求人が集まって長く働いてくれる店舗づくりとは? カフェで求人があつまる5つのポイント

求人で悩んでいるのであれば、求人誌や求人サイトに掲載したり、店舗にスタッフ募集の張り紙をしたり、何かしらのアクションをするかと思いますが、そもそもなぜ求人で悩んでいるのかを考える必要があります。
求人を出しても思うように人が集まらないのか、応募は来るのに採用したい人が現れないのか、採用したにも関わらずすぐに辞めてしまう人が多いのか、求人を出す理由によって対策は変わってくるでしょう。
今回は、求人が集まって辞めていかない店舗づくりができるポイントについて紹介したいと思います。

1.「簡単な業務」をアピールして未経験者にも応募してもらう

バイト初心者

本当に人手不足で困っているというのであれば、あまり人を選んでいる余裕もないかと思います。応募が来たら誰でも彼でも採用するというのはおすすめしませんが、未経験者でも人格などに問題が無さそうなのであれば、雇用してみても良いのではないでしょうか。
アルバイト初心者や未経験者から多くの応募を集めるためには、業務内容が難しくないと伝えることが大切です。多少難しい仕事もこなしてもらうことになるのであれば、マニュアルや研修などでサポートをしていくという旨が伝えられると良いですね。
また本当に業務が難しくて、カフェで働いていた経験のある方を雇いたいのであれば、給料を優遇するなどの対策をとってアピールしていくと良いでしょう。

2.求職者の心を揺さぶる秀逸な「キャッチコピー」

CMで流れたキャッチコピーを見てその商品が欲しくなったという経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか。言い回し1つで受け取り方は大きく変わってくるものなので、『このお店で働きたい!』と思ってもらえるようなキャッチコピーを考えてみるのも良いかもしれません。
その時に、スタイリッシュな雰囲気であればPhotoshopなどを上手く活用してみたり、アットホームな雰囲気であれば手書きで広告を作ってみたりと、フォントや広告の作成方法を変えてみるのも良いでしょう。
また求人誌や求人サイトに掲載する場合、キャッチコピー以外にも店内の雰囲気や業務を行っている時の様子、仲が良い職場であればスタッフで遊びに行った時の写真や動画などを公開してみるのもいいかもしれません。

3.安心して働ける「福利厚生」は主婦層にも若者にも大人気

家事や子育てをしながらもパートタイマーとして働く主婦の方々にとっては、安心できる「福利厚生」は非常に重要なものとなっています。
産休や育休などの制度はちゃんとあるのか、賞与や昇給はどのような仕組みになっているのか、有給休暇はどれくらいの取得実績があるのかなど、気になるポイントは多いので、強みはしっかりとアピールしていきましょう。
またちょうど20代にあたる1990年代生まれの若者は「さとり世代」と言われるほど、現実をしっかり受け止めていて将来を見据えた行動をする方が多い傾向にあるので、高い時給やもしもの安心できる時にも福利厚生制度は、若者の求職者からも重要視されます。

4.若い方が求人のターゲットなら「可愛い制服」でアピール

可愛い制服

学生を中心とした若者の中には、趣味やステータスの一環としてアルバイトに取り組む方も多いようです。
生活のために働いているという訳ではない彼らは、時給以外にもバイト先の雰囲気や気楽さにも注目しているようですが、制服のデザインの秀逸さも重要なポイントとなっています。とくに女子高生や女子大学生にとっては可愛い制服のアルバイトは大きなステータスになるようで、おしゃれなお店には求人が集まりやすい傾向にあるようです。
若い方が働いていると店内も全体的に活気づくかと思いますので、この機会に制服のリニューアルを検討してみてはいかがでしょうか。

5.スタッフの負担を軽減させられる「POSレジやハンディ」の導入

たとえどんなに時給が良かったとしても仕事の内容が激務だった場合、従業員はなかなか定着してくれません。そこで業務の負担を少しでも軽減できるように、POSレジやハンディ端末、セルフオーダーシステムなどの導入を検討してみるのもいいでしょう。
また、つり銭の数え間違いを防止する効果がある自動つり銭機を導入しているのであれば、働きたいという求職者も増えるかと思いますので、全面的にアピールしていきましょう。

まとめ

求人がしっかりと集まってスタッフに長く働いてもらうためには、求人広告の出し方も重要ですが、スタッフが働きやすい環境をつくっていくという努力も非常に重要です。
働いてほしい層などを定め、その人たちに働いてもらうためにはどのような工夫が必要なのかを考えてみましょう。
人手不足という問題点を早急に改善し、店舗の売上アップに注力できるような運営ができるように心がけてください。

レジチョイスへのご相談はコチラ