表をそのまま移植することができ、お店の世界観の再現を可能にしてくれます。

POS+(ポスタス)

POS+
パーソル プロセス&テクノロジーのPOS+は非常にシンプルかつ見易いホーム画面で構成されています。予約システムのebicaとの連携が強化されていることや、利用シーンや流入経路などを紐づけて登録することにより分析機能も充実しています。更に、売り上げ目標を設定することで、目標に対する到達度をグラフによって可視化することができ、店舗全体のモチベーションアップにも繋がるという工夫がされていました。

スマレジ

sumareji
多様な業種にて幅広く運用ができるスマレジは様々なシステムと連携をすることが可能になっています。また、ホーム画面上に表示されているオーダー用のボタンには商品の写真を登録することができるので、スタッフが注文内容を入力する際に視覚的に判別し易いようになっています。

軽減税率制度と消費者還元事業の開始に向けて

今回のキャッシュレス対応推進フェアでは、キャッシュレス化へ向けての熱量は勿論でしたが、同時に軽減税率制度の開始に向けて複数税率に対応が可能なPOSレジも見逃せない、といった内容となっていました。
キャッシュレス決済の普及は、消費者還元事業による顧客へのポイント還元や加盟店への手数料補助だけではなく、これから先のインバウンド需要を見込んで欠かせないものとなっていきそうです。
合わせて、決済サービスとの連動やレシートへの複数税率の印字が可能なPOSレジを導入していくことで会計時のオペレーションの改善、従業員の負担の削減などといった店舗の環境を整える絶好のタイミングと言えるのかも知れません。

お店に本当に合ったPOSレジ選びをお手伝い
店舗に本当に合った
POSレジ選びをお手伝い
後悔しないPOSレジ選びを。比較・見直ししてみませんか?
軽減税率対策POSレジのご相談も承ります。
弊社がレジメーカーではない代わりに、無理な提案は一切ございません。
後悔しないPOSレジ選びを。比較・見直ししてみませんか?軽減税率対応POSレジも。弊社がレジメーカーではない代わりに、無理な提案は一切ございません。