Bフレッツがサービス終了… あなたのお店のインターネット回線は大丈夫?

2018年4月9日、東日本電信電話株式会社(NTT東日本)は、通信速度が最大100Mbpsの光回線サービス「Bフレッツ」のサービス提供が終了される時期を発表しました。

ニューファミリータイプ:2020年1月31日 提供終了
ベーシックタイプ、ビジネスタイプ:2021年1月31日 提供終了

サービス終了ということは、つまり「Bフレッツ」を現在利用している方は、このままではインターネット環境が使えなくなってしまうということです。一般家庭においても企業や店舗においてもインターネットが使えなくなってしまっては大変ですよね。
そこで今回は「Bフレッツ」についておさらいと、「フレッツ光ネクスト」に切り替える際に発生するコストなどについてご案内致します。

2020年にサービス終了してしまう「Bフレッツ」とは?

「Bフレッツ」とは、NTT東日本提供する通信サービスのことで、光ファイバーケーブル用いることで通信速度は下り最大100Mbpsを出すことができます。
「Bフレッツ」浸透するまでは最大でも十数Mbpsしか出ないADSLなどのサービスが主流だったため、当時は非常に高速な回線と言われていました。しかし近年ではNTTから下り最大1Gbpsのスピードを持つ「フレッツ光ネクスト」が登場しています。

また「Bフレッツ」のサービスは以前から新規加入の受け付けを停止しており、サービス終了に向けて秒読み状態が続いていましたが、ついにサービス提供が打ち切られる日程まで公表されました。
今すぐにサービスを打ち切られてしまうというわけではなく、家庭向けに提供されている「ニューファミリータイプ」を2020年1月31日で提供を終了し、法人向けに提供されている「ベーシックタイプ」、「ビジネスタイプ」はその1年後の2021年1月31日で提供終了する予定です。

「Bフレッツ」がサービス終了してしまうまでには余裕はありますが、当日が近づいてくるに連れて問い合わせの殺到が予想されます。さらに1月頃から引っ越しの繁忙期に入ってくるため、その影響もあって工事日がかなり遅れてくる恐れもあります。自宅のWi-Fiくらいであれば多少生活に困るくらいの被害で済みますが、店舗で利用しているインターネットが使えなくなってしまった場合、POSレジや予約システムなどの様々な店内システムに影響が出て大きな損失を生んでしまうかもしれませんので、出来る限り早めに対処してしまった方が良いでしょう。

ちなみに、NTTが提供するサービスで終了してしまうのは「Bフレッツ」だけではなく、「フレッツ光プレミアムタイプ」もサービス提供の終了時期が刻々と迫っています。
こちらは以前より周知されていましたが2019年1月31日で終了されてしまいますので、未だに利用を続けている方は注意をしてください。

インターネットの相談も受付中
0120-740-336
(受付時間9:00~19:00)
 ※土日祝休み

キャンペーン適応でフレッツ光ネクストへの切り替え費用が格安に!

現在「Bフレッツ ニューファミリータイプ」をご利用されている方であれば、申し込み期間内にサービスの変更や新規お申し込みをされることにより、後継サービスへ切り替える際に発生する工事費などを割り引いてもらえるキャンペーンを行っています。

サービス移行の申し込み受付期間

ニューファミリータイプ:2018年4月10日~2020年1月31日
ベーシックタイプ、ビジネスタイプ:2018年4月10日~2021年1月31日

フレッツ光ネクスト開通工事の期限

ニューファミリータイプ:2020年7月31日
ベーシックタイプ、ビジネスタイプ:2021年7月31日

適応している回線品目

「フレッツ 光ネクスト」全サービスタイプ

割引①「フレッツ 光ネクスト」の開通に伴う工事費

基本工事費:無料
交換機等工事費:無料
回線終端装置工事費:無料
機器工事費(VDSL装置):無料

割引②「セットアップサービス」料金

インターネット接続設定:無料
親機(ルーター・無線LANアクセスポイント)1台までの無線LAN設定:無料
子機(Wi-Fi端末・無線LANカード)2台までの無線LAN接続設定:無料

割引③「フレッツ・セッションプラス」初期工事費用

基本工事費:無料
交換機等工事費:無料

割引④「フレッツ・VPN ワイド」工事費用(法人向けサービス)

基本工事費:無料
交換機等工事費:無料
拠点追加工事費:無料
プラン変更工事費:無料
管理者変更工事費:無料
グループ開設工事費:無料
オプションサービス工事費:無料

このように、キャンペーン期間中に「Bフレッツ」からの切替え工事をお申し込みすることで、「フレッツ光ネクスト」に格安で切り替えることが可能です。なお、夜間や土日祝などの工事では別途費用が発生しますので、その点はご注意下さい。
なお、こちらの割引を適応させるためには、直接NTTの問い合わせ窓口に電話連絡をする必要があります。

お得なネットの相談はコチラから
0120-740-336
(受付時間9:00~19:00)
 ※土日祝休み

フレッツ光ネクスト以外の回線に切り替えたい場合は?

2018年4月9日、東日本電信電話株式会社(NTT東日本)は、通信速度が最大100Mbpsの光フレッツ光ネクスト以外の回線に切り替えたい場合は?
一昔前は「NTT」、「フレッツ」と言えば安心できて人気が高いサービスでしたが、今や光回線と言えばNTT以外にもたくさんのメーカーから提供されています。
『どうせ切り替えるのであれば、この機会にもっとお得なインターネット回線に切り替えたい』と考えられる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

KDDIが提供する「auひかり」や、SONYの子会社が提供している「NURO光」、また「コミュファ光」や「BBIQ光」などの各地域の「電力会社が提供する光回線」などはNTTとは別の回線になりますので、これらの光回線への切り替えを考えている場合は「Bフレッツ」を解約して新しく申し込みを行う必要があります。
この時に注意が必要なのは、新しくインターネットに申し込む場合は工事費用が発生してしまうというポイントです。ただし時期や条件によってはキャンペーンが行われていることもありますので、しっかりと見極めてから申し込みましょう。

また「ドコモ光」や「SoftBank光」などの「光コラボレーション」に切り替えるのであれば、フレッツ光と同じ光回線を利用しているため、工事費無料で「フレッツ光ネクスト」に切り替えた後からでも転用することが可能です。
しかし、プロバイダーによっては新規お申し込みを行った方限定で受け取れる特典がある場合もあるので、こちらも一度よく調べてから切り替えた方が良いでしょう。

また、レジチョイスではPOSレジと併せて必須になってくるインターネット回線の導入についてもサポートさせていただいています。もちろんインターネット回線のみのご相談も受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

インターネット回線選びのご相談もレジチョイスまで