Airレジ(エアレジ)のハンディはいつ登場?価格はどのくらい?

こんにちは、レジチョイス編集部です。ハンディシステムは飲食店の業務効率化を図ることができ、導入している店舗が多いシステムです。人気のタブレットPOSレジ『エアレジ』でも、ハンディのリリースが予定されています。気になる方も多いと思いますので、エアレジのハンディシステムでできることや、最新のリリース情報、軽減税率対策補助金が使えるのかについて情報をまとめました。是非ご覧ください。

エアレジのハンディとは

エアレジのハンディとは、エアレジから『エアレジハンディ』という商品名でリリース予定のハンディシステム(オーダーエントリーシステム/Order Entry System/OES)のことです。ハンディ端末にはiPod touchを利用し、キッチンプリンタとタブレットPOSレジアプリの『エアレジ』、予約台帳アプリの『レストランボード』を利用する予定です。エアレジは月額0円のサービスでしたが、エアレジハンディは有料になるようです。

ハンディシステム選定のお手伝いをしています。
導入を考えている方は、是非こちらからご連絡ください。

ハンディシステムのご相談はこちら(無料)

電話相談窓口 : 0120-740-336
(受付時間9:00~19:00) 

エアレジハンディでできること

エアレジハンディの特徴や、利用できることついてまとめました。

操作が簡単で使いやすい

エアレジハンディは誰でも簡単に操作できるように開発されています。お客様が来店されたら、スマレジハンディにご案内したテーブル・人数などを入力します。注文を受ける際は商品を選んで確定するだけです。注文内容はキッチンプリンタに送信され、キッチン伝票が印刷されます。お会計時はエアレジに注文データが連携されるので、再入力の手間も不要です。人手不足を解消するためにハンディを導入する場合、エアレジハンディであれば即座に業務効率化を進めることができます。

新人スタッフでも安心 メニュー提案の手助けができる

エアレジハンディでは、注文入力画面におすすめメニューや説明が表示されます。説明を読み上げるだけでおすすめメニューの提案ができるので、新人スタッフを雇用したばかりの時やメニューを入れ替えたばかりの時も変わらず販促することができます。

お酒のラインナップにこだわったお店であれば、エアレジハンディにお酒のアピールポイントや、どんなお客様に人気があるかなどを記載しておくとよいでしょう。未成年のアルバイトなど、お酒の知識がないスタッフが担当しても一定のサービスを行うことができますし、お客様の満足度向上にもつながります。

配膳状況が一目で把握できる

テーブルごとの注文・配膳状況は、ホールスタッフ用のディスプレイで表示されます。提供が遅れている注文は赤く表示されるため、状況が一目で分かりやすくなっています。どの注文を優先的に運ぶべきか把握できるので、配膳提供の遅れやクレームにつながるリスクを減らすことができます。

お店の状況をいつでも確認できる

お店の経営をアシスタントする関連サービス『エアメイト』を併用すると、店舗の状況をクラウド上に蓄積することができます。保存できるのはQSCデータと呼ばれる、「Quality:品質」「Service:サービス・接客(提供時間など)」「Cleanliness:清潔・清掃」などのデータです。クラウドで管理されたデータは、いつでもどこでも確認することができます。状況によってメニューを更新する、キャンペーンを実施するなど、タイムリーな戦略を実行することができます。

ハンディシステム選定のお手伝いをしています。
導入を考えている方は、是非こちらからご連絡ください。

ハンディシステムのご相談はこちら(無料)

電話相談窓口 : 0120-740-336
(受付時間9:00~19:00) 

エアレジハンディの価格とリリース時期は?

エアレジハンディの価格とリリース時期は、現時点では発表されていません(2019年1月時点。情報が発表されたら、レジチョイスでもご紹介いたします)。先ほどもご説明した通り、エアレジハンディは有料の予定とされていて、月額料金が発生する可能性が高いです。エアレジと同じように月額0円で利用できるのでは、と考えている方はご注意ください。参考価格として、他社のPOSレジでハンディシステムを利用する場合の月額費用をご紹介します。

参考価格①:スマレジの飲食店向けプランの価格

iPad/iPhone/iPod touchを使ったタブレットPOSレジ『スマレジ』は、対象業態や店舗の希望に応じて5つのプランを設定しています。ハンディシステムが組み込まれたプランは、月額10,000円(税抜)の『フードビジネスプラン』になります。
スマレジはハンディ端末を1店舗につき最大5台まで利用できるため、ハンディ端末を5台導入した場合のランニングコストは10,000円(税抜)になります。ハンディ端末を増やす場合(1店舗で6台目以降)は1台あたり1,200円/月(税抜)が加算されます。

参考価格②:ブレインレジのハンディありプランの価格

『blaynレジ(ブレインレジ)』は、Androidを利用して開発された飲食店専用POSレジです。ブレインレジでは無料版とプレミアム版の2つの料金プランを設定しています。ハンディシステムを利用するには、月額9,800円のプレミアム版を契約する必要があります。ハンディ端末にはiPhoneを利用します。

エアレジハンディを利用する場合も、大体10,000円程からのランニングコストが発生することを想定しておいた方がいいと思われます。

軽減税率対策補助金の申請を考えている人は要注意

軽減税率対策補助金とは

消費税増税に伴い軽減税率対応レジなどを導入する場合、一定の条件を満たした店舗は国から導入費用の一部を助成してもらうことができます。この補助金のことを『軽減税率対策補助金』といいます。詳しくは別記事で解説していますので、是非ご覧ください。

軽減税率対策補助金 参考記事

ハンディ導入にも軽減税率対策補助金を適用できる?

補助金の交付を行う事務局では、ハンディシステムの導入経費を補助金の対象外経費としています。ハンディシステム用に準備するスマホなどの購入代金も、補助金対象外経費となるので気を付けてください。

軽減税率対策が必要なのであれば、エアレジハンディのリリースを待たず、補助金を活用してレジを導入するのも1つの方法です。補助金の交付申請期限は2019年12月16日《消印有効》までとなっています。締め切り直前はレジ提供会社も補助金事務局も混雑する可能性が高いため、早めの導入手配をおすすめします。

まとめ

エアレジハンディのリリース情報についてまとめました。待望の、エアレジから出るハンディシステムではありますが、ランニングコストやリリース時期などは発表待ちとなっています。また、ハンディは軽減税率対策補助金対象外となっていました。

消費税増税に伴い軽減税率対策が必要な店舗は、エアレジハンディのリリースを待たずに、補助金を活用してレジを準備してしまうのも1つの手です。レジチョイスではブレインレジ・スマレジ・ユビレジなど、既にハンディ提供が始まっているPOSレジの導入相談も承っています。ハンディシステムやPOSレジ導入に興味がある方は是非ご相談ください。

店舗に本当に合った
POSレジ選びをお手伝い
後悔のないPOSレジ選びを。レジチョイスコンシェルジュに相談してみませんか?弊社がレジメーカーではない代わりに、無理な提案は一切ございません。

無料で相談してみる