集計機能で何が予測できる?集計結果が店舗経営に活かせる事例を紹介!

集計グラフ

POSレジの売上集計機能は「いつ」「なにが」「何個」「いくらで」売れたかや、顧客の「年代」「性別」などを一覧で出せる機能ですが、これらがハッキリ分かったからといって店舗にはどのようなメリットがあるのでしょうか。
POSレジが具体的にどのように優れているのかよく分からないという方も多いと思うので、今回はPOSレジの「売上集計」に着目して、集計結果から導き出せる店舗経営に役立つ情報についてご紹介します。

集計結果から予測できること5選

1.売上個数データで入荷数や仕込みの量の確定

仕入れ

商品別の売り上げ個数のデータを利用すれば、毎日どれくらいの量を仕入れたら良いかを予測することができます。
たとえば、トレンドの移り変わりが激しいアパレル業界であれば、勘だけで入荷数を決めてしまうのは大きなリスクを抱えてしまいます。どの商品がどれくらいずつ売れているかを毎日チェックしておくことで、無駄のない仕入れを可能にします。
また、飲食店の場合であれば、毎日の詳しい集計データがあることによって、団体予約が入っている日や逆に全く予約が入っていない日も、その日の予約人数によって必要な割合を計算することが可能です。

2.客層別売上データでコンセプトとターゲットの見直し

ターゲット イメージ

「主婦をターゲットにして住宅街に店舗を構えたけど、実際に一番多く利用しているのは近くの学校の学生だった」といった場合、いつまでも主婦をターゲットにした商品提供をしていては勿体ないでしょう。
年代や性別などの顧客情報を詳しく把握しておくことによって、初めに考えていたコンセプトからずれてしまった際の軌道修正や、経営改善の新たな糸口が見つかった際のターゲットの絞り直しに繋げることが可能です。

3.時間別売上データで人件費削減

シフト表 イメージ

どの業界においてもお客さんの多い時間帯と少ない時間帯はあると思いますが、儲けが出ていない時間帯にアルバイトの時給だけ発生しているとかんがえると、かなり勿体ないですよね。
集計を取っていなければ店長が見ている範囲でしか来客数の把握ができませんが、POSレジの集計機能を使えば、どの時間にどれくらい来店者がいたかが一目で分かるようになっています。仕事が忙しいピークタイムには従業員数を増やしてスムーズな顧客対応を心がけ、逆に暇なアイドルタイムはシフトを最低限に減らして人件費の削減をすることによって、利益を最大に伸ばしてコストを最小に抑えることが可能です。

4.時間別売上データで利益向上

先ほど来客の少ないアイドルタイムがはっきり分かるので、シフトを減らして人件費削減ができるとお伝えしましたが、このアイドルタイムが判明することでスタッフを減らすのではなく客を増やす工夫を行うことも可能です。
たとえば、居酒屋で開店後の1時間くらいなかなか来店者数が増えないという場合「17時~18時のご来店でワンドリンクサービス」や、天候によって来店者数が左右されるという場合は「雨や雪の日のご来店で10%OFF」など、お客さんが足を運びたくなるような独自のキャンペーンを行うことでより高い利益が目指せます。

5.スタッフ別売上データで接客態度の見直し

接客 イメージ

曜日や時間別の集計結果を出すと、特別書き入れ時という訳でもないのに何故か売上が良いタイミングというのも出てくるかと思います。そういった場合は、特定のスタッフが接客した時だけ売り上げが高くなっているのかもしれません。スタッフごとの売り上げ履歴を記録できるPOSレジを利用すれば、その情報からスタッフの教育に繋げることが可能です。また、ひとえに売り上げ成績が良いスタッフがいると言っても、そのスタッフの接客態度が優れているのか、もしくはそのスタッフが合わせて勧めている商品の組み合わせがいいのかによって参考にすべき部分が変わってくるので、より正確なデータを用いて研究した方が良いでしょう。

集計機能は業務時間短縮や不正防止にも繋がる!

残業なし イメージ

売上集計をしておくことによって、POSレジには常に正しい売上金額がリアルタイムで自動反映されていきます。1日の最後に行うレジ締め作業では、金額が合わずになかなか帰れないという経験をした方も少なくは無いかと思いますが、合わせて自動つり銭機の導入などを行うことによってヒューマンエラーを完全に無くすことも夢ではありません。
また、随時正確なデータが蓄積されていくため、従業員の空打ちによる不正を防止することも可能です。

まとめ

利益 イメージ

今後の経営について考える際には、正確な集計結果を持っていることによってより良い結果に持っていくことができるでしょう。目分量や勘だけで今後の方針を立ててしまうのは、大きなリスクが伴ってしまうケースもあるのであまりお勧めはできません。POSレジには売上集計機能以外にも経営を助ける機能が満載なので、もっと売上を伸ばしたい方や業務量を減らしたいと考えている方には、POSレジは最適のシステムです。
また、POSレジのサービス毎に利用できる機能も変わってくるので、各社の集計機能を比較してみたいという方はぜひ一度コンシェルジュまでご連絡ください。

集計機能からPOSレジをお探しの方はコチラ