無料タブレットPOS【Airレジ】機能紹介から登録方法までご紹介

リクルートライフスタイル社が2013年にリリースした無料のタブレットPOSは既に27万もの店舗で利用されていますが、まだこのAirレジを試したことの無い方の為に登録方法についてご紹介いたします。登録時の注意点や、機能の使い方についてご紹介いたします。

Airレジとは、リクルートライフスタイルが提供する、POSレジのアプリである。スマートフォンやタブレット型端末などのモバイルデバイスでPOSの導入を実現する。

Weblio参照

ということですが、要はiPadをレジとして利用ができるiPadのアプリになります。つまり、今までのような数百万円ものPOSレジの導入をしなくても手軽に気軽にPOSレジを店舗に導入することが可能になるのです。まずはこちらの動画をご覧下さい。

こんな動画を見ると、興味を引かないわけがありません。早速、このレジを実際にどうやってつかっていけばいいのかを順を追って説明してまいります。

1.AirREGI導入までの大まかな手順

AirREGIアカウント発行
アプリダウンロード
商品設定
周辺機器との接続
利用開始

5つのステップで利用を開始することができるようです。ただし、利用する店舗の形態によって他のアプリの登録作業などもふくまれてきます。例えば、飲食店であればレストランボードの設定、ヘアサロンであればサロンボードとの連携などがありますのでご注意ください。

2.アプリダウンロード〜登録手順

air_app1

まずは、iPadをご用意ください。すっきりとしたブルーで目にやさしん感じで早速開始、店舗を持たない私が、登録することに若干の不安を感じつつスタート。
どこまでできるでしょうか・・・

setting_style

アプリケーションをひらくと、大きく三つの業種にわかれたたものに表示されます。今回は、ヘアサロン!ということで一番右の

air_rb

「サービス業・その他」を選んで先に進んでみます。???テーブル管理?したいかな?飲食店ではないですが、ヘアサロンの椅子の利用状況を把握する意味で

テーブル管理=椅子

という考えで、今回は「はい」を選んで先に進んでみることにします。
ask_resavation

今度は、予約台帳管理の有無を聞かれますが、これは必要ですので「はい」を選択します。ヘアサロンの予約管理がもしかしてAirレジでできるの?と期待が高まりますね。タダのレジじゃないですね、これは!とにかく次に進んでみます。

restauranlt_bord_app

そうすると、レストランボードを登録するということで、こちらのアプリダウンロード画面に移動しました。とりあえず、レストランボードもダウンロードしてみます。が、まだairレジの登録が途中でしたので一旦ipadのボタンを2回連続でおして、登録画面に戻ります。

setup1

 

login_d

ログイン画面が表示されたので指示通り、「新規AirIDを登録する」をおして先に進んでみます。
mail_setting

そうすると、メールアドレスを設定する画面が表示されます。この時に設定するメールアドレスは、店舗共通の代表メールアドレスが良いですね。もしくは、ipad購入時に設定をされているメールアドレスの登録をしてください。
air_key_check

先ほど入力したメールアドレスに下記の内容のメールが届きますのでxxxxで記している認証キーの数字を入力してください。もしも、下記のメールが来ないようでしたら、一度、迷惑メールフォルダーを確認するか、上記の画面の「もう一度メールを送りたい方はこちら」ボタンで再送をおこなってください。

mail_key
認証キーの入力をおこなうと下記の画面に移動しましてAirレジを利用するためのID新規登録画面にうつります。

air_signup

こちらでは、内容の指示に従って、記入を進めてください。ここまでは結構順調スムーズ。すべてが終了すると

air_1という画面が一通り終わります。

3.商品設定の流れ

つづいては、いよいよAirレジの設定ですが、詳細はこちらのマニュアルをご覧ください。ここでは基本の3ステップをやってみようと思います。

  1. 基本設定
  2. 商品設定
  3. スタッフ設定

1.基本設定

first_display

まずは、設定の部分をタップしてもらうと基本設定から、支払い方法設定や割引・割増設定。レジ・プリンター,バーコード、レシート等の設定ができます。これで、おおよその基本設定ができました。

2.商品登録方法

product_setting

今回は、ヘアサロンという設定で、レジ登録をしております。こちらの設定は、ヘアサロンで利用しているサービス名やセット名で商品名を登録してみてください。
お店によっては、サービスごとに内税外税まで個別に設定することが可能になります。カテゴリーを分けることで、会計時の画面の色分けを設定できます。今回は、カテゴリー設定についてはスキップいたします。

3.スタッフ登録

さらに、レジの操作を行う担当者であるスタッフ名を登録したいと思います。基本画面の右上に、AirレジIDが青文字で表示されているいますので、こちらをクリックするとマイページが選択できますのでマイページへ移動してください。

mypage_setting

マイページ画面を開いていただくと、店舗基本情報と店舗スタッフを前もって登録しておきます。そうすることで、今後のレジ管理や予約管理をスタッフごとに
確認することができるようです。

staff_setting

簡単に、スタッフ名を登録・削除ができます。やってみての感想は、本当に簡単でびっくりするほどスムーズ。

4.周辺機器接続設定

商品設定がおわったところで、いよいよ周辺機器との接続方法です。具体的には、レシートプリンタとの接続やキャッシュドロワとの接続になります。

種類としては3種類あり、ドロア内蔵型(ドロアと一体になったプリンタ)・据え置き型・モバイル型の三つになります。※モバイルレシートプリンタを利用する場合は、自動開閉方のキャッシュドロアと接続できないようです。

スター精密mPOP/据え置き型プリンタとの接続方法

1.mPOPの左手前部分にあるレシートが出てくる部分を引き出します。引き出された部分にレシートロールをセットします。

2.次に筐体の左側面手前にある白いスイッチをONにします。「|」これが恩の状態で、筐体の手前上部中心にある青いランプが点等します。

3.iPadもしくはiPhoneの設定画面を開きBluetooth設定をONにし、STARmPOP-XXXXXを選択してください。

4.Bluetooth接続が完了したら、次にAirレジアプリの設定から、レジ・プリンターを選択し、プリンタ利用をONにし、プリンターの種類を選択し保存してください、

5.最後にAirレジアプリの設定画面からレシート設定画面上に行き、レシートに記載する情報を入力し、テスト印刷にチェックを入れて保存すると設定は完了です。

5.利用開始~Airレジ簡単操作方法~

早速、レジを打つデモンストレーションに入りたいと思います。管理のトップ画面から「注文入力・会計(席管理なし)」を選んでいただくと下記のような画面になりますので、
check_d0

右側に登録した商品をタップしていただくことで、左側に商品が表示され、合計金額が表示されます。

check_d1

同じ商品が数点ある場合はそのまま数字を打ち込むことができます。また、商品ごとに割引きをすることが可能です。

check_discountchasher_payment

今回はダミーで制作を行っておりますので支払い方法が現金のみの表示になってしまいますが、基本設定にて、支払い方法を各種申し込んでいただければ
カード支払い等が可能になります。

Airレジ設定・操作、ipadを使ったことのある方は簡単に操作することができますし、触ったことのない方でも視覚的に、直感的に操作が可能ででとにかくシンプル!

6.予約台帳システム:レストランボード設定方法

初期設定で、少しふれました予約台帳システム。こちらも一緒に利用してみようと思います。

restauranlt_bord_app

こちらをインストールし、ログインする際はAirレジで利用したIDとパスワードをご利用することで連携できるようです。

rb_seeint_main

まずは、店舗の営業時間と予約に必要な時間の単位を選んで次を選択ください。

rb_setting_table

つづいて、予約可能なテーブルの設定を行います。今回はサロンですので、椅子ごとに予約がとれるように設定をいたします。とくに椅子ごとでは予約を取らないというサロン様であれば、こちらの手順をスキップしていただければと思います。

rb_setting_couse

最後に、予約時に登録しておかなければならないコースここでは、カットコースを登録します。ここで登録することで、自動的にAirレジにも商品登録されます。

rb_set_end

するともうこれで、初期登録は完了です。なんども言いますが、ここまでまだ無料で登録を進めております。

7.レストランボード操作方法

つづいては、レストランボードの操作をしていきます。シチュエーションは、お客様から予約の電話があったと想定して話を進めます。

レジチョイス店長「はいお電話ありがとうございます。ヘアサロンレジチョイスでございます。」

お客様「あの〜カットの予約をしたいのですが」

レジチョイス店長「かしこまりました、お名前とお電話番号をお願い致します。」

ここで、店長はipadを取り出し、レストランボードを起動し、右上にある+の予約登録をタップします。すると下記の画面が表示されます。

resavation_interface

レジチョイス店長「お名前と電話番号をよろしいでしょうか?」

お客様「レジ・チョイスともうします。電話番号は000-0000-0000」

こちらの情報を入力してください。タップスピードに自信がない場合は一度メモ用紙に書き写してから赤い部分に入力してみましょう。そうすると、すでに顧客登録されていらっしゃる場合には「名前横の検索できます。」という部分にお客様情報が表示されます。

そのまま予約日と、時間、そしてコース名を聞いて登録ください。

resavation_confermation

ここで、予約の情報が表示れさ予約テーブル上に反映されます。

resavation2

あっというまにここまできてしまいました。かなり、簡単に表示できます。先ほどの予約画面上で、右側の部分でセグメントしたい部分があれば
男性としてみたり、年齢を入力するのもいいかもしれません。

また、こちらは椅子で分けておりますが、担当者=テーブル
ということで、担当者名にして管理するのもいいかもしれません。

8.Airレジをつかってみて・・・

今回、使ってみて感じたことは

本当にタダたった!!!

ということです。最後の最後までただですし、唯一お金がかかるとしたらクレジット機能やキャッシュドロワー、バーコードリーダーといった周辺機器だけのようです。
現金商売であれば、全くの無料で進めることも可能です。なにより、Airレジは、設定方法・操作方法が簡単で、セグメントを分けやすくキャンペーンなどの利用をすることも可能になります。

予約画面も、パスワードを知っていれば遠隔で確認することも可能ですので、お休み中でも自分のスケジュールを管理するのも可能ですね。今までPOSレジを使ったことのない店舗様は一度使ってみてはいかがでしょうか?

Airレジ無料登録はこちらから