無料POSレジ選定 複数比較でお店に最適なレジが見つかります! 詳しくはこちら

POSレジでできることって?主な機能まとめ

「POSレジでどんなことができるの?」と聞かれて、すぐさま全ての機能を答えられる人は、実は少ないのではないでしょうか。そのくらいPOSレジには、様々な機能が詰まっています。
そこで今回は原点に立ち返って、POSレジにはどんな機能があるのかをひとつひとつご説明していきたいと思います。POSレジ初心者の方でも、POSレジでできることや機能をパッと知ってもらえたらと思います。
今まで何となく聞いたことはあったけど、詳しくは理解していなかったというPOSレジシステムの機能を、できるだけ丁寧にご説明させていただきます!

会計システム

バーコードを使ったPOSレジでは、商品の金額やデータをすぐに読み取ることができ、正確でスピーディなお会計ができます。タブレット型POSシステムの場合は、画面に商品が表示されるので、それを選択することで自動的にレジ会計ができてしまいます。手入力に比べて圧倒的に効率的です。

また、クレジットカードを扱う際もPOSとクレジットカード決済端末を接続すれば、手入力する手間が省けます。さらに最近では電子マネーなど、様々な決済方法が普及しているので、それに対応するためにマルチ決済端末という周辺機器をPOSレジに接続すれば、自動的なシステム連携ができます。現金をやり取りする際でも自動釣銭機を導入すれば、過不足金なくスムーズにお会計が可能です。

売上管理システム

POSレジを使えば売上管理といった、会計処理全体が簡略化できます。POSの売上管理機能では、売上日報や現金出納表といった帳票作成機能が充実しているものが多くあります。POSシステムで売上データはデータベースで一元化されていて、操作する側は日付などの条件を設定するだけで簡単に帳票を作ることができます。

売上管理業務としては仕入や経費なども管理・集計したいところですが、POSシステムを使えばこうした支出項目を入力して、集計結果を入力できる機能もあります。

また、拠点が複数あるような場合、ジャーナルなどは各店舗でしか確認できなかったのが、POSシステムではインターネット経由で連携可能なので、本部でもリアルタイムでチェックができます。

データ分析システム

POSシステムにはデータ分析機能があります。その中でも以下の4つの項目は絶対に抑えておきたいところです。

売れている商品と売れていない商品はどれか

売れる商品と売れない商品を把握することで、顧客ニーズが見えてきます。販売時期や時間帯など、売れる理由や売れない理由の分析ができるのもPOSならではです。

在庫不足や在庫過剰になりやすい商品はどれか

売れている商品がわかれば在庫を増やしたり、逆に売れていない商品がわかれば仕入れを減らすといった対応が可能です。

最近売り上げが増えてきた商品はどれか

時期によって各商品は売り上げが変化します。その中でも直近で売り上げを伸ばしている商品は、売り時を逃さないためにもディスプレイで目立たせたり、キャンペーン施策をするなどチャンスを逃さないようにしましょう。

セットで購入されやすい商品はどれか

一度の会計で同時に購入される機会が多い商品は、陳列場所を近くにしたり、セット商品として売るのもいいでしょう。

このように様々なデータを分析して、新たな気づきが生まれることもあります。

顧客管理システム

最近のPOSレジシステムであれば、売上と顧客データを結びつけることができます。顧客ごとの来店頻度や購入履歴などを把握することができれば、リピート促進になるような、例えばポイントサービスなどの販促施策を行うことができます。また、購入履歴からニーズを把握して、過去に何度も購入している商品の定期購入に結び付けることも可能ですし、誕生月にクーポンを配布するなどもできます。

さらに性別や年齢層などの顧客情報がわかれば、曜日や時間帯などの分布がわかります。複数の店舗展開をしているお店であれば、エリアによる顧客層の違いを把握することで、来店促進などの工夫に役立てることができます。

勤怠管理システム

クラウド型サービスでPCやタブレットの画面にアクセスすることで、出勤や退勤などの打刻を記録するタイムレコーダー代わりになります。スタッフが打刻した勤怠状況は、インターネット経由でリアルタイムに参照ができるので、オーナーはいつでもどこでも勤怠状況を正確に把握できるのです。また、だれがいつどこに入るのかといったシフト管理も可能です。シフトで設定したスケジュールと勤務実績とを比較することもできます。また、主要な給与計算システムと連携することで、勤務時間や人件費の集計が簡単に行え、事務作業がかなり軽減されます。

商品管理システム

取扱商品情報全体を一元管理して、データベース化することもできます。商品データをしっかりと管理することで、売上分析の精度も高くなります。カテゴリ分析を細かくしたり、商品同士の関連付けをすることで整理ができ、売上データをチェックする際、傾向などがわかりやすくなるでしょう。

基本的に商流全体で商品管理の流れは「発注→仕入→入出庫→棚卸→在庫→販売」となるかと思います。これをワンストップ管理することができればリアルタイムでの商品全体の管理ができ、そのためにも在庫管理機能が必要となってきます。データベースとしてひとまとめにしていれば品切れによるチャンスロスを防ぐこともできます。小売店で複数の店舗を持っていたり、実店舗とオンラインショップで在庫を一元化している場合、こういったリアルタイムの在庫管理機能があれば、ミスや無駄を防ぐことができます。

本部システム

本部と複数店舗を持つ企業であれば、POSシステムの様々な恩恵に授かることができます。まず、会計データや売上データをリアルタイムで参照できる点。次に、日報や月報などの報告業務を簡略化できる点。そして、グループ全体で在庫管理を徹底することによって、品不足や在庫過剰を減らすことができる点が挙げられます。また、勤怠管理機能で店舗人員管理業務も簡単に行えます。

オーダーエントリーシステム

オーダーエントリーシステムとは、主に飲食店で活躍するシステムです。ファミレスなどで店員が持っているターミナル端末や、居酒屋チェーン店などにあるタブレット端末などを想像してもらうとイメージしやすいかと思います。端末に入力された情報はそのまま厨房へとリアルタイムに反映されるため、オーダーミスが減り速やかな料理提供ができます。また、注文情報はそのまま会計データとして反映されるので、レジでお客様をお待たせすることもなくなります。

まとめ

これまで様々なPOSレジの機能を見てきましたが、お会計や売上データの管理、商品管理や分析システムなど、インターネットを使ってリアルタイムに反映されるのが大きな特徴といえるのではないでしょうか。

こういったPOSシステムを利用することで、今まで手間がかかっていた事務作業などが大幅に軽減されたり、売上傾向を分析して、どこの店舗にどの商品を仕入れるかなどといった、お店の業績アップにつなげるヒントをつかむことにも一役買うことになります。中には勤怠管理などといった一見レジとは直接的な関係がないようなことまでカバーしてくれるのがPOSレジです。

多様な機能が満載のPOSレジ。できることがいっぱいあるので、ぜひお店の業績アップに役立ててくださいね。

お店に本当に合ったPOSレジ選びをお手伝い
店舗に本当に合った
POSレジ選びをお手伝い
後悔しないPOSレジ選びを。比較・見直ししてみませんか?
軽減税率対策POSレジのご相談も承ります。
弊社がレジメーカーではない代わりに、無理な提案は一切ございません。
後悔しないPOSレジ選びを。比較・見直ししてみませんか?軽減税率対応POSレジも。弊社がレジメーカーではない代わりに、無理な提案は一切ございません。

関連タグ