本当に無料で使えるの?Airレジの導入費用を調査しました!

Airレジ 本当に0円?

レジチョイスでも何度も紹介し、ホームページ上でも「0円でカンタンに使えるPOSレジアプリ」と謳っているエアレジ(Airレジ)ですが、本当に全て無料で利用できるのでしょうか。今回はエアレジが何処まで無料で使えるのかを調査してきました。

いくつかのPOSレジで迷っているという方はレジチョイスコンシェルジュまでご相談ください。

コンシェルジュへのご相談はコチラ

エアレジはどこまで無料で使えるの?

Aieレジ0円 イメージ

以前特集した「無料タブレットPOS【Airレジ】機能紹介から登録方法までご紹介」で詳しく説明していますが、まずエアレジアプリのダウンロードやアカウント作成には一切お金がかかりません。他のPOSレジでは契約時に初期費用がかかってくることがありますが、エアレジは初期費用0円で利用できるアプリケーションです。
次にエアレジ機能の利用についてですが、分析機能や顧客管理機能などエアレジにあらかじめ搭載されている全ての基本機能が無料でご利用いただけます。

たしかに無料!でも周辺機器はやっぱり有料!

お金の不安

エアレジが初期費用も月額料金も無料で使えるということは分かりましたが、エアレジのアプリを持っているだけではレジ業務をこなすことができません。キャッシュドロアなどの周辺機器を一通り揃えるには、やはりそれ相応の費用がかかってしまします。
最低限のiOS端末とキャッシュドロア、レシートプリンターだけを揃えたとしてもおよそ80,000円程度、さらに小売店の場合はバーコードリーダーも必要になってくるかと思うので100,000円以上が必要になります。
また、機器の故障によるサポートなどは行っていないため、もしもの時には修理費用や再購入費用がかかってしまう可能性があるというリスクは理解しておきましょう。

エアレジで利用できる周辺機器の価格例

・iPad 37,790円
・レシートプリンター:36,900円
・キャッシュドロア:7,980円
・プリンター一体型キャッシュドロア:54,800円
・カードリーダー:19,800円
・タブレットスタンド:2,980円
・バーコードリーダー:34,800円
・レシート用紙:3,700円

連携サービスの利用にはお金がかかる?

連携 イメージ

エアレジ(Airレジ)はそれ1つだけでも便利機能が搭載されていますが、エアレジを最大限活用するとなれば、同じリクルートライフスタイルが提供する連携サービスと合わせて利用することをおすすめします。魅力的な連携サービスがいくつもありますが、これらを利用するにはどれほどの利用負担が出てくるのでしょうか。

Airペイ

クレジットカードやICカードなど、様々な支払いに対応できる決済サービスです。専用のカードリーダーの用意さえすれば、月額利用料は必要なく、3.24%~の手数料を支払うだけで利用できます。

導入費用

・カードリーダー:19,800円

月額費用

・決済手数料(3.24~3.74%)のみ

モバイル決済 for Airレジ

中国最大級のモバイル決済サービス「支付宝(アリペイ)」「WeChat Pay」や、「LINE Pay」などが利用できるサービスです。Airペイとは違ってカードリーダーを導入する必要もなく、決済手数料のみ支払うことになるためリスク無く始められます。

導入費用

・なし

月額費用

・決済手数料のみ

Airリザーブ

24時間Web上から予約受け津佳ができる予約管理サービスです。予約管理に不可欠な基本機能は全て無料で使えます。ただ、店舗切り替え機能を利用するためには別途有料プランに加盟する必要があるため、複数店舗の管理を一括で行うには費用負担が出てくる仕組みになっています。

導入費用

・なし

月額利用料

・基本機能0円
・「予約項目の追加」「固定IP制限」「店舗切替機能」「アクセスログ機能」の利用には別途有料プランへのお申し込みが必要

Airウエイト

お客様の待ち時間を解消してくれる受付管理システムです。iPadとレシートプリンターだけで利用できるので非常に便利ですが、受付をセルフにする場合や会計の位置とは違う場所に設置するのであれば、別途もう1台ずつ用意する必要があります。

導入費用

・なし(必要な場合はiPadとレシートプリンター)

月額費用

・なし

POICHI for Airレジ

「Tポイント」「Ponta」「WAON」のポイントカードにポイントが付与できる販促支援アプリです。Airペイの物と同じ専用のカードリーダーを利用してポイントの付与やポイントでの購入を行います。

導入費用

・加盟金(各サービス利用のための加盟金、ステッカーなどのスターターキット)
・カードリーダー:19,800円(Airペイご利用中であれば再購入は不要)

月額費用

・月額利用料(別途見積もり)
・お客様に付与したポイントに応じたシステム利用料

安く使いたいならコチラもおすすめ!

迷い イメージ

 

無料で使えることで有名なエアレジですが、周辺機器の費用はもちろん、さらに便利に使おうと思うとなかなかの金額がかかってしまうことが分かりました。そうすると、他社でも無料のプランや格安のプランで提供しているサービスがあるので、エアレジ以外のPOSシステムに付いて注目してみましょう。

スマレジ

スマレジもPOSレジの基本機能が利用できる0円プランがあります。周辺機器の導入費用もAirレジとあまり変わらないので、どちらか迷っている場合は無料プランをお試し感覚で使ってみると良いかと思います。

関連記事:圧倒的な安定稼働率を誇る【スマレジ】は費用対効果の良いPOSレジだった?

ユビレジ

ユビレジも0円プランがあり、数多くの連携サービスと組み合わせて利用することが可能です。また、月額料金はかかるけど初期費用が0円で利用できる「レンタルプラン」もあります。

brainレジ

brainレジは飲食店向けのタブレットPOSレジです。こちらも月額料金0円のプランを提供しており、周辺機器は業界最安値と言われているAirレジよりも数千円安く抑えることが可能です。

関連記事:月額0円から始められる飲食店専用POSレジが新たに登場!?

まとめ

お得な買い物 イメージ

いかがでしたでしょうか。「既に周辺機器を持っている」「知人から譲ってもらった」といった方であれば本当に完全無料でご利用いただくことができますが、POSレジの導入を1から始めると言う場合は10万円程度の費用がかかってくることを理解しておきましょう。
どうしても完全に0円で導入すると言うのは厳しい話なので、どれくらい安く抑えられるか、もしくは最初に少し奮発してでも良い物を購入するかなど、しっかりと考えてからPOSレジを導入しましょう。各店舗の運営状況によってどういったPOSレジが最適かは変わってくるので、いくつかのPOSレジで迷っているという方はレジチョイスコンシェルジュまでご相談ください。

コンシェルジュへのご相談はコチラ