新店舗をオープンする前にやっておきたい6つのこと

呼び込み

『新しく飲食店をオープンする予定だけど、まず何をすればいいのかな?』
『どうすればお客様に足を運んでもらえるような魅力的なお店にできるの?』

経営者にとって、こういった悩ましい問題は尽きませんよね。
今回の記事では、新しく飲食店をオープンするにあたって押さえておきたいポイントを6つ紹介させていただきます!

お店のコンセプトとターゲットの決定

こだわり

お店を出店する際に大事なのが、お店のコンセプトを決めてメインとなる客層・ターゲットを設定することです。

ただ一言でコンセプトやターゲットといってもわかりにくいですが、お店の主軸となる考え方や経営理念と置き換えてもらってもかまいません。単純にイタリア料理とか日本食といったジャンルの選定だけでなく、お店のこだわりを言語化してみましょう。

具体的には、あなたのお店にどのようなお客さまがどのようなシチュエーションでこれから出店を予定しているお店を利用してもらいたいのかを想像してみてください。そうするとおのずと答えは見つかるかもしれません。漠然としたコンセプトやイメージしか思いつかないという方であれば、自分が行きたくなるお店をイメージしてみるのも良いでしょう。

お店のコンセプトとターゲットの設定は経営に響く根幹の部分です。まずはじっくり考えて、明確なイメージを固めましょう。

レジチョイス無料相談窓口
0120-740-336
(受付時間9:00~19:00)
 ※土日祝休み

立地調査および競合調査

調査

つづいて新店舗を出すにあたり、周辺の立地をよく観察する必要があります。新店舗の周辺にライバルとなり得る競合店があるかどうかは、お店の売上にダイレクトに響くでしょう。競合店がある場合は激しい顧客獲得競争が予想されます。

もしライバルとなり得るような競合店が存在する場合、そのお店を実際に訪れてリサーチしてみましょう。
競合店と言っても同じ業態のお店ばかりがライバルとは限りません。イタリアンならイタリアンのお店だけをリサーチすれば良いかというと、そうではないのです。
お客様は料理のジャンルだけではなく、他の要素もお店を選ぶ時の判断材料に入れています。たとえば「予算1,000円以内でゆっくり落ち着ける雰囲気のお店でランチを食べたい」といった動機でお店を選ぶ場合、同じエリア内の条件に合うお店はすべて競合店になります。競合店のリサーチの際によく見るべきなのは、以下のポイントです。

  • 外観
  • 内装
  • お店の雰囲気
  • メニュー、料理
  • 接客、サービス

これらを意識してよく観察し、経営したいお店のイメージと比較して差別化を図りましょう。もしも改善点を発見したのなら、自分だったらどうするかをシミュレーションしてみるのも大切です。他店の事情ではなく当事者として捉え直し、自店舗の経営に活かしてください。

ここでもポイントとなるものが、コンセプトです。コンセプトが明確であれば、競合店舗との区別ポイントを見出しやすくやなります。
逆にコンセプトが同じようであれば、どの点を自店舗は改善しなければならないかを見出しやすくもなります。

関連記事:クレカ未対応は潜在客21%喪失!?モバイル決済ならお客様を取りこぼしません!

仕入れ先の選定

入荷

つづいてお店の経営には仕入れ先の選定もはずせません。一口に仕入れといっても、業者から配達してもらうスタイルや、生産者から直接買うスタイル、業務用スーパーに自ら買いに行くという手段もありますね。近年ではインターネットの食材卸専用の通販サイトから購入するという方法もあります。

業者を選ぶポイントはお店の規模や予算によって変わりますが、ここでもやはりコンセプトと照らし合わせて業者を選定することができます。例えばお店のコンセプトが「自然を味わう」だった場合には、オーガニック系の食材を取り扱っている食品卸業者や直接農家との契約をし食材を卸してもらうことができます。

一方で、「早くて安くてうまい飯!」といったものであれば、極力安く仕入れられる業者であったりインターネットなどで仕入れコストを下げられるような仕入れ業者の選定をすることができます。

関連記事:POSレジとも連携可能!膨大な商品点数を誇る仕入サイト「スーパーデリバリー」

広告やクーポンなどの準備

クーポン

初めて利用するお店を選ぶポイントについて、グルメメディアの食べログが行った調査によると、お店探しのポイントとしてもっとも高いのが「インターネット」でした。お店選びのポイントとしては総合して「味」を重視するという声がもっとも多く、また男性はボリュームや値段の安さを、女性はメニューやお店の雰囲気に注目しているという結果が出ています

またランチクーポンの使用率は6割を超える女性が使用経験ありと回答していました。クーポン使用率は都市部よりも地方エリアの方が高く、地方エリアは首都圏よりも紙メディアのクーポンを使う割合が高いようです。また友人や知人、会社の同僚におすすめのお店を紹介してもらったという声も多く見られ、口コミの効果も絶大です。

インターネットと紙媒体の両方でPRをした方が、よりお客様の目につきやすく、足を運んでもらいやすい状況が作り出せます。特にオーソドックスなのはチラシとクーポンです。インターネット全盛期の現代ですが、お客様にダイレクトに情報をお届けできるのがチラシの強みです。お店の名前やコンセプト、おすすめのメニューなど自店の売りをしっかり伝えましょう。また割引クーポンには集客効果が期待でき、お客様に足を運んでもらうきっかけになります。新規オープンのお店は何より存在を知ってもらうことが肝心ですよね。ぜひ足を運んでみたいと思われるような魅力的なチラシを作成しましょう。

レジチョイス無料相談窓口
0120-740-336
(受付時間9:00~19:00)
 ※土日祝休み

PR活動を行うための施策の検討

インターネットで飲食店を探す時、どうやって検索しますか?

業態やエリアで検索すると、食べログやぐるなびなどの大手グルメメディアや口コミサイト、ポータルサイトなどが上位に表示されます。それだけに口コミサイトなどに登録しておくとお客様の目に止まりやすく、存在を知ってもらうきっかけになります。最初は口コミの投稿はありませんが、お店の外観や内装、メニューや料理の写真を載せておくとお客様もお店のイメージをつかみやすくなり、宣伝として大いに効果が期待できます。実際にお客様に来店してもらい、お店のファンになってもらえれば口コミの投稿も期待できます。

また最近では多くの人が、SNSを利用しており市場調査・マーケティングカンパニーのICT総研が2016年末に行った調査によると国内のネットユーザーは約9,977万人、そのうちの68.9%がSNSを利用しているとの結果が出ました
特にLINEやFacebook、Twitterの利用率は高く、SNSはお手軽に情報発信と受信ができるネットメディアとして注目を集めています。SNSは今までのような広告媒体とは異なり自分で運用することができるので、開業時にはフル活用して宣伝に活かしたいところです。さらにSNSだけではなく、お店のサイトやブログを作成して情報をまとめておくことでSNSから流入してきたユーザー様から信頼されやすくなりますのでSNSや自社のHPは用意しておきたいところです。

レジチョイス無料相談窓口
0120-740-336
(受付時間9:00~19:00)
 ※土日祝休み

リピーターを増やす対策

満足

お店の売上は新規のお客さまとリピーターのお客さまで成り立ちますが、一度来てくれたお客さまにはこれから先も来て欲しいですよね。そして、一度きてくれたお客さまをリピーター客にすることで、必然的にお店の売上をあげることができるようになります。お客さまに喜んでもらい、売上を上げるためにも重要になるのは顧客満足度ではないでしょうか。この顧客満足度をあげるために重要になってくることが、お客さまの情報を正確に把握するということです。

お客さまの一人一人の情報を把握することで、顧客に合わせたサービスを提供することができます。つまり”常連様”のサービスをすることが顧客満足度をあげることにつながります。この顧客情報を従業員全員で共有するためにもっとも適しているサービスが実はPOSレジなのです。

顧客システムと連動しているPOSレジであれば、お客様が何回来店してくれたか、どんなメニューが好きなのかをPOSレジがデータ化していきます。これらのデータを注文をとる際に、POSレジと連動しているハンディー(注文管理システム)がデータを反映してくれるので、いつもメニューや前回注文されたメニューなどを提供しやすくなり顧客満足度をあげることができます。

関連記事:トレタってどれくらい便利なの?飲食店向け予約・顧客台帳サービスを徹底調査!

まとめ

好評

以上、新店舗オープンに際して押さえておきたいポイントを6つ紹介させていただきました。
新店舗を経営するにあたり、やっておきたいことは沢山ありますがお客様の確保はスタートダッシュが肝心です。お店のコンセプトをしっかり定めて準備をし、オープンした時に期待した通りの集客ができたのなら、今度はお店のファンになってもらいたいですよね。その為にも継続して入念な調査と分析を行い、魅力的な接客サービスや商品を提供し続ける必要があります。
一般的にオープン後一年間は、広告を打つ目安期間とした方が良いとされています。この間にPRに力を注ぎ、新規顧客を開拓してお客様のニーズを満たしましょう。お店の料理や雰囲気、サービスに満足したお客様はリピートが見込めるだけではなく、新たなお客様がお店に足を運ぶ要素として見逃せない「知人、友人、同僚からの紹介」を行ってくれる可能性もあるかもしれません。
お客様のニーズは日々移り変わるものですが、お客様に選ばれ続けるお店を目指して経営を頑張ってください。

店舗の経営を支えるPOSレジをお探しの方はコチラ