無料POSレジ選定 複数比較でお店に最適なレジが見つかります! 詳しくはこちら

飲食店専用POSレジ「ブレインレジ」は月額0円で利用できる!機能・プランを徹底解説

現在、さまざまなメーカーから無料で使えるオトクなPOSレジはたくさん登場していますよね。しかし「飲食店の開業を考えているけど、どのレジを選べばいいのかわからない」「飲食店に特化したオトクなレジってどこ?」このような悩みをお持ちの飲食店オーナーは多いのではないでしょうか。
レジは使えば5~8年使い続けられるものなので、できれば飲食店の欲しい機能を兼ね備えたオトクなPOSレジを選びたいものです。

そこで今回は、月額0円で利用できる飲食店専用POSレジ「ブレインレジ」について詳しくご紹介します。プランや機能を詳しく紹介するとともに、初期費用を抑えることのできる補助金・助成金の活用方法についても解説するので、オトクにPOSレジの導入を検討している飲食店オーナーは必見です!

ブレインレジの詳細はこちら

>>飲食店特化のPOSレジ4選を徹底的に比較。それぞれの強みや違いは?

飲食店専用POSレジ「ブレインレジ」って?

「blaynレジ(ブレインレジ)」は、ブレイン株式会社が提供する飲食店特化型のPOSレジです。テーブル単位での会計や個別会計、分割会計からテーブルごとの売上状況もリアルタイムでチェックできるなど、飲食店の店舗オペレーションを考えて開発された便利な機能が満載です。さらに有料プランでは、ハンディの利用もできるので作業の効率化を図りたい方や記録ミスを防止したい店舗などにはおススメです。

またPOSレジのなかでも「ブレインレジ」は、コストパフォーマンスの高さが魅力の一つです。月額費用無料のプランであっても365日24時間メールまたは電話で対応してくれるサポート体制も整っているため、深夜営業の飲食店も安心して運営できる点はうれしいポイントといえるでしょう。

飲食店専用POSレジ「ブレインレジ」はデザイン賞4冠受賞

飲食店専用のPOSレジ「ブレインレジ」は、以下のデザイン賞4冠を受賞しています。国内だけでなく海外のデザイン賞も獲得しており、とくにデザイン業界ではその格式の高さから「賞の中の賞」と呼ばれるドイツのデザイン賞を受賞するという実績も残しています。

≪デザイン賞の実績≫
・Good デザイン賞受賞(2014年)
・Red Dot Award 受賞(2015年)
・ iF World Design Guide 受賞(2016年)
・German Design Award 受賞(2017年)

さまざまなデザイン賞を受賞した飲食店専用のPOSレジ「ブレインレジ」は、スタイリッシュな仕様が魅力です。タブレット端末・レシート印字用プリンター・金額を表示するディスプレイの3つをインターフェースボードと呼ばれる電子基盤を介して、一つの製品としてまとめることに成功しています。これにより従来のレジと比較して1/3までサイズを縮小されているためコンパクトでさらに誰でもカンタンに利用できるPOSレジとして専用開発が行われています

ブレインレジの詳細はこちら

>>権威あるドイツデザイン賞を受賞した飲食店専用POS【ブレインレジ】とは?

飲食店専用POSレジ「ブレインレジ」の機能

飲食店向けのPOSレジ「ブレインレジ」には、実際にどのような機能が搭載されていのでしょうか。「会計機能」「管理機能」「設定・その他」の3つの機能に分けてそれぞれみていきしょう。

会計機能

テーブル会計 テーブルごとに注文伝票を作成し会計することが可能
部門会計 テイクアウト・出前など商品単位で会計が可能
分割会計 現金・クレジットカード・電子マネーを併用して会計が可能
個別会計 割り勘で商品や金額毎に分割会計が可能
合算会計 宴会などで注文をテーブル毎に行って会計をまとめることが可能
会計種別選択 会計する際にQR決済やクーポンなどを区別して集計できる
単品値引き 注文時、商品毎に値引きを設定することができる
合計・小計値引き 会計時に合計・小計から値引きを設定できる(金額指定・割合どちらも可能)
サービス料 会計の際、サービス料が設定できる
深夜料金 あらかじめ設定することで自動で深夜料金を加算できる
会計前伝票 テーブル会計時に便利な会計前伝票を発行することが可能
領収書印刷 レシートとは別に領収書の発行ができる
精算レポートの印刷 当日売上を集計した精算レポートをレジで印刷できる

管理機能

トレーニングモード 導入した際に操作確認・新しいスタッフのトレーニングが行える
本日の売上 レジで売上の詳細・客数・取引数をグラフによって確認できる
契約情報の閲覧 ID・登録期限・店舗情報の確認が可能
開局/精算 カンタンに開局・点検・精算の各処理が行える
担当者管理 レジを操作する担当者を管理・編集できる
売上履歴 伝票ごとの取引履歴や精算履歴を確認できる
編集 売上履歴から商品やお会計方法を編集できる
取消 過去に行った会計取り消しが可能
レシート再印刷 レシートや領収書の再印刷が可能
入出金 レジ内のお金で買い出しをする場合など、会計以外の入金・出金情報を管理できる
商品管理 商品名や価格・税率を管理ができる
部門管理 カテゴリー毎に商品を分ける管理が可能
お気に入り 購買率の高い商品をお気に入り登録することでスピーディにオーダーができる
チャージ対象外 商品ごとにチャージ料金適用の有無を設定できる
残数 商品ごとに残数を設定するで在庫切れ商品の注文を防止できる
商品説明 商品の説明を登録することで、お客様からの質問にもその場で回答できる
テーブル管理 テーブル名の編集やテーブル数の増減・削除が可能
タイマー設定 時間制限や食べ飲み放題のあるお店にも対応できる
客数選択 テーブルに客数を設定することで詳しい客数管理が可能
顧客選択 テーブルモードで顧客を選択することで顧客ごとのデータを取得できる
端数値引き 会計の際、1円単位のお釣りが出ないように設定できる
両替 両替するときは、ボタン一つでドロワを開閉できる

設定・その他

テーブルモード テーブルモードのON・OFFを設定でき
担当者 レジの担当者を設定することで操作した人を記録できる
ネットワーク設定 有線またはWi-Fiのどちらで接続するかを選択できる
データ同期 管理画面で編集したデータを同期させることによりレジに反映可能
残数管理 残数管理のON/OFFを設定できる
原価管理 原価設定のON/OFFを設定できる
消費税設定 消費税設定のON/OFFを設定できる
画面デザイン レジ画面の基調色の変更が可能
タイマー タイマー機能ON/OFFを設できる
通知 精算の時のメール通知設定を登録できる
セキュリティ 特定のスタッフのみ、ドロワ開閉できるようセキュリティロックをかけることが可能
精算レポート 精算の際、出力する項目を選択できる
消費税設定 内税・外税や小数点以下切上げ・下げ・四捨五入などを設定できる
チャージ設定 サービス料、深夜料金のON・OFFを設定できる
レシート印刷 レシート印刷の使用・不使用を設定できる
信計 クレジットカード使用のON・OFFやカード会社を設定できる

飲食店専用POSレジ「ブレインレジ」の月額費用

次に、飲食店専用POSレジ「ブレインレジ」の月額費用についてみていきましょう。
「ブレインレジ」には、店舗にあわせて3つのプランが用意されています。月額0円の無料プランの場合、データ保存期間と商品登録数は制限されますが、サポートなどは受けられるので飲食店のPOSレジ機能としては十分といえるでしょう。ハンディやキッチンプリンタを使用したい場合は、「プレミアムプラン」を選択することで利用することが可能です。

プラン名 費用 機能
月額無料プラン

※手軽にPOSレジを使いたい人におススメ

月額0円 ・POSレジ機能

・データ保存期間(90日)

・商品登録数(500点)

・会計ソフト連携

・サポート対応(電話、メール)

ライトプラン

※POSレジデータの保存が無制限のため、しっかりデータ分析が行える

月額4,800円 ・POSレジ機能

・データ保存期間 (無制限)

・商品登録数 (無制限)

・複数店舗管理

・会計ソフト連携

・サポート対応(電話、メール)

プレミアムプラン

※全ての機能を搭載。ハンディとキッチンプリンタでオーダー抜けを防止できる

月額9,800円 ・POSレジ機能

・データ保存期間  (無制限)

・商品登録数  (無制限)

・複数店舗管理

・会計ソフト連携

・サポート対応(電話、メール)

・ハンディ利用

・キッチンプリンタ対応

ブレインレジの詳細はこちら

今なら補助金・助成金活用で初期費用を抑えられる!

従来のレジスターからPOSレジの切り替えを検討している場合、やはり気になるのは初期コストや導入コストといった費用面ではないでしょうか。
実際にブレインレジを導入する場合、初期費用として約40万円前後必要となります。
しかし個人経営の店舗や小規模店舗などは、まとまった資金がない場合も多く、なかなか導入に踏み込めないといったケースも少なくないでしょう。そんな場合は、補助金や助成金を活用することで初期費用を抑えることが可能です。

ここでは、ブレインレジを導入する際に活用できる補助金や助成金情報をご紹介します。

小規模事業者持続化補助金

まずはじめにご紹介する補助金は「小規模事業者持続化補助金」です。
この補助金はPOSレジ導入やECサイトの構築・販促用WEBサイトでの広告などに適用することが可能です。販路開拓などの施策や、それにあわせて行う業務効率化のための取組みであることが補助の対象となっています。

小規模事業者持続化補助金
ブレインレジ販売価格 約40万円~
補助金受給額 販売価格の2/3
実質負担額 販売価格の1/3

時間外労働等改善助成金(勤務間インターバル導入コース)

つづいては、「時間外労働等改善助成金(勤務間インターバル導入コース)」を利用することPOSレジの初期費用を抑える方法としておススメです。
「時間外労働等改善助成金」は、厚生労働省が2020年4月1日から交付受付を開始した中小企業や小規模事業者向けの制度です。

「時間外労働等改善助成金」は、コースが用意されておりそれぞれの適応条件が異なります。POSレジ導入に活用できるのは「勤務間インターバル導入コース」となり、勤務を終了あと次の勤務までに一定の時間以上の休みを設けて、労働者の生活時間の確保や過重労働を防ぐための制度となります。

時間外労働等改善助成金(勤務間インターバル導入コース)
ブレインレジ販売価格 約40万円~
補助金受給額 販売価格の3/4 
実質負担額 販売価格の1/4 

ブレインレジの詳細はこちら

まとめ

今回は、飲食店向けのオトクに導入できるPOSレジを検討している方へ向けて、月額0円で利用できる飲食店専用POSレジ「ブレインレジ」についての詳細と初期費用を抑えることのできる補助金・助成金の活用方法についても解説しました。さまざまなメーカーからオトクなPOSレジが登場していますが、やはり飲食店には飲食店専用のPOSレジを導入するのがおススメです。
導入を検討するときにネックとなる費用面についても現在では補助金や助成金の活用でオトクに導入することが可能です。飲食店向けのPOSレジの導入を検討している方は、是非今回の記事を参考にしてみてくださいね。

なお、レジチョイスではブレインレジについて詳しい機能やプランなどについてのご相談を受け付けています。コンシェルジュがお店の状況を徹底ヒアリングして最適なご提案をさせていただきます。ご相談は無料なのでお気軽にお問合せくださいね!

ブレインレジの詳細はこちら

お店に本当に合ったPOSレジ選びをお手伝い
店舗に本当に合った
POSレジ選びをお手伝い
後悔しないPOSレジ選びを。比較・見直ししてみませんか?
軽減税率対策POSレジのご相談も承ります。
弊社がレジメーカーではない代わりに、無理な提案は一切ございません。
後悔しないPOSレジ選びを。比較・見直ししてみませんか?軽減税率対応POSレジも。弊社がレジメーカーではない代わりに、無理な提案は一切ございません。
  • はじめてのDX デジタルトランスフォーメーションを支援する はじめてのDX
  • Wiz colud デジタルトランスフォーメーションに最適なサービスをご提案
  • ピピッとチョイス QR・キャッシュレス決済の比較・導入ならピピッとチョイス