3大クラウド会計ソフトを徹底比較!法人向け・個人事業者向けプランも公開!!

クラウド会計ソフト比較

これから確定申告の季節がやってきますが、個人事業主の方々は十分な準備が整っているでしょうか。また、経営者の方は毎年の決算はスムーズに手続きできているでしょうか。
確定申告や決算は、税理士に頼むことによって楽に行うこともできますが、かなりの出費になってしまうので出来るだけ避けたいところですが、個人で会計作業を行う際に便利なのがクラウド会計ソフトです。クラウド会計ソフトとは、従来型の会計ソフトのようにインストールして利用する必要がなく、クラウド上にデータを保存していつでもどこからでも会計処理が行えるシステムのことです。クラウド会計ソフトで有名なのは「freee」「MFクラウド」「弥生会計」の3社ですが、それぞれどのような違いがあるのでしょうか。各社のサービスの特徴と、連携しているPOSレジについて、合わせてご紹介します。

レジチョイス無料相談窓口
0120-740-336
(受付時間9:00~19:00)
 ※土日祝休み
Webからの相談窓口はこちら

自分の会計スキルで比較する

会計 イメージ

みなさまは会計の知識はどの程度お持ちでしょうか。提供しているサービスの内容はほぼ同じだとしても、ある程度の知識があった方が使いやすいサービスや、むしろ知識がある方が使いにくい場合があるサービスもあります。どのソフトも使う人によっては難易度が変わってくるので、どのような人向けのソフトなのかを把握しておきましょう。

freee

簿記の知識が一切なくても使うことができる初心者向けのクラウド会計ソフトです。
ただ、複式簿記の知識を必要しない特殊な入力方式となっているため、他の会計ソフトなどを使ったことがある方にとっては逆に難しく感じてしまう可能性もあります。

MFクラウド

会計知識がない方でも使えないことはないですが、簡単に簿記をかじったことがある方におすすめです。ある程度の会計知識を持っているのであれば、MFクラウドでは十分に活かすことができるので、他のソフトを使うよりも一番効率的でスピーディーな処理が行えます。

弥生会計

弥生シリーズのソフトは多数あるので、ほかの弥生シリーズのソフトを使っている方であれば、一番使いやすいかと思います。MFクラウドに比べると初心者にも分かりやすくなっていますが、公式がおすすめしているセルフプランではサポートサービスが一切ないないため、使いこなせる自身がない方であればサポート付きプランか他社のサービスを利用した方が無難です。

プランと料金で比較する

料金 イメージ

各社とも、機能やサポートの有無によって価格がピン切りなので、自分にとってどこまでのサービスが必要なのかをしっかりと考える必要があります。お試し期間や0円プランなどを用意しているところも多いのでまずは無料で使ってみるというのも良いかもしれません。

レジチョイス無料相談窓口
0120-740-336
(受付時間9:00~19:00)
 ※土日祝休み
Webからの相談窓口はこちら

法人向け

freee法人向けプラン

プラン ライト ビジネス エンタープライズ
月契約 1,980円 3,980円 別途見積もり
年契約 19,800円 39,800円
サポート ・チャット
・メール
・チャット
・メール
・電話
・チャット
・メール
・電話
・監査サポート
特徴 ・各種機能に制限あり ・基本機能は全て利用可能 ・基本機能のほか、過去の操作履歴や仕訳承認履歴などの管理が可能

MFクラウド会計

プラン フリー ライト ベーシック バリューパック
月契約 0円 1,980円 2,980円 3,900円~
年契約 21,780円 32,780円
サポート ・電話
・メール
・チャット
・訪問サポート(有料)
特徴 ・仕訳は月15件まで
・各種機能に制限あり
・従業員5名未満の会社向け
・一部機能に制限あり
・従業員5名以上の中小企業向け ・バックオフィス全般の効率化をしたい会社向け

弥生会計オンライン

プラン 無料体験 セルフ ベーシック
月契約 0円(2カ月のみ)
年契約 28,080円 32,400円
サポート ・電話(2カ月間のみ)
・メール(2カ月間のみ)
・電話(2カ月間のみ)
・メール(2カ月間のみ)
・電話
・メール
・チャット
特徴 ・2カ月間の無料お試しプラン ・基本機能は全て利用可能 ・基本機能に加え、仕訳相談/経理業務相談/マイナンバー相談などのサポート付き

個人事業主向け

freee個人事業主向けプラン

プラン スターター スタンダード プレミアム
月契約 980円 1,980円
年契約 9,800円 19,800円 39,800円
サポート ・チャット
・メール
・チャット(優先対応)
・メール(優先対応)
・チャット(優先対応)
・メール(優先対応)
特徴 ・各種機能に制限あり
・とにかく確定申告をしたい方向け
・日々の経理の効率化から確定申告までしたい方向け ・複数店舗経営者向け

MFクラウド確定申告

プラン フリー ベーシック ベーシック(安心電話サポート付)
月契約 0円 800円
年契約 8,800円 17,200円
サポート ・メール
・チャット(30日間のみ)
・メール
・チャット
・電話
・メール
・チャット
特徴 ・仕訳は月15件まで ・毎月の仕訳件数が多い方向け ・確定申告が不安な方向け

やよいの青色申告オンライン

プラン セルフ ベーシック
月契約
年契約 初年度0円
次年度8,640円
初年度6,480円
次年度12,960円
サポート ・電話
・メール
・チャット
特徴 ・基本機能は全て利用可能 ・確定申告が不安な方向け

POSシステムとので比較する

POSレジ イメージ

クラウド会計ソフトをPOSレジと連携させておくと、POSレジのデータが自動で反映されるようになるので、より楽に会計の管理が行えるようになります。今後POSシステムの導入も検討されているという方は、連携サービスも含めて検討してみてはいかがでしょうか。

freee

・Green POS (株式会社エスキュービズム)
・スマレジ (株式会社スマレジ)
・Airレジ (株式会社リクルートライフスタイル)
・ユビレジ (株式会社ユビレジ)
・POS+ (株式会社パーソルプロセス&テクノロジー)
・USEN Register (株式会社USEN)
・Square POS (Square株式会社)

MFクラウド

・Orange Operation (株式会社エスキュービズム)
・Airレジ (株式会社リクルートライフスタイル)
・POS+ (株式会社パーソルプロセス&テクノロジー)
・ユビレジ (株式会社ユビレジ)
・スマレジ (株式会社スマレジ)
・ラクレジ (東日本電信電話株式会社)

弥生会計

・Airレジ (株式会社リクルートライフスタイル)
・スマレジ (株式会社スマレジ)
・ユビレジ (株式会社ユビレジ)

まとめ

OKサイン

3大クラウド会計ソフトについてご紹介させていただきました。現段階の自分のスキルによって使いやすいサービスが変わってくるので、検討する際のポイントとしてはそのあたりを重点的に考えるのが良いのではないでしょうか。また、既に外套のPOSレジを使っているという方であれば、サービスを連携させることによって利便性が増すため、レジに寄せて考えるのも良いかと思います。クラウド会計ソフトはあると非常に便利なものなので、自分になにが適しているのかよく考えて導入するようにしましょう。

レジチョイス無料相談窓口
0120-740-336
(受付時間9:00~19:00)
 ※土日祝休み
Webからの相談窓口はこちら

クラウド会計ソフトとPOSレジを合わせて検討している方はコチラ