大型ショッピングモール「atre(アトレ)」で中国最大シェアの決済サービス『支付宝(アリペイ)』が使えるようになります!

東京を中心として店舗展開し、若者やファミリー層に人気のある総合演出型の駅ビル商業施設atre(アトレ)は、今後さらに増え続けると思われるインバウンドのお客様サービス向上のため「モバイル決済 for Airレジ」を導入することを決定しました。アトレ上野店・アトレ秋葉原店を皮切りに2017年11月21日(火)より順次導入し、2018年6月末を目途にアトレ全館の約1,500店舗が対応する見込みです。「モバイル決済 for Airレジ」は、中国最大手のモバイル決済アプリ「支付宝(アリペイ)」などの決済サービスに対応しており、今後、全館に導入することで訪日外国人客の集客効果が狙えます。

atre店舗情報

インバウンド対策におすすめ「モバイル決済 for Air」

Airレジ

「モバイル決済 for Airレジ」とは、モバイル決済を簡単に行うことができるアプリサービスのことです。これまで大手アパレルブランドや宿泊施設など様々な店舗に導入されており、「モバイル決済 for Airレジ」のアプリをダウンロードしたiOS端末とインターネット環境を用意するだけで、「支付宝(アリペイ)」などの決済サービスの導入が可能です。「モバイル決済 for Airレジ」はAirレジ以外のPOSレジにも対応しており、初期費用や月額料金もかからず利用額に応じた決済手数料のみで利用可能なため、リスク無く安心して始めることができます。また「LINE Pay」や「ビットコイン」など様々な決済サービスへの対応を次々と進めており、今後は日本人ユーザーも増える見込みです。

「モバイル決済 for Airレジ」について詳しく記載している記事はコチラ!!

5億ユーザーを超えるモバイル決済「支付宝-ALIPAY-」

支付宝

「支付宝(アリペイ)」とは、2004年にアリババグループによって設立された世界最大規模の決済プラットフォームで、主にスマートフォンを使った決済サービスなどを行っています。中国国内の実名認証ユーザー数は5.2億人以上、一日の平均取扱件数は1.6億件超えと、中国のモバイル決済市場で最も大きなマーケットシェアを保有しています。現時点で日本では、空港やコンビニ、大手百貨店など一部の店舗でしか取り扱いがないため、2020年の東京オリンピックに向け、今のうちに導入しておくことでインバウンドの集客効果が狙え、ライバル店に差を付けましょう!

関連記事:中国でモバイル決済の8割を占める【アリペイ】に【エアレジ】が早速対応!

まとめ

「モバイル決済 for Airレジ」は、インバウンドのお客様の利便性を高めると同時に、加盟店の売上向上にも大きく貢献してくれるサービスです。インバウンドからの収益を求めているのであれば、先ほどもお伝えしたように2020年の東京オリンピックに向けて今のうちに導入を検討しておいた方が良いかと思います。また、お客様が提示した決済サービスのQRコードを読み込むだけで簡単に決済が完了するので、国内外問わず今後もモバイル決済サービスを利用するユーザーは増える予測です。

すでにPOSレジを導入済みであっても「モバイル決済 for Airレジ」は他社のPOSレジにも対応していますし、POSレジの導入はまだこれからと言う方は無料タブレットPOS「Airレジ」と合わせて使ってみてはいかがでしょうか。

関連記事:無料タブレットPOS【Airレジ】機能紹介から登録方法までご紹介

Airレジや支付宝に関するご相談はレジチョイス コンシェルジュまで