無料POSレジ選定 複数比較でお店に最適なレジが見つかります! 詳しくはこちら

人気クラウド会計ソフト徹底比較!MFクラウド弥生会計・freeeの3大ソフトを比べてみた

クラウド会計ソフト比較

クラウド会計ソフトとは、従来型の会計ソフトのようにインストールして利用する必要がなく、クラウド上にデータを保存していつでもどこからでも会計処理が行えるシステムのことです。近年、さまざまな分野でクラウドサービスの導入が進んでいる中、会計ソフトに関しても従来のようなオンプレミス型に比べると、クラウド上にデータを保存していつでも会計処理が行えるクラウド会計ソフトが定着しつつあります。

現在多くのメーカーから出ているクラウド会計ソフトですが、中でもとくに「MFクラウド」「弥生会計」「freee」の3社は人気の高いクラウド会計ソフトです。果たしてこれらの3大ソフトにはどのような違いがあるのでしょうか。3社のサービスの特徴と、連携しているPOSレジについて徹底解説します。

POSレジ選定のお手伝いをしています。
すぐにでも導入を考えている方は、是非こちらからご連絡ください。
TEL:050-5052-0036(平日10:00~18:00)
コンシェルジュに相談する(無料)

人気のクラウド会計はどれ?

クラウド会計ソフトは、提供しているサービスの内容がほとんど同じであったとしても、機能面や仕様を把握することで運用のイメージがつきやすくなります。それでは、さっそく主要なクラウド会計ソフトの特徴についてそれぞれてみていきましょう。

MFクラウド会計

「MFクラウド会計」は、株式会社マネーフォワードが提供している会計ソフトです。日々の会計業務はもちろん、請求業務や給与計算など面倒な作業を自動化し業務効率化を図ることが可能です。とくに「MFクラウド会計」は、経理を早くカンタンに終わらせるために求められる「データ自動取得機能」とその「提携数」が強みといえます。その他のサービスを介さずにデータを取り込める点は大きな強みといえるでしょう。

▼こちらの記事もチェック!

MFクラウド会計は初期費用0円!導入メリット・料金体系をチェック

弥生会計

弥生株式会社が提供している「弥生会計」は、中小企業向けの会計ソフトです。MFクラウドに比べると初心者にも分かりやすい仕様となっており、仕訳や簿記に不安がある人でもカンタンに使える工夫が施されています。
弥生シリーズの会計ソフトは、シンプルな操作を特徴とする「スタンダードプラン」やシミュレーション・各種分析機能を備えた「プロフェッショナルプラン」まで多数あるので、その他の弥生シリーズのソフトを使っている方であれば、一番使いやすいと感じるでしょう。

▼こちらの記事もチェック!

「弥生会計 オンライン」の魅力!会計ソフトとPOSレジで税理士が不要になるかも?

freee(フリー)

「freee(フリー)」はfreee株式会社が提供するクラウド上での企業の会計業務を自動化・効率化することのできるクラウド会計ソフトです。これまでの会計ソフトとは違い、簿記の知識がなくても直感的な操作性とAIなどを活用して面倒な業務を自動化するといった利便性の高さから人気を集めています。「簿記の知識がなくても会計処理を行いたい」「人件費を削減したい」といった悩みをお持ちの方にとくにおススメのクラウド会計ソフトといえるでしょう。

人気のクラウド会計 プラン・料金で比較!

料金 イメージ
つづいては、クラウド会計3社のプランや料金はどのようになっているのでしょうか。法人向けと個人事業主向けに分けてそれぞれ比較してみましょう。

法人向けのクラウド会計プラン別比較

「MFクラウド会計」「弥生会計」「freee」の法人向けプランについて、それぞれ表で詳しく見ていきましょう。

MFクラウド会計のプラン別料金表(法人向け)

プラン スモールプラン ビジネスプラン
月契約 2,980円/月 4,980円/月
年契約 35,760円/年 59,760円/年
利用できる機能 ・クラウド会計、クラウド請求書の一部の機能
・クラウド給与、クラウド経費
・クラウドマイナンバーのすべての機能
・クラウド会計、クラウド請求書
・クラウド経費、クラウド給与
・クラウドマイナンバーのすべての機能
サポート ・メール
・チャット
・メール
・チャット
特徴 小規模の法人でお得に利用したい人におススメ 複雑な会計業務、請求書発行の多い法人の方におススメ

▼MFクラウド会計公式サイトはこちら▼

弥生会計のプラン別料金表(法人向け)

プラン 無料体験 セルフ ベーシック
月契約 0円(2カ月のみ)
年契約 26,000円(税抜)/年 30,000円(税抜)/年
利用できる機能 一部の機能のみ すべての機能 すべての機能
サポート ・電話(2カ月間のみ)
・メール(2カ月間のみ)
・電話(2カ月間のみ)
・メール(2カ月間のみ)
・電話
・メール
・チャット
特徴 ・2カ月間の無料お試しプラン ・基本機能は全て利用可能 ・基本機能に加え、仕訳相談/経理業務相談/マイナンバー相談などのサポート付き

▼弥生会計公式サイトはこちら▼


freeeのプラン別料金表(法人向け)

プラン ミニマム ベーシック プロフェッショナル
月契約 1,980 円/月 3,980 円/月 39,800 円/月
年契約 23,760円/年 47,760円/年 477,600円/年
利用できる機能 ・ユーザー上限3名まで
・効率的な記帳機能
・決算書の作成
・見積・請求・納品書作成
・入金・支払管理
・ミニマムプランの全機能
・ユーザー3名まで無料※1
・収益、費用レポート
・資金繰りシミュレーション
・請求書の定期、一括請求機能
・従業員の経費精算機能
・ワンクリックで振込※2
・ベーシックプランの全機能
・ユーザー10名まで無料※3
・予実管理機能
・プロジェクト会計
・より複雑な部門設定※4
・より複雑な申請経路の設定
サポート ・チャット
・メールサポート
・電話サポート
・チャット
・メールサポート
・電話サポート
・チャット
・メールサポート
特徴 決算書類の作成と
記帳の効率化したい方へおススメ
経理全体の効率化、成長にむけて
数字の可視化を実現したい方へおススメ
より高度な財務・経理管理、ERP機能をお求めの方へおススメ

※1)14名以上追加可能。上限なし。
※2)対応のインターネットバンキングが必要
※3)10名以上追加可能。上限なし。
※4)5階層まで設定可能

個人事業主向けのクラウド会計プラン別比較

会計 イメージ
続いて、個人事業主向けのプランを3社ごとに見ていきます。個人事業主だけでなく、副業で確定申告が必要といった場合でもクラウド会計ソフトは活躍しますので、そういった方も気になる場合はぜひチェックしてみてください!

MFクラウド会計のプラン別料金表(個人事業主向け)

プラン パーソナルミニ パーソナル パーソナルプラス
月契約 800円/月 980円/月 2,980円/月
年契約 9,600円/年 11,760円/年 35,760円/年
利用できる機能 ・クラウド会計、クラウド請求書の一部の機能
・クラウド給与、クラウド経費
・クラウドマイナンバーのすべての機能
・クラウド会計、クラウド請求書
・クラウド経費、クラウド給与
クラウドマイナンバーのすべての機能
・クラウド会計、クラウド請求書
・クラウド経費、クラウド給与
・クラウドマイナンバーのすべての機能
サポート ・メール
・チャット
・メール
・チャット
・メール
・チャット
・電話
特徴 副業などで確定申告をする必要のある人におススメ 自営業、個人事業主として確定申告をする必要のある人におススメ 確定申告の操作が不安で電話サポートを受けたい人におススメ

▼MFクラウド会計公式サイトはこちら▼

弥生会計(青色申告オンライン)のプラン別料金表(個人事業主向け)

プラン セルフ ベーシック トータルプラン
月契約
年契約 初年度0円
次年度8,000円
初年度6,000円
次年度12,960円
初年度10,000円
次年度20,000円
利用できる機能 全ての機能が利用 全ての機能が利用 全ての機能が利用
サポート ・電話
・メール
・チャット
・電話
・メール
・チャット
特徴 基本機能は全て利用可能 確定申告が不安な方向け サポート体制が充実してるプランを希望している方向け

▼弥生会計公式サイトはこちら▼


freeeのプラン別料金表(個人事業主向け)

プラン スターター スタンダード プレミアム
月契約 980円 1,980円
年契約 11,760円 23,760円 39,800円
利用できる機能 ・確定申告書類の作成(白色や青色対応)
・申告書類の提出機能(電子申告対応)
・見積、請求書や納品書作成
・スターター全機能
・レシート写真の読み取り(ファイルボックス)無制限
・入金、支払管理レポート
・スタンダード全機能
・月締め
税務調査サポート補償
サポート ・チャット
・メール
・チャット(優先対応)
・メール(優先対応)
・電話サポート
・メール(優先対応)
・チャット(優先対応)
特徴 ・各種機能に制限あり
・とにかく確定申告をしたい方向け
・日々の経理の効率化から確定申告までしたい方向け ・複数店舗経営者向け
POSレジのメーカー比較をしてみませんか?
店舗に本当に合ったレジ選びをお手伝いします。
TEL:050-5052-0036(平日10:00~18:00)
コンシェルジュに相談する(無料)

人気のクラウド会計 サポート体制で比較!

次は、人気のクラウド会計3社のサポート体制について比較してみましょう。

MFクラウド会計のサポート体制

「MFクラウド会計」は、チャットサポートが非常に便利です。サポートスタッフと会員管理画面を共有することができるので、遠隔でも「この部分が間違っていますね」など、リアルタイムに的確なアドバイスを受けることが可能となっています。
またチャットサポートであれば、電話サポートと違い保留状態で待たされることもありません。チャットに質問を入力するだけで、サポートスタッフが回答してくれる仕組みとなっているため、待っている間もその他の業務をすることができ、効率良く問題を解決することが可能となります。

▼MFクラウド会計公式サイトはこちら▼

弥生会計のサポート体制

「弥生会計」は、個人事業主向けのセルフプラン以外、すべてのプランに電話・メールサポートがついています。そのため、「直接、電話で質問したい」という方や「チャットなどの操作が苦手・・」といった方には弥生会計がおススメです。
ただし、法人向けの「無料体験プラン」や個人事業主向けの「セルフプラン」は、電話・メールサポートが初回2ヵ月間のみとなっています。
これらのプランは試しに会計ソフトを使ってみたい人やある程度操作に慣れている人向けのプランとなっているため、初回の2ヵ月間だけでも電話やメールサポートがついている点はうれしいポイントといえるでしょう。

▼弥生会計公式サイトはこちら▼


freeeのサポート体制

クラウド会計ソフト「freee」は、プランによってサポート内容が異なります。とくに個人事業者向けの「スタンダードプラン」「プレミアムプラン」であれば、その他のプランに比べてメールやチャットサポート対応を優先的に行ってくれます。そのため待ち時間も少なく電話サポートを受けられる点はメリットといえますね。

人気のクラウド会計 連携可能なPOS比較

最後は、クラウド会計3社と連携できるPOSレジをご紹介します。クラウド会計ソフトをPOSレジと連携させておくと、POSレジのデータが自動で反映されるようになるので、より楽に会計の管理が行えるようになります。今後POSシステムの導入も検討されているという方は、連携サービスも含めて検討してみてはいかがでしょうか。

MFクラウド会計と連携できるPOSレジ

  • Airレジ(エアレジ)
  • スマレジ
  • ユビレジ
  • POS+(ポスタス)
  • EC-Orange POS
  • blaynレジ(ブレイン)
  • ラクレジ

弥生会計と連携できるPOSレジ

  • Airレジ(エアレジ)
  • スマレジ
  • ユビレジ
  • blaynレジ(ブレイン)

freeeと連携できるPOSレジ

  • Green POS
  • スマレジ
  • Airレジ
  • ユビレジ
  • POS+(ポスタス)
  • Uレジ
  • Square POS

まとめ

今回は、3大クラウド会計ソフトについてご紹介しました。現段階の自分のスキルによって使いやすいサービスが変わってくるので、検討する際のポイントとしてはそのあたりを重点的に考えるのがポイントです。
また、既に外套のPOSレジを使っているという方であれば、サービスを連携させることによって利便性が増すため、POSレジに寄せて考えるのも良いでしょう。クラウド会計ソフトはあると非常に便利なものなので、自分になにが適しているのかよく考えて導入するようにしましょう。

お店に本当に合ったPOSレジ選びをお手伝い
店舗に本当に合った
POSレジ選びをお手伝い
後悔しないPOSレジ選びを。比較・見直ししてみませんか?
軽減税率対策POSレジのご相談も承ります。
弊社がレジメーカーではない代わりに、無理な提案は一切ございません。
後悔しないPOSレジ選びを。比較・見直ししてみませんか?軽減税率対応POSレジも。弊社がレジメーカーではない代わりに、無理な提案は一切ございません。
  • はじめてのDX デジタルトランスフォーメーションを支援する はじめてのDX
  • Wiz colud デジタルトランスフォーメーションに最適なサービスをご提案
  • ピピッとチョイス QR・キャッシュレス決済の比較・導入ならピピッとチョイス