無料POSレジ選定 複数比較でお店に最適なレジが見つかります! 詳しくはこちら

BCPOSは小売店で使ってほしい、Windowsパソコン利用のPOSレジシステム。PayPayとも連携!

小売を中心に高い人気を誇る、Windowsパソコンやタブレットを利用したPOSレジ「BCPOS」が、正式にPayPayとの連携を発表し、注目を集めています。もともと電子マネーやクレジットカードなど、多様な決済手段に対応していたBCPOSですが、今回の連携によりさらに利便性を高めることとなりました。

今回の記事ではBCPOSとは何か、導入するにはどうしたらいいかなどをご紹介します。

BCPOSとはどんなレジシステム?

ビジコムのPOSレジ「BCPOS」はマルチ決済に対応しており、クレジットカードや電子マネーなど様々な決済サービスを、専用の端末を購入することなく使えるというサービスです。お手持ちのパソコンなどに、ツールをインストールするだけで導入できるほか、在庫管理機能や売れ筋把握に便利な機能が揃っており、特に小売店での業務の効率化などの面からも高い支持を得ています。またWindowsパソコンやタブレットに対応しているため、今から専用の機材やパソコンを購入せずとも、手持ちの機材で対応できる点も魅力的な点となっています。

この度「BCPOS」がPayPayと連携すると発表しました。国内QRコード決済と直接連携しているPOSレジというのはとても稀なので、今回PayPayが連携できるというのは小売店にとっては朗報となると思います。

 伝統と実績あり!「BCPOS」の導入台数

「BCPOS」は、開発から20年の実績あるPOSレジとして、小売店を中心に高い人気を誇り、今までに17,000台以上の導入実績を持っています。

20年間の間にも、さまざまな改良を重ねており、例えばバーコードのついていない小物でも単品で管理販売できるようにしたり、商品を決められた数買うことで規定の金額で販売するミックスマッチや、ポイント付与に購入履歴参照など、便利な機能を増やして進化し続けています。

一言で言い表すなら、Windowsパソコンでレジシステムを構築したい、というニーズに対して幅広く対応できるというのが良い点かと思います。

提供会社について

この「BCPOS」を提供しているのは、流通向けソリューションやPOSレジ・POSシステムを開発している、株式会社ビジコムです。主にPOSシステムをメインに取り扱っており、格安で使用感のいい店舗バックアップソフトに定評があります。

BCPOSでできること

BCPOSのレジ機能

「BCPOS」は、レジ機能はもちろんのこと、販売管理機能によってリアルタイムで売上状況を表示してくれます。またタッチパネルにも対応しており、タッチパネル可能なPCやモニターつなげれば、販売画面をタッチして動かすタッチパネル式のレジとしても利用可能です。

もちろんメニューキーの配置は自由にレイアウトできるほか、レシート発行や領収書の発行、トレーニングモードでの練習機能など、ニーズに合わせて多くの機能の中から必要なものをお選びいただけます。

BCPOSの商品機能

「BCPOS」では、商品の管理を簡単かつ詳細に行うことができます。商品の稼働状況をレジから見られるほか、商品の読み込みが必要な時はバーコードの読み取りが不要になるなど、スピーディーで柔軟に対応することができます。

商品情報の登録もでき、商品の過去12ヶ月・過去4週間の仕入・販売・在庫の推移を確認することができます。

BCPOSの在庫管理機能

「BCPOS」の在庫管理画面は、リアルタイムで推移していき、イベントでの物販など素早い在庫管理が必要な局面にも、安心して対応することができます。

販売画面でJANを読み込むことで、仕入総金額や販売総金額、粗利等が画面下に表示されるなど、棚卸の時間の短縮も期待できます。

また拡張機能として、クラウド本部管理システム「TenpoVisor」と「他店舗在庫リアルオプション」を申し込んでいる場合、レジ画面上から、他店に今ある在庫数も確認できるようになります。

BCPOSの顧客管理機能

「BCPOS」は、顧客カルテ機能やポイント管理も搭載していますので、希望に沿った顧客管理が可能になります。スムーズな顧客管理を行うためには、会員カード(ポイントカード)を発行する必要がありますが、カードを読み取れば購買履歴が呼び出せるほか、お客さまの過去12ヶ月販売金額や平均単価等の動向が閲覧できます。

そのほかにも機能が満載

決済連携

会計時に、QRコードを用いたモバイル決済やクレジットカード決済、電子マネーによるFelica決済などと連携が可能です。POSと連動しているので、カード端末への会計金額を二度打ちする必要もなくなり、時間の短縮が可能になりました。

また機能拡張例として、本部管理システム「TenpoVisor」と併用することで、日報・月報の管理もまとめられるのも魅力的ですね。

サポートサービス

「BCPOS」の提供元であるビジコムでは、平日の10時から18時まで、電話などによるサポートを受け付けています。電話窓口でのサポートに関しては費用はかからず、BCPOSのインストールや操作の仕方、製品に関する問い合わせなどに対応しています。

また有料サポートに加入していれば、土日祝日を含む365日サポートが受けられます。しかも受付時間は10:00-22:00ですから、より手厚いサポートを望む方は、月額 3,800円のサポート加入も視野に入れて見てはいかがでしょうか。

BCPOSレジは免税にも対応

免税商品の販売をしていると、免税書類の作成が手書きだったり、免税対応可能なスタッフ雇用など、免税店特有のコストや悩みが発生します。しかしこうした免税店にも「BCPOS」は対応しています。

レジの入れ替えが不要な免税書類作成システム「あっと免税」との連動機能を持っており、今まで手書きで処理していた免税書類を最速20秒で作成することが可能です。さらにこれから免税商品を取り扱いたいという店でも、今までの「BCPOS」と連動するだけで免税対応機能を獲得できるので、導入のハードルが非常に低くなります。

また「あっと免税」の機能として、多言語対応があり、英語・中国語(簡体字)・中国語(繁体字)韓国語・タイ語などに対応。圧倒的なコストパフォーマンスの良さが魅力です。

BCPOSレジの費用

BCPOSの費用面を見ていきましょう。

BCPOSの導入時の費用

「BCPOS」は、WindowsOSで動くレジです。そのため導入にあたっては、WindowsのパソコンやWindowsタブレットを入手する必要があります。これらも初期費用として考えておかなくてはいけません。「BCPOS」の推奨動作環境は以下の通りです。

最低 推奨
OS Windows 10、8.1、8(64bit) 、Windows 7(32bit / 64bit)
CPU Celeron2GHz Core i3以上
メモリ 2GB以上 4GB以上
ハードディスク空き容量 15GB以上 30GB以上

このほかレシートプリンタ、バーコードリーダー、カスタマディスプレイ、キャッシュドロアなどのPOS周辺機器も必要な場合があります。BCPOSで推奨している周辺機器は以下の通りです。

周辺機器 種類
バーコードリーダー ビジコム:BCN-1200U(USBタイプ使用)
レシートプリンター シチズン・システムズ:CT-S253
カスタマディスプレイ ビジコム:BC-VF3100U、BC-PD6607U エプソン:DM-D110、210シリーズ準拠品
キャッシュドロア ビジコム:BC-DWシリーズ(モジュラータイプ)

BCPOS導入にかかる予算の目安

では半年間「BCPOS」を使うと仮定して、半年間でどのくらいの費用がかかるか見ていきましょう。まずはOSとして用いる『POSセット(白・黒)ハード一式(19.2万円セット)』を購入し、もっともベーシックな構成である、POSソフトパッケージ ベーシックプラン「基本システム」(初回レントウェア6か月分)を利用します。

サポートは無料グレードを選んだ場合、半年間の利用料金はおおよそ222,000円(税別)となります。

BCPOS レジの月額費用

また「BCPOS」のソフトレンタルは、月額5,000円から利用できますから、まずは基本的なプランから試したいという方は、気軽に申し込みいただける点も嬉しいですね。もちろんすぐに「BCPOS」を利用したい方には、270,000円からの買取プランも存在しますので、ニーズに合わせて選択していきましょう。

まとめ

今回は、PayPayとの連携が話題のレジ「BCPOS」についてご紹介しました。Windowsパソコンでレジシステムを構築したい店舗には特におすすめで、レジとしての機能だけでなく、小売店に嬉しい機能が満載ですね。

インバウンド需要が高まる昨今、決済サービスと連携したPOSシステムは非常に重要なものとなってきます。

QRコード決済の台頭で、PayPayなどの決済サービスを導入する方が一気に増えている今、POSレジと連携してPayPayが使えて、免税などのインバウンド対策も十分な「BCPOS」はオススメのPOSレジです。ご紹介した「BCPOS」が気になった方は、ぜひレジチョイスにご相談ください!レジチョイスではあなたにあったPOSレジをご紹介しています。

お店に本当に合ったPOSレジ選びをお手伝い
店舗に本当に合った
POSレジ選びをお手伝い
後悔しないPOSレジ選びを。比較・見直ししてみませんか?
軽減税率対策POSレジのご相談も承ります。
弊社がレジメーカーではない代わりに、無理な提案は一切ございません。
後悔しないPOSレジ選びを。比較・見直ししてみませんか?軽減税率対応POSレジも。弊社がレジメーカーではない代わりに、無理な提案は一切ございません。
  • 多機能レジPOS+が飲食店の悩みを解決
  • Airレジで軽減税率制度を簡単に
  • [スマレジ]レジの軽減税率対応ならスマレジ