無料POSレジ選定 複数比較でお店に最適なレジが見つかります! 詳しくはこちら

Airペイにau PAYが追加!全28種類の決済に対応へ

近年、飛ぶ鳥を落とす勢いで広まりをみせるキャッシュレス決済サービス。2020年に開催予定のオリンピック・パラリンピック、2025年の関西万博に向けて、政府はキャッシュレス化の推進を国の重要な課題としています。

そんな中、株式会社リクルートライフスタイルが提供する決済サービス「Airペイ」が、KDDIのスマホ決済サービス「au PAY」の取扱いを開始しました。au PAYの取扱い開始により「Airペイ」は、主要国際ブランド7種類のクレジットカードの他、9種の交通系電子マネー、「PayPay」「Alipay」といったQRコード決済を含めた全28種類の決済手段を網羅することになります。

そこで今回は、au PAY取扱い開始のニュースに触れながら、改めて「Airペイ」の魅力について迫りたいと思います。

▼Airペイ公式サイトはこちら

Airペイってどんなサービス?

「Airペイ」は、クレジットカード・電子マネー・QRコード決済・ポイントなどが使える店舗用の決済サービスです。iPadまたはiPhoneとカードリーダーの1台で決済することが可能となります。店舗側は、Airペイ専用のカードリーダーとAirペイアプリを用意するだけで、お客様はクレジットカードやQRコード決済で支払うことができるようになります。

Airペイの特徴

「Airペイ」は店舗にとって、導入費用やランニングコストにおける費用面の負担が少ないことが大きな特徴です。Airペイの決済手数料は、3.24%~と業界最低水準の料率に加え、月額固定費、振込手数料なども無料。さらにホットペッパーやじゃらんなどで知られる大手のリクルートのグループ企業である、リクルートライフスタイルが運営するサービスのため、安心してサービスを利用することが可能となります。



Airペイにau PAYが追加へ

これまで「Airペイ」は、業界最多水準の決済手段を、iPadと専用のカードリーダー1台で対応してきましたが、2020年1月30日、さらに「auPAY」の取扱が開始されました。これによりAirペイは、全28種類の決済手段に対応することとなります。

それでは、Airペイに対応した「auPAY」とはどのようなサービスなのでしょうか。ここでは、「auPAY」についてかんたんなサービスの紹介と、Airペイに対応した28種類の決済サービスの詳細をお伝えします。

au PAYはどんなサービス?

「auPAY」とは、2019年4月よりKDDI株式会社が提供を開始したスマホ・QRコード決済サービスです。以前はauユーザーのみしか「auPAY」を利用することができなかったサービスですが、現在ではauユーザー以外も利用することが可能となっています。

「auPAY」の利用方法は、手持ちのauWALLETのアプリ、アプリ上に表示されるバーコードやQRコードをお店の端末から読み取る方法か、お店が提示したQRコードをユーザーのアプリで読み取る方法のどちらかで支払うことが可能となります。

また「auPAY」を提供するKDDIは、2018年11月に楽天と決済や物流、通信分野にて業務提携を開始しました。これにより楽天Pay加盟店でも「auPAY」を利用できるようになったことで、auPAYの利用店舗数と利用者数は一気に増加しています。

Airペイ・AirペイQRで対応できる決済サービスは全28種類に

現在「Airペイ」で対応可能な28種類の決済サービスを表にまとめました。詳しい決済サービスは以下のとおりです。

対応ブランド
Airペイ クレジットカード VISA/MasterCard/JCB/AMEX/Diners Club/Discover Card/銀聯カード
交通系電子マネー Kitaca/Suica/PASMO/manaca/TOICA/ICOCA/SUGOCA/nimoca/はやかけん
電子マネー iD/QUICPay/Apple Pay
AirペイQR QRコード PayPay/d払い/LINEPay/auPAY/Alipay(支付宝)/WeChatPay(微信支付)
Airペイポイント ポイント T-POINT/Ponta/WAONPOINT

決済サービスごとに決済手数料は異なりますので、より詳しく知りたい方は公式サイトもチェックしましょう。

2020年4月には「dポイント」も取り扱い開始

「Airペイ」では、今後の予定として2020年4月より株式会社NTTドコモのポイントサービス「dポイント」の取り扱いも開始することを発表しています。「Airペイ」のオプションサービスである「Airペイ ポイント」では、「Tポイント」「Ponta」「WAON POINT」「dポイント」を利用できるようになり、店舗としては「Airペイ」を導入しておけば、クレジットカードも、QRコード決済も、ポイントサービスも簡単に取り扱えますので大きなメリットになりますね。

Airペイでは「0円スタートキャンペーン」を実施中

「Airペイ」では、店舗がキャッシュレス決済を導入しやすいよう「0円スタートキャンペーン」を開催しています。
このキャンペーンを利用すれば、カードリーダー代が0円に!お手持ちのiPhoneやiPadがあれば、キャッシュレス決済の導入が0円で完了します!カードリーダーは通常19,800円程度かかりますので、もしAirペイを始めたいと考えているのであれば、このキャンペーンを活用することをおすすめします!

 

AirペイはAirレジと使うことでより使いやすく

レジとキャッシュレス決済を別々にしている場合、決済サービスごとに売上管理の集計を行わなければならず、業務が煩雑化してしまうという悩みをお持ちの方は多いのではないでしょうか。そんな悩みも「Airペイ」と「Airレジ」を一緒に使うことで解決することができます。

「Airペイ」は、同じリクルートが提供している無料レジアプリ「Airレジ」と連携が可能です。これらの紐づけはとても簡単で、連携することで会計業務も売上管理も実質一つのアプリのように活用することができます。「Airペイ」と「Airレジ」を一緒に使うことで、レジ操作からQR決済までシームレスに行うことができ、効率的な会計業務が実現するでしょう。

>>Airレジの機能を最大化!便利なAirレジ周辺サービスまとめ!

▼エアレジのお申込みはこちらから

まとめ

今回は「Airペイ」に「auPAY」の取扱いが開始されたニュースとともに、Airペイの魅力について紹介しました。
現在国内では、多くのキャッシュレス決済サービスが乱立するなか、どれを導入すべきか頭を抱えるオーナーも少なくないでしょう。Airペイであれば、新たに加わったauPAYを含めた28種類の決済サービスに対応しており、Airレジと連携させることでレジ操作からQR決済までシームレスに行うことが可能となります。
さらに今なら「0円スタートキャンペーン」も開催されているため、オトクに導入することが可能です。現在キャッシュレス決済の導入を検討している方は、ぜひこのチャンスを見逃さないようにしましょうね。

お店に本当に合ったPOSレジ選びをお手伝い
店舗に本当に合った
POSレジ選びをお手伝い
後悔しないPOSレジ選びを。比較・見直ししてみませんか?
軽減税率対策POSレジのご相談も承ります。
弊社がレジメーカーではない代わりに、無理な提案は一切ございません。
後悔しないPOSレジ選びを。比較・見直ししてみませんか?軽減税率対応POSレジも。弊社がレジメーカーではない代わりに、無理な提案は一切ございません。
  • はじめてのDX デジタルトランスフォーメーションを支援する はじめてのDX
  • Wiz colud デジタルトランスフォーメーションに最適なサービスをご提案
  • ピピッとチョイス QR・キャッシュレス決済の比較・導入ならピピッとチョイス