タブレットPOS導入時に欠かせないキャッシュドロワのタイプ別比較

最近では多くのタブレットPOSを中心に、情報を発信しているレジチョイスですが、実際に多くの業界でタブレットPOSの需要が高まってきています。理由としては、タブレットであるための持ち運びのしやすさや省スペースであるといったこと、そして何よりも安価であることがあげられます。一方で、POSの本体であるタブレットばかりに目が行きがちですが、周辺機器もタブレットの機能に合わせた変化をしてきています。今回は、その周辺機器の一つであるキャッシュドロアについて話しをしていきたいと思います。

そもそもキャッシュドロアってなに?

レジのお問合せを受けてお見積りをするために、必要機器の説明をする際に『キャッシュドロワ』ってなんですか?と聞かれることがあります。一言でいうと、レジのお金が入っている部分のことです。

「キャッシュ=現金」、「ドロワ=引き出し」

直訳すると現金を入れる引き出しのことです。このキャッシュドロワが無ければ、店舗で売り上げた現金などを保管しておく場所がありません。タブレットPOSを導入する場合には、必ずキャッシュドロワかそれに変わるものが必要であるということを覚えておきましょう。

タブレットPOSに必要なキャッシュドロワの種類について

ではタブレットPOSに必要なキャッシュドロワについてですが、様々なタイプに分かれます。今回は大きくわけて手動タイプ・自動タイプ・自動釣銭機の三つにわけてご紹介します。もちろん、極端な話しをしてしまえばキャッシュドロワは無く手金庫で対応したとしても問題はありません。またアップルストアで見かけることもあるかもしれませんが、鍵付きの引き出しの一つをキャッシュドロアの代わりとしても利用できます。

ワンプッシュで開閉する手動式のキャッシュドロワ

手動式のキャッシュドロワは、他の種類ドロワと比べて安価であることが特徴です。金額の幅はピンきりですが、安いものであれば3,000円から楽天などで入手することが可能です。手動式のキャッシュドロワの開閉は、ボタン操作やドロアの一部分を押すことで開閉できるような仕組みです。

デメリットとしては、やはり自動ではないので開閉時に1動作が入りますので、その分のスピーが落ちてしまうということになる可能性があります。また手動であるために開閉が面倒に感じた場合にドロア部分が開けっ放しになる危険性があります。

私のおススメは、エフケイシステムの小型キャッシュドロワM-35Sです。開閉がワンプッシュであるということはもちろん、縦幅が小さくスタイリッシュにまとまっているという点です。他のドロワを比べてみるとわかりますが、若干高さがあるため野暮ったく感じるのと、実際におく際に高さが低いほうが収納に困ることがないかと思いましたのでこちらを推薦いたします。

開閉記録が確認できる自動連携のキャッシュドロワ

自動のキャッシュドロワは、基本的にUSB接続やBlutooth接続でタブレットもしくはレシートプリンタと接続されてドロワ部分が開閉される仕組みになっております。ドロアの開閉を管理し、お金の出入りをしっかりと管理したいという店舗様には最低限こちらの自動連携がされるキャッシュドロワをおすすめします。

中には、レシートプリンタと一体となったドロアも存在しますが、やはりお金を管理する部分ですのである程度頑丈であり重量感のあるものをおすすめしますが、私個人としては、エプソンのキャッシュドロワであるCD-A3336をおすすめします。3札6硬貨でコンパクトにまとまっていることからおススメです。

レジ差異の心配が不要な自動釣銭機

最後に自動釣銭機についてです。タブレットPOSを導入したいというお問合せを頂く方の中にも自動釣銭機と連動しているものが欲しいという声をたくさんいただきます。その理由は様々ですが、自動釣銭機にすることでレジ差異が殆どおこりません。また釣銭授受のトラブルなども自動で釣銭が出ることで避けることが可能です。労働者人口の低下による、労働者不足や、労働者の高齢化や国際化などからの問題なども解決してくれます。

おすすめといいますか、現時点でタブレットPOSと汎用的に連動しているキャッシュドロワはグローリー株式会社が提供している「硬貨つり銭機 RT-300」のただ唯一になります。タブレットを利用したい!かつ自動釣銭機を使いたい店舗様はこれで決まり!

まとめ

いかがでしたでしょうか。簡単ですがタブレットPOSをなんとなく利用してみたいなと思われている方は是非ともキャッシュドロワの観点からもレジを選んでみてはいかがでしょうか。キャッシュドロワという現金を管理する部分であるからこそオペレーションに必要な何かが見えてくるかもしれません。もっとドロワやレジについて詳しくという方は、レジチョイスまでご相談ください。

お問合せはレジチョイスまで