今話題の仮想通貨「Bitcoin」!! 実店舗においてビットコイン決済の需要はあるの?

ビットコイン

近年世界中で広がりを見せているビットコインですが、日本でも少しづつ定着し始め、ビットコイン決済に対応したお店も徐々に増えて来ました。ただ、日本では投資としてビットコインのレートを楽しんでいる人は多いようですが、実店舗で決済サービスを導入した方が良い程の需要はあるのでしょうか。今回の記事では、実店舗におけるビットコイン決済の需要について見ていきましょう。

そもそもビットコインって?

フィンテック イメージ

そもそもビットコインとは、インターネット上に存在する仮想通貨の一つです。通貨といっても紙幣や硬貨は存在せず、データ上にしか存在しないお金のことを指します。

電子データ上のお金ということで電子マネーと混同されやすい部分もありますが、電子マネーとビットコインには大きな違いがあります。たとえば「Suica」や「Edy」などの電子マネーは日本の「円」を基準に成り立ったシステムですが、ビットコインはそれ自体が通貨なので「円」や「$」とは全くの別物として扱われ、通貨単位は「BTC」で数えられます。

ビットコインは価値が変動するので、たとえば1万円で買ったビットコインが翌日には2万円分の価値に上がっていたり、翌々日には5千円分の価値に下がってしまったりという場合もあり得るので、感覚としては「$」や「€」などの外貨の変動に近いでしょう。

ビットコインは全世界共通なのでどの国でも通貨の価値が等しくなっており、海外に行った時もその国の通貨を使わずにそのままビットコインが利用できます。またインターネット環境さえあれば世界のどこにいても利用でき、とくに北米やヨーロッパを中心に世界的な広がりを見せています。

ビットコインを使うメリットとは?

ビットコイン レート

従来のお金は各国の政府や銀行が管理を行っているので、お金を動かす時には手数料が発生してしまいます。たとえば日本から海外に送金を行う場合には、数千円の手数料がかかります。国内においても他銀行あてに振込を依頼された場合ですと、1回あたり500円前後の振込手数料が発生してしまいますよね。

ビットコインの場合は分散型のネットワークシステムによって運営されていて国や銀行が管理を行っているわけではないので、個人間で直接やり取りを行うことになり、手数料は無料か格安に抑えられます。さらに銀行が営業していない時間帯や土日であってもやり取りを行うことができるので、ビットコインなら「金曜日の夕方に手続きを行ったので、反映されるのは月曜日の朝」というようなことにはなりません。手続きを行った後に10分ほどでスピーディーに反映されるでしょう。

一方でビットコインは価格変動の激しさなど問題視される部分もありますが、仮想通貨自体の伸び代は非常に大きく、将来性が期待できます。長期的に考えるのなら、今後は衰退よりも繁栄していく可能性の方が高いのではないでしょうか。

ビットコイン決済に対応したとしてメリットはあるの?

ビットコイン決済 イメージ

日本では、ビットコインを投資として利用している人が多いようですが、近年ではしっかりと通貨としての役割が浸透してきており、日本でも既にビッグカメラやメガネスーパーなど、大手チェーン店の実店舗がビットコイン決済に対応しています。

ビットコイン決済に対応しているお店であれば、その国の通貨を持たなくてもビットコインで買い物が行えるというメリットがあるので、2020年の東京オリンピックに向けて今後はインバウンド客への需要がさらに高まることが予測されます。訪日外国人の集客を期待するお店にとって、ビットコイン決済は見逃せない要素になるでしょう。

集客効果以外にも、ビットコイン決済を導入するメリットには以下のようなものが挙げられます。
・釣銭がいらない
・クレジットカード決済のようにパスワード入力やサインをいただく手間がない
・お店側が負担する決済手数料が1%に抑えられる
・外貨から両替する必要もない
・翌月まで待たなくても、すぐに入金される

お店にとって怖いのは価格変動による価値の暴落ですが、こちらも取引所で提供されている決済サービスを利用することでリスク回避が可能です。近い将来の需要を見越すのであれば、ビットコイン決済を実店舗に導入する利点は充分にあると言えるでしょう。

ビットコイン決済に対応したPOSレジも登場

BCPOS

2017年11月18日から、Windows POSレジの「BCPOS」がビットコイン決済サービスを開始しました。BCPOSとは、株式会社ビジコムが提供しているWindows OS対応のPOSレジシステムで、販売開始から20年近い実績を持つメーカーです。
BCPOSでビットコイン決済を利用する場合、クレジットカードを読み取るようなカードリーダーなどは必要なく、POSレジ本体のみで手軽に会計業務が行えます。さらに手数料も1%と安くなっており、サインやパスワード入力の必要もないので、店舗にもお客様にも優しい仕組みになっています。

まとめ

ビットコイン ガッツポーズ

今後ビットコインの需要はより増加傾向になっていくことが予測できるので、実店舗がビットコイン決済サービスを導入するメリットは非常に大きいと言えるでしょう。
日本では電子マネーですらあまり普及率が高くないですが、金融とITテクノロジーが融合した「フィンテック」と言われる分野は世界的には非常に注目を集めているので、2020年の東京オリンピックに向けたインバウンド対策として、ビットコインはかなりの集客効果が期待できるのではないでしょうか。
ビットコインを始めとする仮想通貨は今後さらに私たちの生活に浸透していくかと思われます。今のうちにビットコイン決済を導入しておけば、いざ普及した時にはすぐに対応でき、ビットコイン決済に対応しているお店として多くのお客様を集められるでしょう。

インバウンド対策でお悩みの方はコチラ