無料POSレジ選定 複数比較でお店に最適なレジが見つかります! 詳しくはこちら

Airレジ(エアレジ)のハンディって?機能や価格はどのくらい?

最近では、ファミリーレストランや居酒屋などに行くと、定員がハンディターミナルなどの専用端末を用いて注文を取る姿をよく見かけるようになりましたね。飲食店のオーナーも、店舗の業務効率化を図るために、ハンディシステムの導入を検討している方も増えてきたのではないでしょうか。しかし「導入費用やランニングコストが気になる」「操作方法が複雑で新人が覚えられるだろうか」このような悩みから、なかなか導入に踏み切れない方も多いことでしょう。

現在多くのユーザー数を誇る人気のタブレットPOSレジ『エアレジ』から、低コストで操作もかんたんなハンディシステムが登場しました。果たしてエアレジのハンディとは、いったいどのような機能を持ち合わせているのでしょうか。本記事では、エアレジハンディの特長や気になる費用、導入の流れなどを徹底解説します。現在、ハンディシステムの導入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

>エアレジ公式サイト・お申込みはこちら

エアレジのハンディとは

Airレジ(エアレジ)ハンディとは、注文・調理・配膳業務をサポートしてくれる(オーダーエントリーシステム/Order Entry System/OES)のことです。エアレジは、基本料金が0円で利用できるので、従来のPOSレジに比べると低コストでかんたんに導入できることが特徴です。そんなエアレジのハンディシステム「エアレジハンディ」を利用すれば、既存のスタッフはもちろん、新人スタッフでもミスなくスムーズに業務ができるようになるので、ヒューマンエラーを防ぐことが可能となります。

>エアレジ公式サイト・お申込みはこちら

エアレジハンディの特長

では具体的にエアレジハンディの特長をみていきましょう。

低コストで気軽に導入できる

通常ハンディを導入するとなれば専用端末を揃える必要があり、高額な導入費用がかかる場合が多くありました。一方エアレジのハンディであれば、iPod touch・iPadを端末として利用するため、低コストで導入することが可能となります。またアプリはバージョンアップしていくため、つねに最新の機能を活用することができ、従来のPOSシステムのように保守の心配もいりません。

新人スタッフでもミスなく業務がスムーズに

新人のうちは、業務を覚えることが多くスムーズに動けなかったり、ミスが多発したりとお客様に迷惑をかけてしまうこともあるかと思います。
エアレジのハンディは、注文入力画面におすすめメニューや説明が表示されたり、説明を読み上げるだけでおすすめメニューの提案ができるなど、誰でもかんたんに操作できるよう飲食店の目線で開発されています。また注文を取ると、デシャップのキッチン画面で提供が遅れている注文が分かるため、クレームを回避することもできます。 このように新人スタッフを雇用したばかりの時やメニューを入れ替えたばかりの時でも、変わらず販促することが可能となります。人手不足を解消するためにハンディを導入する場合、エアレジハンディであれば即座に業務効率化を進めることができるでしょう。

年中無休のサポート体制も完備

機器が故障してしまい、ヘルプデスクへ電話するものの、営業時間外で対応してくれず営業に支障が出たといった経験はないでしょうか。
エアレジハンディのヘルプデスクであれば、10時~23時(年中無休)まで受付可能なため、急なトラブルにも安心して対応してくれます。さらに電話での解決が難しい場合は、17時までに電話すると当日駆けつけてくれる「駆けつけサポート」にも対応しています。
なお、株式会社リクルートライフスタイルと株式会社USENは飲食店を中心としたIT化促進を目指し、業務提携しました。これにより「駆けつけサポート」を利用する場合は、148拠点に駐在するUSEN社の専門スタッフが駆けつけてくれる体制となっています。

エアレジハンディでできること

エアレジハンディで利用できることついてまとめました。

操作が簡単で使いやすい

エアレジハンディは誰でも簡単に操作できるように開発されています。お客様が来店されたら、スマレジハンディにご案内したテーブル・人数などを入力します。注文を受ける際は商品を選んで確定するだけです。注文内容はキッチンプリンタに送信され、キッチン伝票が印刷されます。お会計時はエアレジに注文データが連携されるので、再入力の手間も不要です。人手不足を解消するためにハンディを導入する場合、エアレジハンディであれば即座に業務効率化を進めることができます。

配膳状況が一目で把握できる

テーブルごとの注文・配膳状況は、ホールスタッフ用のディスプレイで表示されます。提供が遅れている注文は赤く表示されるため、状況が一目で分かりやすくなっています。どの注文を優先的に運ぶべきか把握できるので、配膳提供の遅れやクレームにつながるリスクを減らすことができます。

お店の状況をいつでも確認できる

お店の経営をアシスタントする関連サービス『エアメイト』を併用すると、店舗の状況をクラウド上に蓄積することができます。保存できるのはQSCデータと呼ばれる、「Quality:品質」「Service:サービス・接客(提供時間など)」「Cleanliness:清潔・清掃」などのデータです。クラウドで管理されたデータは、いつでもどこでも確認することができます。状況によってメニューを更新する、キャンペーンを実施するなど、タイムリーな戦略を実行することができます。

エアレジハンディの費用は?

気になるエアレジハンディの費用をみていきましょう。ここでは、エアレジハンディの初期費用・月額費用についてご紹介いたします。

エアレジハンディ 価格表(初期費用・月額費用)

 

サービス内容 金額
初期費用 現地調査および必要機器の提案 150,000円(税抜)
サービスの初期費用(店舗情報、 メニュー情報)
必要機器の一括発注
レジ、プリンターなどの機器設置
スタッフ向けの導入トレーニング
月額費用 エアレジハンディ5台分の利用

※6台目以降は、1台につき1,500円の従量課金制となる

※同じ月内で利用台数が変わる場合については、端末台数が最も多い日の端末台数が料金が計算される

12,000円(税抜)
365日対応の電話サポート
駆けつけサポート

そのほか、新規で導入する場合や、すでにエアレジを導入済みの場合など、別途必要な備品や設定も異なり見積価格も変わっていきます。気になる方は、レジチョイスのコンシェルジュまでお気軽にご相談ください。エアレジハンディやそのほかのハンディシステムについても、くわしくご説明、ご紹介いたします。

エアレジハンディの支払いについて

次にエアレジの支払方法と支払いサイクルについて紹介します。

支払い方法

エアレジの支払方法は、銀行振込もしくはクレジットカードでの支払いとなります。
ただし初期設定は銀行振込となっているので、クレジットカードへの支払いへ変更したい方は、申請が必要となります。

支払いサイクル

・請求の確定・・・利用月の月末
・請求書の発送・・・利用月の翌月中旬
・支払い期日(銀行振込の場合)・・・利用月の翌々月末

エアレジハンディ利用までの流れ

エアレジハンディを契約した後は、20営業日ほどで利用開始することが可能です。利用までの流れは以下のとおりです。

STEP.1 サービスプランの提案
まずは、エアレジのスタッフより電話でエアレジハンディのプランの説明があります。申込みした場合には、後日電話にて現地調査の日程調整の連絡が入ります。

STEP.2 現地調査と機材の発注
スタッフが訪問し、店舗に合わせた正式な見積書が発行されます。契約後は、利用開始に必要な情報のヒアリングやメニューを元に、専門のスタッフが初期登録をしてくれます。

STEP.3 機器設置と導入トレーニング
専門スタッフによる機器の設置とセットアップが行われます。また店舗スタッフに向けた導入トレーニングも開催されます。

STEP.4 利用開始
導入トレーニングが終わったら、その日から利用開始することができます。

まとめ

今回は、ハンディシステムの導入を検討しているオーナーに向けて、エアレジハンディの特長や費用、利用開始までの流れなどを紹介しました。
エアレジハンディは、低コストでかんたんに操作できる上、注文・調理・配膳業務などサポートしてくれるため、店舗の業務負担を大幅に軽減することが可能となります。現在エアレジを利用中の方はもちろん、新店舗をオープンする方などは一緒にエアレジと併せて導入することで、ホールオペレーションの効率化を図ってみてはいかがでしょうか。

お店に本当に合ったPOSレジ選びをお手伝い
店舗に本当に合った
POSレジ選びをお手伝い
後悔しないPOSレジ選びを。比較・見直ししてみませんか?
軽減税率対策POSレジのご相談も承ります。
弊社がレジメーカーではない代わりに、無理な提案は一切ございません。
後悔しないPOSレジ選びを。比較・見直ししてみませんか?軽減税率対応POSレジも。弊社がレジメーカーではない代わりに、無理な提案は一切ございません。