無料POSレジ選定 複数比較でお店に最適なレジが見つかります! 詳しくはこちら

【逆引き】カード決済と連動できるPOSレジ一覧

「POSレジとカード決済を連動させたい」とお考えの店舗向けに、カード決済から逆引きで対応POSレジをまとめてみました。しかし「レジと決済をあえて連動させないメリット」というものも存在するので、合わせて是非ご確認いただければと思います。

STORESターミナル(旧:Coiney)


STORESターミナル(旧:Coiney)はiPadを使ったPOSレジと多く連動している点で人気です。2020年4月30日までの申し込みで、2020年7月~12月の決済手数料が実質2.16%になる(※条件あり)「のっトク!キャンペーン」を実施中ですので、決済手数料をお得に利用したいという方にはおススメのサービスです。

コイニーの決済手数料

VISA、Mastercard、セゾン、American Express…3.24%
その他…3.74%

STORESターミナル決済端末費用

通常端末価格は、1台につき19,800円となっています。なお、2020年5月1日より端末代無料になるキャンペーンを実施!決済金額が単月20万円以上あれば、1台が無料になります!さらに、単月50万円以上の決済があった場合はもう1台まで無料になります。クレジットカード決済は高額決済に利用されやすいので、こうしたキャンペーンを活用することでお得に利用できますね!詳しい諸条件などは、公式サイトよりチェックしてみてください。

STORESターミナル公式サイトで詳しく見る

STORESターミナルで使えるカードブランド

VISA、Mastercard、JCB、Discover、American Express、Diners Club、セゾンカード

STORESターミナルと連動できるPOSレジ

Bionly、POS+、Orange Operation、スマレジ、MAIDO POS、ユビレジ、ロイバースPOS、Nexpo、poscube

STORESターミナルの特徴

STORESターミナルでは、「STORES請求書決済」というオンライン決済ページを簡単に作れるサービスが提供されています。この点は他のクレジットカード導入サービスにはない大きな特徴です。店舗側はURLを送付するだけで、お客様はオンライン上で決済を行えます。STORES請求書決済で利用できるクレジットカードはVISA・MasterCardとなっています。オンライン決済の需要が高まる中、オンライン決済にも対応できるコイニーは、店舗側にとっても使い勝手のよいサービスだと言えそうです。

STORESターミナル 関連記事

「STORESターミナル(旧:Coiney)」はPOSレジ多数と連携できる!今なら端末代や手数料もお得に!?

STORESターミナル公式サイトで詳しく見る

スクエア(Square)

スクエアは簡易的なPOSレジ機能が無料ついてくるので、簡単な会計機能があれば…という場合は、無料のスクエアレジを使えます。決済端末がシンプルでとても小さく、おしゃれなのも魅力かと思います。
スクエアレジについては特集ページもあります!こちらからどうぞ

スクエアの決済手数料

3.25%
JCBのみ3.95%

スクエアの決済端末費用

7,980円
キャッシュレス・消費者還元事業加盟…0円

スクエアで使えるカードブランド

VISA、Mastercard、JCB、Discover、American Express、Diners Club

スクエアと連動できるPOSレジ

Airレジ、ユビレジ、スマレジ、Square POSレジ

スクエア 関連記事はこちら

スクエア公式サイトで詳しく見る

楽天ペイ

楽天ペイは非接触型の電子マネーであるApplePay、iD、QuickPay+や、楽天ペイ・auPAYなどスマホ決済にも対応していて、様々な形のキャッシュレス決済に対応させたい店舗にはおすすめといえるでしょう。

楽天ペイの決済手数料

VISA、Mastercard、American Express…3.24%

その他…3.74%

楽天ペイの決済端末費用

18,800円
・キャッシュバックキャンペーン中(条件あり)
・キャッシュレス・消費者還元事業加盟…0円貸与あり

楽天ペイで使えるカードブランド

VISA、Mastercard、JCB、Discover、American Express、Diners Club

楽天ペイと連動できるPOSレジ

Orange Operation、スマレジ、Bionly、poscube、POS+、ユビレジ

おてがるPay

おてがるPayは、国際ブランド6種類のクレジットカードに加え、中国の銀聯カードに対応していることは大きな魅力です。またapplePayやiDといった種類豊富な電子マネーの取り扱いも行っているため、インバウンド集客を狙いたい店舗にとくにおすすめといえます。

おてがるPayの決済手数料

VISA、Mastercard、DC、UFJ、NICOS、UC…3.24%
その他 …3.74%

おてがるPayの決済端末費用

カードリーダー 、プリンター…21,000円(2020年6月以降)
キャッシュレス・消費者還元事業加盟…0円(2020年5月末設置分まで)

おてがるPayで使えるカードブランド

VISA、Mastercard、JCB、DC、UFJ、NICOS、UC、Discover、American Express、Diners Club、銀聯カード

おてがるPayと連動できるPOSレジ

スマレジ、Okage、ユビレジ

おてがるPayの公式サイトで詳しく見る

まとめ

各カード決済を中心にして、対応しているPOSレジをまとめてみました。どれもタブレットを利用して決済できるサービスとなっていて、タブレットPOSレジとの連動に優れているものばかりです。

自店舗に合った決済サービスとPOSレジを選択肢して、後悔のないレジ環境作りにお役立ていただけたら幸いです。

お店に本当に合ったPOSレジ選びをお手伝い
店舗に本当に合った
POSレジ選びをお手伝い
後悔しないPOSレジ選びを。比較・見直ししてみませんか?
軽減税率対策POSレジのご相談も承ります。
弊社がレジメーカーではない代わりに、無理な提案は一切ございません。
後悔しないPOSレジ選びを。比較・見直ししてみませんか?軽減税率対応POSレジも。弊社がレジメーカーではない代わりに、無理な提案は一切ございません。