無料POSレジ選定 複数比較でお店に最適なレジが見つかります! 詳しくはこちら

Airレジ(エアレジ)の評判って?レジチョイス目線でクチコミチェック

Airレジ使用感

タブレットPOS「Airレジ(エアレジ)」は、レジチョイスでも度々紹介させていただいておりますが、実際の使用感は気になるところなのではないでしょうか。月額0円で利用できるPOSレジの使用感に不安抱く方もいらっしゃるかと思いますので、今回はSNSでAirレジユーザーの感想をリサーチしてきました。また、2019年10月より施行されている軽減税率に対するクチコミも合わせてご紹介したいと思います。

Airレジ(エアレジ)の概要

Airレジは株式会社リクルートライフスタイルから提供されているiOS専用のPOSレジアプリです。
iOSとインターネット環境さえあれば無料で使用が始められて、面倒なレジ作業や売上分析が誰でも簡単に行えるので従業員の負担を減らすことができます。また高性能だけどシンプルで扱いやすく、直感的なインターフェースで操作が簡単に行えます。
さらにクレジットカードや電子マネーが使えるキャッシュレス決済サービスの「Airペイ」や、受付業務をサポートしてお客様の待ち時間にかかる不満を解消してくれる「Airウェイト」など関連サービスも多く、魅力の多いPOSレジアプリの一つです。

>エアレジ公式サイトはこちら

Airレジにかかる費用は?

Airレジアプリ自体はずっと無料で利用できますが、iPhoneやiPadなどのiOSや周辺機器の導入には費用が発生しますので、その分の金額が必要となります。Airレジから紹介されている参考価格は以下の通りです。

・iPhone…43,000円~
・レシートプリンター…20,000円~
・キャッシュドロア…7,500円~
・レシートプリンター内蔵キャッシュドロア…60,000円~
・バーコードリーダー…32,000円~

>エアレジ公式サイトはこちら

SNSで見つけた口コミ~Airレジ導入後の満足点編~

Airレジを実際に使用したユーザーはどのような感想を抱いているのでしょうか。 TwitterやFacebookで集めた声の一部をご紹介します。

入出金の入力、レジ締めまでできるから遥かにスピードあがった。

直感的に使えて、会計、在庫管理、精算と全ての面で楽になる。

ちゃんと自動的に10%になっている。個人事業主にとっては本当に助かるサービス。お金の管理バッチリできて無料って本当にすごい。

自分の経理作業がかなり省力化される。

何が売れてるか一目瞭然で分かって楽しい。

これまで手計算で行ってきたが、レジアプリとして使えるようになったことで、計算間違いもなく集計作業などが自動化され、大きな時短になった。

レジに商品を細かく登録できる(形違い、色違いなども価格差を付けて登録可能)ので、在庫管理がしやすくなる。

csv形式の商品登録も可能なので、ネットショップの商品データを加工して登録する事もできる。

タッチパネルに慣れていれば、操作は簡単。 売上管理やレジ締め、販売分析が簡単にできること。

>>エアレジ公式サイトはこちら

Airレジは利用ユーザーが非常に多いだけあって、口コミも数多くみつかりました。また、この他にもAirレジ関連サービスへの称賛の声もありました。

昨日から「Airレジ」使い始めたが便利。 Airペイも使い勝手がいいし、iDやSuica他キャッシュレス決済で受付業務改善した。

会計に使えるのはもちろんこと、領収書やバーコードで読み取ったり、売上管理やクラウド会計ソフトと連携させることができ、売上管理をシームレスに行える。

>>Airペイ公式サイトはこちら

SNSで見つけた口コミ~Airレジ導入後の不満点・要望編~

Airレジはプラスな意見がおおくみられましたが、中には実際に使用した人ならではのマイナス意見もありましたのでご紹介させていただきます。

たまに繋がってたWiFiが切れてレシートが出ない時ある。

そのままだとレシートが印刷できない点。BlueTooth対応したレシートプリンタならどれでも印刷できるようにすると利用しやすくなると思う。

従来のPOSレジの導入ほどの費用はかからないけど、Airレジに必要な機器は購入しなければならず、ある程度の費用はかかること。

デバイスがipad限定であること。アンドロイドであればタブレット端末が1~2万円で用意できることをかんがえると、ipadでは割高に感じる

管理画面から出力できるCSVファイルが入金ベースではなく、その月の累計しか出せないこと。

多店舗展開している場合、ログアウトしなおさないと売り上げを確認できないのも面倒だと感じる

お店のエアレジ、今日の分だけ売上が反映されない。

導入の際にAndroidが使えずiPadやiPhoneを用意する必要があるという点や、レシートの問題、多店舗アカウントの切り替えといったことをネックだとする声が多いように感じられました。
また、稀に突然売上が反映されなくなるといったシステムトラブルも発生するようです。

>エアレジ公式サイトはこちら

SNSでみつけた口コミ~軽減税率対応について・ユーザー側の意見~

続いては、軽減税率について街で買い物をするユーザー側の意見も調査してみました。

100円ショップで、雑貨2点と食品1点をレジに置いたら、瞬時に「328円です」と言われて、軽減税率の定着を見た。

差し入れにリポDとか栄養ドリンクを買う時は10%、オロナミンCとかの清涼飲料水は8%知っててよかったって思った。

消費税10%と軽減税率の意味ないよなぁ。意味あるとしたらレジでの電子マネー決済&カード決済の読み取り機の普及だけなのかも。レジ操作複雑そうだし。

カフェとかでの軽減税率。持ち帰りってはっきり言っててもレジの打ち間違いや聞き漏らしで10%になってることよくある。

街のユーザーの声を聞いてみると、軽減税率制度は徐々に世の中に浸透してはいっているものの、商品によって税率が分かれたことで会計もやや複雑化しており混乱が起きているところも少なくないようです。消費者側も軽減税率対象となる商品のカテゴリをある程度把握するなど、理解を深めておく必要があるといえるでしょう。

まとめ

SNSでは実際にシステムを使った人の率直な感想が収集できます。
ポジティブな意見だけではなくネガティブな意見もあわせて見ることで、ご自身のお店に適したシステムなのかどうかが、はっきりと分かるのではないでしょうか。今回のリサーチをAirレジの導入を検討されている方の判断材料にしていただければと思います。

お店に本当に合ったPOSレジ選びをお手伝い
店舗に本当に合った
POSレジ選びをお手伝い
後悔しないPOSレジ選びを。比較・見直ししてみませんか?
軽減税率対策POSレジのご相談も承ります。
弊社がレジメーカーではない代わりに、無理な提案は一切ございません。
後悔しないPOSレジ選びを。比較・見直ししてみませんか?軽減税率対応POSレジも。弊社がレジメーカーではない代わりに、無理な提案は一切ございません。
  • はじめてのDX デジタルトランスフォーメーションを支援する はじめてのDX
  • Wiz colud デジタルトランスフォーメーションに最適なサービスをご提案
  • ピピッとチョイス QR・キャッシュレス決済の比較・導入ならピピッとチョイス