無料POSレジ選定 複数比較でお店に最適なレジが見つかります! 詳しくはこちら

Airレジは出前館と連携可能!メリットや連携方法をチェック!

新型コロナウイルスの感染症防止対策をきっかけに利用者が急増しているデリバリー・テイクアウトサービス。それに伴い、デリバリー・テイクアウトサービスの導入を積極的に行っている飲食店が増えてきていますが、デリバリーサービスの注文が入った際に、POSレジへの二度打ちに煩わしさを感じている店舗オーナーは多いのではないでしょうか。

今回は、そのような悩みを払拭すべく、「Airレジ」と出前館との連携に関する内容を、詳しく解説します。

出前館の導入のご相談はこちら

※外部サイトとなります

POSレジ選定のお手伝いをしています。
すぐにでも導入を考えている方は、是非こちらからご連絡ください。
TEL:050-5052-0036(平日10:00~18:00)
コンシェルジュに相談する(無料)

Airレジと出前館は連携が可能!


株式会社リクルートライフスタイルが提供するiPadレジでおなじみのAirレジは、日本最大級の宅配ポータルサイト「出前館」が運営する出前館オーダー管理アプリと、株式会社リクルートライフスタイルが運営する0円でカンタンに使えるPOSレジアプリ「Airレジ」が2019年7月29日より連携を開始しています。

双方の連携により出前館経由で注文されたデータは自動的に「Airレジ」へ反映され、受注された伝票をカンタンに印刷することができ、レジへの二度打ち作業が不要になるなど飲食店の業務効率化が見込めます。
また「Airレジ」は、軽減税率制度に対応しています。事前に必要な設定さえすませておけば、複数税率に対応することできます。イートインやテイクアウトはもちろん、デリバリーを提供する店舗では事前準備にかかる手間も大幅に軽減されるでしょう。

Airレジと出前館の連携については、動画でも分かりやすく解説しているので、こちらも併せてチェックするといいでしょう。

出前館の導入のご相談はこちら

※外部サイトとなります

出前館とAirレジを連携させるメリット

それでは、さっそく出前館とAirレジを連携させるメリットについてみていきましょう。

軽減税率対応がスムーズに

2019年より開始された軽減税率への対応も、Airレジでは、事前設定するだけで商品や購入シーンに合わせて税率を自動で処理してくれる軽減税率に対応しています。そのため、イートインと出前で税率が異なる場合でも、スムーズな会計処理が実現できるのはうれしいポイントといえるでしょう。

二度打ち不要で業務効率化に

出前館とAirレジを連携させることで、業務効率化を図れるといったメリットがあります。なぜならこれまでデリバリーで注文が入った場合は、受注内容を再度POSレジへ手入力する必要がありました。しかしAirレジと出前館が連携したことで、受注内容をレジで打ち直す必要がなくなります。このように、二度打ちの手間が減ることで別の業務に時間を回すことができ、店舗の業務効率化が見込めるでしょう。

伝達・調理ミスが軽減される

最後のメリットは、伝達ミスや調理ミスが軽減されることです。
従来までは、出前館で注文が入ると、レジスタッフは出前館のオーダー管理アプリの受注内容を見て、調理担当者へメモや口頭で共有していたため、伝達ミスや調理ミスなどのヒューマンエラーが発生していました。しかし、出前館との連携によりAirレジは、ボタン一つで出前館の受注内容を印刷することが可能となります。このことにより、ヒューマンエラーが解消され、ホールスタッフと調理スタッフとの連携も一気にスムーズになるでしょう。

出前館の導入のご相談はこちら

※外部サイトとなります

POSレジのメーカー比較をしてみませんか?
店舗に本当に合ったレジ選びをお手伝いします。
TEL:050-5052-0036(平日10:00~18:00)
コンシェルジュに相談する(無料)

Airレジと出前館 連携方法の手順

次は、Airレジと出前館との連携方法についてみていきましょう。ここでは、出前館に加盟していない場合とすでに加盟している場合と分けて、それぞれご紹介します。

出前館に加盟店登録していない場合

出前館に加盟していない店舗の場合、まずは出前館への加盟申請が必要となります。申込み後は、出前館の担当者より店舗情報やメニューなどのヒアリングが入ります。その際にAirレジと連携したい場合は、その旨を担当者へ伝える必要があります。その後は、利用開始に必要なアカウント情報がメールで送られてきます。

出前館の導入のご相談はこちら

※外部サイトとなります

すでに出前館に加盟店登録している場合

続いては、すでに出前館に加盟登録をしている場合をみていきましょう。
出前館に出店した際に、Airレジ連携の申込みを行っていない場合は、出前館のカスタマーセンターへAirレジとの連携希望の連絡をする必要があります。カスタマーセンターへ連絡後は、指定のメールアドレス宛てに連携の申込みフォームが届くので必要情報を入力すると連携可能となります。

Airレジとは?

「Airレジ(エアレジ)」は、株式会社リクルートライフスタイルが提供するiPadやiPhoneなどの端末を利用したPOSレジアプリです。数あるPOSレジの中でも利用店舗数No1を誇っており、小売店や飲食店、サービス業など幅広い業種に導入されています。Airレジは、手持ちの端末に無料の専用アプリをダウンロードするだけで、誰でもカンタンに利用することができます。

そんなAirレジですが、レジ機能が0円で利用できるのも大きな魅力です。店舗運営に欠かせない会計機能のほか、売上分析や顧客管理、商品管理など店舗運営に必要な機能が充実しています。

その他Airレジは、周辺機器との連携も可能となっており、クレジットカード決済や電子マネー決済や、ハンディシステムによる飲食店での注文連携も可能となります。また2020年7月からは、オーダーエントリーシステム「Airレジハンディ」が、スマホからいつでも注文できる「モバイルオーダー」へ対応しました。これにより、人手不足の解消や客単価アップ、非接触型の店舗オペレーション対策も期待できるでしょう。

「Airレジハンディ」がついにモバイルオーダー対応へ!機能や詳細をチェック!

出前館とは?

今回、Airレジと連携した「出前館」は、自宅にいながらいろんな飲食店の料理をwebサイトやアプリから手軽に注文・決済できる国内最大級のフードデリバリーサービスです。提供元は株式会社出前館(旧:夢の街創造委員会株式会社)となり、日本で初となるwebサイトでデリバリーサービスを開始した先駆者です。
これまで出前館は、自社で出前を行っている店舗のポータルサイトでしたが、2017年からは配達機能を持たない店舗でも出前館と連携する配達機能を複数の店舗でシェアすることで出前ができる「シェアリングデリバリー®」を開始しています。出前館に加盟登録することで、新たな販売チャネルとして活用することができ、売上の向上も期待できるでしょう。

出前館の特徴や加盟店登録方法とは?店舗の手数料やメリットを解説!

出前館の導入のご相談はこちら

※外部サイトとなります

まとめ

今回は、「Airレジ」と出前館が連携されたニュースについて詳しく解説しました。現在店舗へ出前館を導入しているものの、POSレジと連携していないことで「二度打ちの手間がかかる」「レジ打ちミスが発生している」と悩んでいる方も、出前館と連携しているAirレジを導入することで一気に解消します。
レジチョイスでは、店舗に合ったPOSレジの導入などの無料相談にも応じています。ぜひコンシェルジュまでお気軽にご相談ください!

お店に本当に合ったPOSレジ選びをお手伝い
店舗に本当に合った
POSレジ選びをお手伝い
後悔しないPOSレジ選びを。比較・見直ししてみませんか?
軽減税率対策POSレジのご相談も承ります。
弊社がレジメーカーではない代わりに、無理な提案は一切ございません。
後悔しないPOSレジ選びを。比較・見直ししてみませんか?軽減税率対応POSレジも。弊社がレジメーカーではない代わりに、無理な提案は一切ございません。

関連タグ

お悩み・目的別タグ

  • はじめてのDX デジタルトランスフォーメーションを支援する はじめてのDX
  • Wiz colud デジタルトランスフォーメーションに最適なサービスをご提案
  • ピピッとチョイス QR・キャッシュレス決済の比較・導入ならピピッとチョイス