Apple Storeでタッチ&トライ♪「Airレジ」が無料ワークショップを開催します!

iPadを無料でPOSレジに変身させられる「Airレジ」。日本国内で一番選ばれているPOSレジアプリとして、きっと皆さんもご存知ですよね。省スペースな上に低コストで導入できるので、切り替えを検討中という方も少なくないのではないでしょうか。

一方で、「iPadの操作もままならないのに、レジアプリなんて使いこなせるのか不安…」と思っている方はいらっしゃいませんか?そんなあなたに朗報です!昨年に引き続き、ワークショップの開催が決定しました!

「Airレジ」とは

エアレジのホームページ

リクルートのグループ会社が提供するタブレットPOSレジアプリケーションの「Airレジ」。基本的なPOS機能に加え、順番待ちの不満を解消する「Airウェイト」、予約管理をシンプルにする「Airリザーブ」、クレジットカードも電子マネーも端末1台で対応できてしまう「Airペイ」など、お店の運営に役立つ連携サービスも豊富です。

それらを利用すれば、注文入力から決済のみならず、会計帳簿作成や決算書の作成まで、会計業務全般を「Airレジ」と連携しているサービスで完結させることができる優れモノなのです。

また、「Airレジ」は中小企業庁が指定する消費税軽減税率対策補助金対象(モバイルPOS レジシステム)サービスです。対象となる事業者は「Airレジ」を利用するために必要なタブレットや周辺機器の購入について、補助金の申請ができます。

「Airレジ」ワークショップとは

前回のイベントの模様

「Airレジ」は昨年11月に、東京・名古屋・大阪のApple Storeで開催されたワークショップ「App Spotlight」に参加し、デモイベントを行っています。そこで「Airレジがどのようなサービスか、使い勝手を知りたい」という店舗開業前や開業中の方から非常に高い評価を得ていました。また東京会場では毎回予約が満席になるなど参加者からも好評だったため、2017年も引き続き開催することになったそうです。

このワークショップでは「Airレジを使うとどれほど売上や在庫データの管理や軽減税率の対応が簡単になるのか?」を実際に触って体験することができ、お店の運営・経営を進化させる方法を学ぶこともできます。たった数回のタップで注文を受けてメニューを管理するオペレーションで、飲食店の運営を効率化する方法も紹介してもらえます。

参加申し込み方法

参加を希望する場合は、Apple StoreのWebページもしくはApple Storeのビジネスチームにメールか電話で事前に申し込みをする必要があります。申し込みがない場合は参加できないことがありますのでご注意ください。なお、Webでのお申し込みにはApple IDが必要です。

※ドメイン指定受信を設定している方は、お申込み確認のメールが届かない場合がありますのでapple.comのドメインを受信許可指定してください。特に無料登録メールや携帯メールをご登録いただいている方は届かない場合がありますのでご注意ください。

※お電話でのお申込みについて、窓口営業時間は各AppStoreの営業時間に準じます。各StoreのWebページにてご確認ください。

ワークショップの日時

【Apple 銀座】 http://www.apple.com/jp/retail/ginza/

2017年1月/16日(月)23日(月)30日(月) 16:00-17:00 [無料]
2017年2月/6日(月)13日(月)20日(月)27日(月) 16:00-17:00 [無料]

Apple 銀座:お申し込みページ

※ページ下部にある「App Spotlight:Airレジ」ボタンをクリックしてください
メール:ginzabusiness@apple.com / 電話:03-5159-8266

【Apple 表参道】http://www.apple.com/jp/retail/omotesando/

2017年1月/18日(水)25日(水) 16:00-17:00 [無料]
2017年2月/1日(水)8日(水)15日(水) 16:00-17:00 [無料]
2017年2月/22日(水) 18:00-19:00 [無料]

Apple 表参道:お申し込みページ

※ページ下部にある「App Spotlight:Airレジ」ボタンをクリックしてください
メール:omotesandobusiness@apple.com / 電話:03-6757-4420

「Airレジ」体験は全国のビックカメラでも

ビックカメラのAirレジサービスカウンター

「遠くて足を運べない」という皆さんも、がっかりすることはありません。北海道から沖縄まで、全国のビックカメラの店頭には、Airレジや周辺機器を実際に操作し、体験することができるAirレジサービスカウンターが続々オープンしています。

その場で機器を購入できるだけでなく、操作や設定方法など、専門販売員に直接相談できます。また軽減税率対策補助金などの制度について、詳しい説明を聞くことができますし、補助金の代理申請も可能です。なお、あらかじめ予約を入れてからブースを訪ねるとスムーズに対応してもらえますよ。

Airレジサービスカウンター

<関連記事>
直接行かなきゃ分からなかったAirレジサービスカウンターの【サービスをレジチョイス初公開!】

まとめ

Airレジを導入しているお店は本当に増えています。なにしろ今日、たまたま私がランチに出かけたスリランカ・カレーのお店もAirレジでしたから。(ホントです!!)

ホームページやカタログには詳しい説明がありますが、やはり実際に操作をしてみなければわからないこともたくさんあります。検討中の方は是非、Apple Storeやビックカメラで端末を見て触って、Airレジを体験してみてください。

<関連記事>
【特集】3年で255,000アカウントのAirレジが「商うを、自由に」する5つの提案とは?